暑中見舞いの返事書き方を0から解説するよ!知らないと恥を書くポイントまとめ

暑中見舞いは年賀状ほど一般的ではないですが、それだけに、普段会うことがない人にはこういったハガキで時候の挨拶をするのはとても風情があっていいものですよね。

そして、お世話になっている人から暑中見舞いを頂くと返事をしなくてはいけません。

失礼のないような暑中見舞いの返事の書き方はどういったものにしたらいいのでしょうか。

面倒だと思いながら人づきあいが多くなってくると暑中見舞いのやりとりも増えてくるのでしっかりとマスターしたいものですね。

暑中見舞いの返事の書き方を教えて?

暑中見舞いの書き方はなんとなくわかっても、暑中見舞いの返事はなんて書いたらいいのかわからないということはよくありますよね。

実際にこういったものは経験しないとわからないものですが、わからないなりに適当に書いて返事をするのはよくありません。

暑中見舞いの返事にもきちんとした書き方があり、古い風習ですから、そこにもマナーがあるのです

お世話になっている人から暑中見舞いが届いたら

目上の人から暑中見舞いが届いたら返事をしなくてはいけないでしょう。暑中見舞いをもらうのが初めてだったら、どのように返事をしたらいいのか迷うことだと思います。

特に目上の人からの暑中見舞いだったら、緊張しますよね。非礼のないように暑中見舞いの返事をするようにしたいものです。

返事の書き方がわからないからと迷っているうちに、どんどん日にちが経ってしまうこともあります。

暑中見舞いの返事はたいてい残暑見舞いとなる

暑中見舞いはたいてい8月初旬に届きます。暑中見舞いは立秋までに相手に届くように送ることがマナーだからです。

立秋は変動しますが、たいていは8月7日前後となります。

それ以降に出すのは、残暑見舞いとなりますし、気をつけたいのは先方に届いた日なのですが、たいてい暑中見舞いの返事は残暑見舞いと考えていいでしょう。

稀に暑中見舞いが早く届いて、こちらの返事も立秋までに先方に届きそうだというときは、暑中見舞いでもかまいません。
ここでは、残暑見舞いとしての返事の書き方を説明します。

暑中見舞いの返事の書き方について

暑中見舞いの返事はたいてい残暑見舞いとなります。このとき、暑中見舞いをいただいたお礼をするのかしないのか気になる人もいるでしょう。

これは、お礼を言うという考えとしなくてもいいという考えがあります。しかし、自然な感情として暑中見舞いのお礼を書いても問題ありません。

出だしは定型文得問題なし

残暑見舞いの出だしは「残暑お見舞い申し上げます」という出だしになります。

これは定型文というか常套句となりますが、決まり切った文章ですから、アレンジする必要もなくこのままで大丈夫です

残暑見舞いの挨拶の後に続ける言葉は

残暑見舞いの挨拶の後に続ける言葉は、時候の挨拶となります。

「まだまだ厳しい暑さが続いていますが…」という書き出しでもいいですし、「幾分暑さもやわらいできた頃でしょうか…」という書き方でもいいと思います。

暑中見舞いのお礼と近況報告も忘れずに

時候の挨拶の後に続く言葉として、暑中見舞いのお礼を書きましょう。それから、こちらの近況報告となります。

書き方に決まりといったものはないのですが、こういった古くからの風習というのは決まり文句や書き方の手順を踏襲したほうがいいです。

特に目上の人に残暑見舞いを出す場合は、自由に書くよりも手順に沿った書き方のほうが無難です。やはり書き方のマナーに沿った方がいいということですよね。

暑中見舞いのお礼を書く

残暑見舞いでの返事の書き方は、時候の挨拶の後に、暑中見舞いのお礼を書くようにします。お礼は必要ないという考えもあるのですが、目上の人から頂いた場合はお礼を書いても非礼にはなりません。

「暑中お見舞いのお葉書ありがとうございました。本来ならこちらから暑中お見舞いの葉書を出さなくてはいけないところを大変ご無礼いたしました。」といった感じでいいと思います。

さらに「厳しい暑さの中、お体のほうは大丈夫でしょうか」や「お変わりありませんか?」といった体調を気遣う言葉につなげていきましょう

後半はこちらの近況報告と締めの言葉を書きます

お礼と体調を気遣う言葉のあとは、こちらの近況報告となります。

「~で元気にやっています」「今後ともよろしくお願いします」といった形で締めくくるといいでしょう。

「ご指導ご鞭撻を」という書き方で締めくくるのもいいですが、かなり固いイメージになってしまうので、相手を見ながらということですね。

まとめ

暑中見舞いをいただくと、先方が目上の人でしたら、返事に気を遣ってしまいます。

書き方にもマナーがあるのですが、それほど形式張ったものにしなくてもいいようですが、それでもお世話になった人への返事の書き方には気を遣ってしまいますよね。

内容としては非礼にならないように、マナーを守った書き方でしたら、内容はおまかせともなるのですが無難にまとめるのが得策です。

砕けた感じよりはしっかりと敬語をしっかり使いながら固すぎないような内容にするのがポイントですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です