少子高齢化が進むとマズイ!福祉にどんな影響を与えるの?

少子高齢化の原因

少子高齢化と聞くと、少し前までは他人事のように考えていた人も多いんじゃないでしょうか。少子高齢化と言っても、重要視しない人も多かったかと思います。

しかし、現時点でも少子高齢化は進み、2060年には25人に1人が65歳以上の高齢者になると言われているのです。

女性の活躍が増えたこと

少子高齢化の原因のひとつとして挙げられているのが、女性が活躍する場が増えたことです。女性側からすれば「は?」と思うようなことかもしれません。

しかし、女性は家庭に入り子供を育て、家事をするという考えが当たり前でした。今は仕事面でも女性が活躍することが多く、家庭を中心としない人も増えたことが少子化の原因と言われているようです

子供を持たない家庭が増えたこと

少子化が進んでいる理由として、子供を持たない家庭が増えたことも挙げられています。

金銭面、時間の余裕など、様々な理由で結婚をしても子供を作らない家庭が増えています。年々そういった家庭が増えていて、少子化に繋がっているのでしょう。

平均寿命が延びたこと

高齢化の原因として、食べ物や医療などが発達して平均寿命が延びたこともあります。

寿命が延びたことはもちろん良いことですが、少子化が進んでいることもあり、高齢者の負担が大きくなっているのです。

少子高齢が与える影響

少子高齢化が与える影響は、さまざまなものがあります。すぐに影響が出るものはなくても、5年、10年となればかなり大きな問題になるものばかりです。

社会保障負担の増大

福祉面の大きな影響として、社会保障負担が大きくなることが挙げられます。

今までは3.5人で支えていた介護面の負担を、1.5人で支えるなど、そういった状況にまで来ているのです。

長生きは良いことなのに、負担が大きくなることで「長生きしたくなかった」と言う高齢者もいるようで悲しくなります。

高齢者の貧困問題

社会保障負担が大きくなることで、高齢者の貧困問題があります。老後資金として貯めていたお金も、予想以上に出費が大きくなり、生活保護を受ける高齢者もいるようです。

少子化の影響は、高齢者の貧困問題を作りだすとして、大きな話題を集めています。

経済面の影響

少子化ということは、経済面が回らなくなります。社会の活性化が出来なくなり、結局、今を生きている人たちに負担がかかるようになってしまうのです。

今の若い人は年金が貰えなくなるんじゃ、という噂も流れていますし、実際どのようになるのか分からないのが現状です。

年金が貰えない、ということはなくても現時点よりかなり少ない金額になるのが予想されています。

その結果、将来貰えないものを支払いたくない、と年金を支払わない人も出てきて更に悪循環に陥っているのです。

少子高齢化の解決策とは

少子高齢化の解決策は、さまざまな面で挙げられていました。

しかし、これといった解決策がないまま現在まで来てしまい、少子高齢化が進んでいるのです。

子供に関する手当を増やす?

子供手当などで、若い人が子供を作りやすくしているのですが、結局そちらをメインにしてしまい、福祉関係の改善がされないまま高齢者から不満が出ています

子供は宝ですが、今まで支えてきた高齢者をおざなりにしてまで手当を増やす必要はあるのか、と考える高齢者が多いようです。

福祉関係を改善する

地方になればなるほど、交通機関が不便になります。電車も1時間に1本、バスは数時間待たないといけないなど、高齢者も車を持たないと生活が成り立たなくなっているのです。

その結果、免許返納を出来ずに車に乗り続け、交通事故を起こしてしまった人も少なくありません。

素人考えですが、高齢者をターゲットにした改善策を実施することで、高齢者の負担もなくなるのではないかと思います。

もちろん、そんな簡単に出来れば今までのうちにしてる!っていうのも分かるんですけどね。

理想と現実は上手くいかないものだな、と少子高齢化問題を見てつくづく思ってしまいます。

子供を作れと言えない

少子化を防ぐためには、生まれてくる子供の数を増やせばいいと簡単に考える人もいます。しかし、国は「少子化を防ごう」と言っても、実際に子育てをする費用、時間を作るのは親なのです。

作れ、と言うのは簡単ですが、その結果ぎりぎりだった生活も成り立たなくなる人もいるため、国としても少子化政策に悩んでいるのが現実でしょう。

まとめ

少子高齢化は、福祉に限らず大きな影響を与えます。どうにかしないといけないと分かっていても、ベストな方法が見つからないため足踏み状態になっています。

少子高齢化という言葉にしても、改善するのは少子化なのか、高齢化なのか、どちらにすればいいのか分からないということでしょう。実際にどちらかを改善しようとすれば、どちらかは後回しになってしまいます

100%の改善はなくても、どちらかが放置されることのない改善策を見つけて欲しいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です