幼稚園の新学期はとにかく憂鬱!うまくやっていけるかな??

幼稚園の新学期というのは親にとっては心配の種であることは間違いありません。保育園と違って集団生活の中に入っていくのが幼稚園です。

子供はきちんとやっていけるのか…幼稚園児は生まれ月の違いで体格やものの考え方なども大きく違います。

そのような中で他の園児とうまくやっていけるのか、幼稚園児を持つ親の気持ちはどこまで憂鬱になってしまいます。

ここは子供の成長にかけるしかないのですけど、それでも不安なんですよね。

生まれ月が違うと同じ組でいいのかなと思うことも

4月生まれと3月生まれというのはかなり体の大きさが違いますよね。幼稚園は2年保育あるいは3年保育のところがありますが。3保育だと4歳になる年に入園ということになります。

そんな新学期に自分の子供の生まれ月が3月という早生まれだと、どうしても4月生まれの子とは体の大きさが違ってくるのです。体の大きさは運動神経とか、ものわかりの早さなどにも差が現われてきます

実際に早生まれの子を持つ親は、子供の遅れを実感することでしょう。これはもうどうしようもないことなので受け入れるしかないのですが、やっぱり新学期となると憂鬱になってしまうんですよね。

幼稚園に新学期はとにかく憂鬱

子供がきちんとやっていけるのか、子供にとっては初めての集団生活です。新学期の初日にいきなり泣き出されてしまったら親としてもどうしたらいいのかわからなくなりますよね。

こういったらアレなんですけど、誰もが通ってきた道ですし、なんとかなるものです。問題を抱えている子供でも、そこは幼稚園ですから、なんでも許容してくれる懐の深さを発揮してくれますよ。

うちの子は大丈夫という気持ち持つ

まずは、自分の子供を信じることですよね。まあ、普段からだらしなくしていたら、幼稚園の生活は不安しかないかもしれませんが、子供も実は親と同じくらい緊張しているのです。

いきなり泣き出す子供もいるくらいですから、緊張の大きさって計り知れないものがあるかもしれませんよね。それでも、子供対応力の高さを侮ってはいけません

基本的に幼稚園というのは遊びに行くところですから、親のほうもデンと構えていればいいってことですよね。

憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる子供の行動

不安しかない幼稚園の新学期のスタートですが、意外や意外でなんとかやっていけている子供に安堵することも…。

子供というのは正直ですから、幼稚園に行きたいのか行きたくないのかで幼稚園が楽しいのか楽しくないのかすぐにわかるんですよ。

ですから、子供って常に親に対してシグナルを送っているものですから、親はしっかりと子供からのシグナルを受け止めてあげなくてはいけません

基本的にはしっかりと子供を見守ってあげていれば大丈夫です。日中は見学にいくのはよくないのかもしれませんけど、送り迎えは基本的に親が行います。

迎えの際は早めにいくなりして子供の幼稚園での様子をしっかりと観察するといいですよね。

家ではしたこともないような行動をすることも

家ではだらだらしているのに、幼稚園では椅子や机を片付けたり脱いだ靴をまっすぐにするとか、きちんとやっている姿にびっくりすることもあるでしょう。

「あれ?こんなことできたっけ?」子供の成長は早いですよ。意外と親のほうがおいてけぼりをくっていることもあるんです。

子供が泣いてしまったら

子供の社会デビューの第一歩が幼稚園と考えてもいいかもしれません。集団生活を送って行く上ではまさに最初の段階ですよね。

新学期を迎えて泣き出す幼稚園児も少なくありません。それがうちの子供だったらどうしたらいいのでしょうか。

考えようによっては感受性が高く、他の子供よりも環境の変化に敏感ということでそれはそれで成長している証拠かもしれません。何もアクションのない子供よりもわかりやすいと思いませんか?

親にとっては憂鬱さばかりの新学期ですけど、子供はしっかりとがんばってるんですよね

新学期は親も大変

幼稚園の新学期は親も大変なんですよ。というのも幼稚園の役員などの役職が回ってきますからね。基本的に幼稚園に通わせている親は専業主婦が多いので、時間があると思われがちです。

そのため、幼稚園の総会とか保護者会とか、さらに役員選出なんて憂鬱な行事が続くんです

要領のいい人は、親の介護とか、パートをやってるとか、子供が多いので…なんて理由をつけて役員をなんとか逃れようとするんですよね。

発想を変えてみる

誰もが幼稚園の保護者会の役員というのはなりたくないものです。しかし、発想をガラリと変えてみると、こういったことは子供が幼稚園のときしかありません。

他のお母さんとコミュニケーションをとるチャンスと考えてもいいでしょう。どうせ時間があるんだからやってみるか…という気持ちのほうが子供ともども幼稚園生活を楽しむことができますよ。

大変だと思ったことが楽しみに変わる

前向きに考えることで行動的になるんですよ。

自分から役員に立候補するのではなくても、選出されたらがんばろうくらいのスタンスでもいいですよね。

まとめ

幼稚園の新学期は子供がうまくやっていけるか、親のほうも憂鬱になってしまいますけど、さらに自分自身も幼稚園の保護者会などで、他の親との接点も増えてきます。

保護者会の役員に選出されてしまうと、さらに憂鬱になってしまう人もいることでしょう。

しかし、それから、小学校中学校さらには高校といろいろなつきあいや保護者会、PTAなどの行事があるので、まずは幼稚園で肩慣らしをしておくくらいの気持ちがあってもいいかもしれませんよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です