【新学期】自己紹介で好印象を与えるポイント大公開!

新学期となると、自分を知ってもらうための自己紹介ってかかせないですよね。ここで好印象を得ることができたら、それからの学校生活はとても楽しいものになるでしょう。

そのためにも最初の関門が自己紹介です。受け狙いをしすぎてしまって反対に滑った…なんてことも聞こえてきます。

好印象というよりも「印象深い」イメージは避けたいので自己紹介は無難にこなしたいですよね。ここでは新学期に好印象を得るためのノウハウを考えてみました。

自己紹介で大切なことは?

新学期になると自己紹介は欠かせません。誰にとっても新学期は、自己紹介が最初のハードルになるというわけですね。

そうなると、この自己紹介を上手に乗り切ると新学期のスタートダッシュができるということです。競争ではないので急ぐ必要はないのですが、自己紹介って大事ですよ。

そのあとのつきあい方とか、クラスのみんなの見た目といった方向性が形作られるからです。それでは、まずは自己紹介に気をつけたいことをあげてみますね。

まずは挨拶しておこう

まずは自己紹介ってことなんですけど、それまでに布石が打てるとしたら挨拶ですね。

自己紹介をする前にクラスでみんなと初顔合わせってことになるはずなので、そのときに挨拶をするのは先手を打つというか、まずは自己紹介の前に一言発しておくのはすごく落ち着くんですよ。

それと、挨拶をしたら挨拶を返さない人はなかなかいないですし、反応を見てとっつきやすいのかとっつきにくいのかがわかりますからね。

笑顔が大事

これはもう言い古された言葉ですが、やっぱり笑顔なんですよ。それと表情ですよね

緊張していると笑顔がひきつることがあります。ぎこちない笑顔になるよりも自分で楽しいことを思い出しながら作る笑顔のほうが効果的です。

笑顔って練習が大切なんですよ。練習することで効果的な笑顔を作ることができます。

姑息と言われるかもしれませんが、いつでも笑顔でいられるのは生きていくうえでも大切なことなので、ここでしっかりと自分のものにしておきたいですよね。

自己紹介のときの作法

自己紹介のときに気をつけたいことを挙げてみます。自分の席で立って行うのか、教壇に立って行うのかそれぞれのパターンがあると思いますが本質はどこでも変わらないでしょう。

笑顔であることは大切ですが、それほど意識しなくても自然と笑顔が出てくるのではないかなと思います。ですから、自然な感じでいいでしょう。

自己紹介のときの作法という堅苦しいものではないのですが、気をつけたい注意点みたいなものを2点ほど書きますね。

ハキハキ喋る

緊張すると声が小さくなるんですよ。声が小さいと、聞きづらいですし何よりも自信なさそうに見えますよね。

こうなると好印象とはほど遠く、何も印象に残らなくなるのです。ですから、目指すはハキハキとしたしゃべり方です

ハキハキしてると活発で明るい性格に見えますから、他の人も見ていて安心するんですよ。ハキハキしゃべると自然に笑顔になってくるから不思議ですよね。

それとハキハキと早口を混同しないようにしましょう。緊張すると早口になりがちなのでその点に気をつけてなおかつハキハキがいいですよね。

姿勢を正しくする

姿勢には気をつけてください。直立不動というわけではないのですが、猫背にならずに背筋をピンと伸ばしているだけでも好印象になりますよ

特に姿勢の良さというのは育ちの良さに直結していると思うんです。立ち姿も、休めの姿勢よりもどちらにも体重が乗らない立ち方のほうが疲れないですし、自信ありげに見えるからこれも好印象につながるんですよね。

自己紹介するときのコツ

新学期を迎えるとつきものの自己紹介ですが、人前で話すのが苦手な人にとっては苦行になりますよね。

それでも何度も自己紹介をするものでもありませんし、長い人生で人前に出て話すことは少なからずあります。

なんとか上手にこなしたいものですよね。実際に人前で話すことに慣れさせるために新学期のときの自己紹介はあるんですよね。

自己紹介をしているときの目線はどうしたらいいの?

人前で話すときに慣れない人は目線をどこにおいたらいいのかわからなくなってしまうんです。ずっと一点を見ている人もいますが見ていて不自然ですよね

基本は、全体を見渡すように話すのですが、それも漠然としています。自己紹介のときは、目線を一番奥の人から右奥、いったん日明に戻して、そこからさらに右といった感じでZの文字を描くように動かしていくといいようです。

そして、できるだけ人と視線を合わせることです。目線は動いているので目があっても一瞬ですから緊張することもないんですよ。

姿勢にも気を配りたい

自己紹介のときの姿勢ですが、これはだらっとした格好よりも「きをつけ」の姿勢よりも少し砕けた感じでしょうか。

両手は自然に体の前で組むような感じですね

それと手は後ろに組まないほうがいいですよ。

まとめ

新学期の自己紹介は緊張しますよね。名前と身長、血液型くらいはさらっと言えても後が続かないなんてことにならないように、事前に話すことは考えておきましょう

入りたい部活であるとか、趣味とか特技とか、乗っている自転車のメーカーとか、今興味を持っているものとか、最近感動した映画とか…なんでもいいんです。

意外と何も考えずにぶっつけ本番で自己紹介というのもサプライズがありそうでいいものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です