高校生の新学期は好印象でスタートしよう!

高校生の新学期はこれまでの自分を変える絶好のチャンスです。人見知りで人づきあいが悪いと思われてしまっていると、そんなイメージを払拭するのも大変ですよね。

それが、新学期だとこれまでのイメージを払拭できそうな気がする不思議なパワーを感じるんです。高校生活の新学期はそんな期待に満ちあふれたものにしたいですよね。

そのためにも新学期を明るい雰囲気を前面に出して好印象でスタートしましょう。

基本は身だしなみ!

高校生の新学期でみんなに好印象を与えるための基本となるのはやっぱり身だしなみですよ。高校生ですから、校則があると思います。

校則通りとはいきませんが(しなくちゃいけないんですけど)清楚な感じの身だしなみって大事ですよ。少なくとも誰も不快な気持ちにさせることはありませんから。

まあ、清楚でおしとやかというイメージになってしまうのもハメを外したいときに大変ですから、適度な身だしなみということになってしまうかもしれませんけど、やっぱり最初の第一印象は好印象でいきたいですよね。

髪の毛はどうしたらいいの?

これも校則通り…なんて書いたら身もふたもないんですけど、ぼさぼさにならないほうがいいですよ。ロングヘアだったらたばねるとかいろいろありますよね。

ショートでも髪が飛ばないようにしないといけません。髪の毛って重要ですよ。同性でも異性でもしっかりチェックしてますからね。

フケは厳禁ですし、飛びはねにも気をつけてくださいね

服装は制服だから気にしない?

制服だから服装は気にしないという人は多いと思います。しかし、よれよれだったらそれだけで印象が悪くなりますし、たまにテカテカになっている制服を見ることもありますから、注意しなくてはいけません。

均一な服装だからこそ比べられるってことがありますから、その中でも手入れの行き届いたいつもシワ一つないような制服を着たいですね。

活発な高校生ですから、いつも綺麗な制服というのも無理があるかもしれませんけど、身だしなみに気をつけるって姿勢が大切なんですよね。

それと、靴下なんですけど、これもだらしなく下がっているような感じではだめでつねにビシッとした感じの靴下がいいですよ。足元もしっかりと見られているので、こういったところに注意がいく人は好印象間違いなしです。

笑顔が大事ですよ!

好印象の基本は笑顔ですよ。笑っていたらなんとかなります。

もちろんへらへら笑顔ではなくて、少し口角をあげるような笑顔がいいですよね。なんとなく相手に対して好印象になるような気がしませんか?

笑顔というのは、その人の印象を明るくしてくれる効果があるんですよ。笑顔が苦手で…なんて人も多いと思うのですけど、誰でも笑顔は素敵ですよね。

自信がないという人は家の鏡の前で笑ってみてください。おかしいところは一つもないと思います。

歯を見せないで少し口角をあげるくらいの笑みがすごく自然でいいですよ。口角をきゅっとあげる感じを是非とも練習してください。

話すときは素の自分で

笑顔を絶やさないトークが一番いいのですが、話す時ってなんとなく良い人を演じてしまいませんか?特に高校生の新学期となると好印象を与えたいがためになんとなく良い子ぶりっこしてしまいがちです。

良い子を演じてしまうと後がしんどいですから、話すときは素の自分を出したほうがいいです。

もちろん全体には良い子を演じてもいいのですが、親しく付き合いたい相手にはできるだけ最初から素でありたいですよね

自己紹介は大事だけど難しい

自己紹介はさらっとするといいでしょう。好印象を与えるために一言笑いを取るのもいいかもしれませんが、こういうのを苦手にしている人もいますからね。

新学期に自己紹介はつきものですが、苦手だったらがんばりすぎなくてもいいですよ。気をつけたいのは暗くならないということですね。

ここでも笑顔が大事です!

しぐさや振る舞いが大切

人見知りだけど大丈夫かな…誰もが人前に出るのは勇気が必要だと思います。中には極端に人前に出るのが苦手という人もいますからね。

それでも、目の前にいる人達はみんな一緒です。同じ高校生で同じクラスなのですから、何も臆することはありません。

反対に自己紹介のときに笑いを取ろうとするのも止めたほうがいいかもしれません。失敗するのもいいのですがそれが後々まで尾を引くこともありますからね。

そして、しぐさや振る舞いにも気をつけるようにしたいですね。

姿勢は大事

姿勢って大事ですよ。緊張からかだんだんと猫背になってしまっていたなんてことはよくあります。

猫背ってなんとなく自信がないように見られがちです。それって人から見下されることにもつながるんですよ。

高校生で同じクラスで上下関係があってはいけませんし、そうならないように自分でも注意しなくてはいけません。

そのためにも姿勢は大切なんです。特に猫背には注意してくださいね

人の目を見て話すっていうけれど

まっすぐな目で見られると相手も萎縮してしまいます。

ずっと目を見つめ続けるのではなく、たまに視線を合わせるくらいのほうが相手もリラックスしてくれますよ。

まとめ

好印象を得るのも相手の受け取り方による部分が大きいのでコントロールするのが難しいです。特に前に出すぎて目立ってしまうとせっかくの好印象が逆方向に行くこともあります。

高校生というのは多感ですから、良いと思ったことが反対の方向に向くことがあるんです。

出る杭は打たれるので、出過ぎた杭は打たれないくらい目立つのかおとなしくするのかも思案のしどころですよね。

最初はあまり目立たないほうがいいのかなという気はしますよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です