受験生の夏休みを無駄に過ごさないためにはどこに気をつける?

受験生で大切なのは夏休みをどう過ごすかです。ただでさえ誘惑の多い夏休みですが、そこを耐えて勉強漬けの毎日を送ることで、楽しい大学生活が待っているのでしょうね。

そんな日々を夢見てがんばらなければいけないのですが、どうしても夏休みを無駄に過ごしてしまった…という受験生は多いのです。そんな無駄な日々を過ごさないためにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、夏休みを無駄に過ごさないための対策も紹介しますね。

受験生の夏休みを無駄に過ごさないようにするには?

受験生のとって夏休みってとても大切ですよね。言うなれば受験戦争の天王山とも言える時期なんですよ。

受験戦争というのも古い言葉なのかもしれませんが、結局やるかやらないかは自分のことですけど、夏休みにやるかやらないかが結果的に卒業するときに笑っているか泣いているかってことになるんですよね

しかし、遊びたい盛りの受験生にとって、夏休みはいろいろと誘惑のある季節でもあるんです。そこをどう誘惑に打ち勝って勉強に打ち込むことができるかというのが大切なんですよね。

計画は狂うということも前提にしておくこと

夏休みは何が何でもやってやる…みたいなガチガチなやる気を出すことも大切です。しかし、そのやる気が空回りすることもあるでしょう。

思い通りにいかないこともあるんです。ですから計画は狂うということも前提にして勉強に取り組むようにしなくてはいけません。

ですから、余裕をもった計画とここでできなくてもリカバリーできるといった融通を持つことも必要なんです。

ただし、融通ばかりだと後で追いつくから遊んでもいいかってなってしまうので、心の持ちようが大切なんですけどね。

応用力のある人は基礎だけでもなんとかなる

気休めにしかならないかもしれませんが、応用力のある人って基礎だけやっていればなんとでもなるんですよね。というか勉強というのは基礎がしっかりしていれば、なんとでもなるものなんですよ。

ですから、夏休みは3年の1学期の復習だけではなくて、1年2年の復習もそれも基礎を中心にやっておきましょう。

ここをみっちりできていれば、2学期以降は応用力というよりも過去問を解いていくだけでもなんとかなるんですよ。

受験生なのに夏休みを無駄にすごした!

受験生なのに夏休みを無駄にすごした…なんて人もいるかもしれません。

理由は、誘惑に負けてしまって、集中できなくて、ゲームばかりしてしまって、友達と遊び回って、家族と旅行に行って…夏休みにしたいことはたくさんありますね。

いろいろ書いてしまいましたが、結局はやる気です。やらなければいけないのでやるといった気持ちが大切です。

受験生という実感がまだ乏しいからそうなってしまうので、自分を追い込まないといけないですね。もっとも年末くらいになると、反対に「もうダメだ」なんて思ってしまうんですよ。

ですから、やる気を出すしかありませんし、集中できる人はどこで勉強しても集中できますからね。

やる気を出す方法を探す

これは、自分だけではなくて周りもそうなのですが、その環境に身を置くという意味でも塾にいくなりで自分に刺激を与えるようにしましょう

周りがやっていたら自ずとやらなくてはいけないと思うものですからね。

誘惑に勝つ

目標を明確にするのと、周囲にも協力してもらいましょう。受験生であることをおおげさであっても言いふらすくらいのことをしましょう。

そうすると、周囲も声をかけるのも遠慮したりしますからね。友達からの誘惑はそれを払いのける勇気が必要ですよ。

それでも夏休みは遊びたい

長い夏休み…勉強ばかりでは息が詰まってしまいます。ストレスもたまるでしょう。

そんなときはガス抜きではありませんが、ストレス発散をしましょう。自分だけ遊んでいるとなんとなく後ろめたいですから、同じ受験生である友達を誘って遊びにいくのです。

海に行くのもいいですし、山にキャンプに行くのもいいでしょう。

やっぱりストレス発散は大事ですからね。

一気に遊ぶか、週に1日くらいは休むか…

友達と2,3日くらい泊まりで遊びに行くというのもいいでしょう。同じ受験生ですから、自分だけ遊ぶわけではないという安心感もありますよね。

キャンプに行くのが楽しくていいかもしれません。また、そんなに一気に休むのではなくて、週に一度くらいは映画を観に行くとか休む日を設けてもいいでしょう。

このくらいのことでしたら、夏休みを無駄に過ごしたということにはなりませんよね。

夏休みを無駄に過ごさないために必要なこと

結局は自己責任になるのですけど、勉強したら遊ぶといった自分に何かご褒美になるようなものを与えるというのは、大切なことですよ。

勉強も大事ですけどメリハリをつけた生活を送るようにしたいですね

まとめ

受験生なのに夏休みを無駄に過ごした…といった人は多いと思います。長い夏休みを誰もが勉強漬けの日を毎日送ることはできません。そのためにも勉強したら休むといった生活習慣を身につけましょう。

がんばりすぎて寝不足になってしまうと、理解力も衰えてしまいます。遊びすぎるのも考えものですが、遊んだら勉強する、反対に勉強したら遊ぶといった、生活にメリハリをつけるのはとても大切なことですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です