コミュ障に向いている仕事は工場勤務?それでもこれだけは知っておきたい!

コミュ障だと著しく対人関係に難があるとされています。たしかにコミュニケーション能力が低いからコミュ障と呼ばれているのです。

しかし、そういったコミュ障の人でも仕事をしなくてはいけません。そういった人が向いている仕事が工場勤務とされているのですが、それでも続かない人もいるのです。

仕事が向いているとかそうでないという問題の前に、まずはコミュ障の人の意識を変えていかなければいけません

コミュ障の人が工場で働くということ

コミュ障だったら工場で働くしかない…よく言われることです。

確かにラインでしたら、黙々と部品を組み立てる、あるいは監視して不良品だけを取り除く…といったイメージがあります。人とコミュニケーションを取ることなく仕事に没頭できるのもコミュ障向けと言えるかもしれません。

コミュ障の人が工場勤務を求めるの?

人と接触するのが苦手ですから、コミュ障の人が自ら工場勤務を求める傾向にあるのは間違いありません。コミュニケーションが苦手ですから仕方のない面もありますよね。

それでも注意したい点があるのです。というのも工場勤務といってもその種類は千差万別ですよ。

コミュ障の人が求めているような工場があるとも限りませんし、実際に中に入ってみないとわからない部分も多いのです。自分に合わない工場もあるでしょう。

しかし、せっかく入ったのだからと我慢して工場の仕事を続けると、次第にストレスが溜まっていくことにもなりかねないのです。

黙々とできる仕事だからといっても

工場の仕事は黙々とできるからコミュ障の人でもできる…といったイメージがあると思います。しかし黙々とできるのがコミュ障の人ということは少し違うのです。

コミュニケーションが取れないから、コミュ障の人ができるのはそれくらいという意味で決して、黙々とする仕事が得意というわけではないのです。

中には我慢してそういった仕事をしているコミュ障の人も少なくないでしょう。流れ作業が主ですから、常に物が流れてきて、その間は当然ですが休む間もないのです。

そうした中で作業をしなくてはいけないのが、短絡的にコミュ障の人に向いているという風にとるのは間違っているともいえますよね。

工場で働くメリットってどんなところ?

工場で働きたいと思っているコミュ障の人は多いですね。人との会話がなく、同じ工程を繰り返すだけというのも考えようによっては楽と言えるでしょう。

そこで、工場で働くメリットというのをコミュ障の人の立場で考えてみました。

工場勤めは派遣が多い?

まず工場勤めで考えたいのは正社員で働くかあるいは派遣で働くかということです。誰もが正社員で働いたほうがいいと思うでしょう。

しかし、コミュ障の人の立場に立ったら、ずっとその職場で働かなくてはいけないというデメリットを考えたほうがいいです。

派遣社員でしたら、その職場が向いていなければ他の職場を紹介してもらうことができます。

気に入ればずっとその職場で働くということもできるのです。職場の融通が効くということで、派遣のほうがメリットがあるといった考え方もできますよ。

仕事をしなくてはいけないということを考えると、コミュ障の人の仕事のしやすさという視点では派遣社員の道もあるということですよね。

工場勤めはスキルよりもやる気が重視される

スキルを求められるラインもありますが、それよりもやる気を重視する職場が多いですよ。単調な仕事になりがちですから、やる気のあるモチベーションの高い人が求められるのです。

コミュ障の人は働く職場が限られてきます。その分与えられた仕事はきっちりこなそうとする意識が高いので、工場勤めはそういった意味で向いているといっていいでしょう。

やっぱり必要最低限のコミュ能力

工場勤めだからまったくコミュ能力が必要ないというわけではありません。

最低限のコミュ能力は必要ですよ

コミュ障でも挨拶は必須です

挨拶は人と人をつなげるものです。コミュ障の人でしたら、挨拶も苦手という人もいるでしょう。

それでも、苦手というのでしたらできるということですから、そこはがんばってやらなくてはいけません。

あいさつもできない人と会うのも嫌ということは「うつ病」の疑いもあるので、病院に行ったほうがいいレベルになってしまいますよ。

報告しなくてはいけない

報連相と言う言葉を聞いたことがあると思います。これは社会人として当然守らなくてはいけないことです。

その中でも、仕事を終えた報告が必要になります。工場勤めだったら人との関わりがないと思うコミュ障の人がいると思いますが、最低限の人との関わりがあります。

それが報告ですね。これだけは苦手な部分であっても克服しなくてはいけないところなんですよ。

まとめ

人との関わりが苦手な人は、工場勤めはナイスチョイスと言えます。

仕事をするということはとかくコミュニケーション能力を求められるのですが、人との関わりが苦手というコミュ障の人には拷問に近い仕事もあるのです。

苦手な仕事を無理にすることはありません。自分でもできる仕事を見つけて長く勤めるほうがコミュ障の人にとってもプラスになりますからね。

そういった意味では最小限のコミュ能力で済む工場勤めはコミュ障の人に向いていると言えますよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です