暑中見舞いの返事を先生にする場合はどうしたらいい?

暑中見舞いを子供の先生から頂くこともあるでしょう。その暑中見舞いが子供あてなのか親にあててのものなのかによっても返事の仕方は変わってくるでしょう。

暑中見舞いを子供の先生からもらうと、その返事はどのようにしたらいいのか悩むこともあるのではないでしょうか。そういった中で、子供の先生には返事をしないという選択肢もあるかもしれません。

しかし、暑中見舞いや年賀状というのは返事をしないと、非礼にあたることもあるのでやはり返事はしておいがほうがいいですよね。

暑中見舞いが先生から来たどうする?

長い夏休みに先生から生徒に暑中見舞いが来ることもあるかもしれません。そういったときはどうしたらいいのでしょうか。

先生も返事などは期待してなく、夏休みをしっかりとエンジョイしてくださいという旨の内容だと思うのですが、暑中見舞いといったハガキをもらったら返事を出したほうがいいのでは?と思ってしまいます。

それでも、暑中見舞いが来るのも初めての経験で、それについて返事を書くのも初めてとなったらどうしたらいいのでしょうか。かなり迷ってしまいますよね。

先生から暑中見舞いが届くとどうしたらいいの?

先生から暑中見舞いが届くと小学生でしたらそのまま返事を書かなくてもいいという選択肢もあります。

しかし、親としたら先生が子供にだけ暑中見舞いを出すことは考えにくく、クラス全員に暑中見舞いを出していることでしょう

そうなると、中には暑中見舞いの返事を書く子供もいるかもしれません。そうなってくると、うちの子供にも暑中見舞いの返事を書かせなくては、と思ってしまいます。

暑中見舞いを子供に教える

良い勉強にもなるので暑中見舞いについて子供に教えることも大切です。また、絶好の機会ですから、子供に暑中見合いの返事の書き方なども教えるといいでしょう

これから、暑中見舞いをもらうこともあるでしょうし、こちらから暑中見舞いを出すこともあるでしょう。暑中見舞いだけではなく残暑見舞いについても教えたほうがいいでしょう。

いずれにしても社会勉強になることですから、暑中見舞いを先生からもらった場合は、前向きに子供に返事を書かせるようにしてもいいでしょう。親としても子供に暑中見舞いの返事の書き方を教えるのも、教えがいがありますよね。

暑中見舞いが先生から届いたら返事を出す方向で

暑中見舞いが先生から届いた場合は、子供だけに暑中見舞いが来たわけではないはずですから、返事を出す、出さないというよりも、悩まずに出すようにしましょう。

恐らくですが、夏休みが始まる前に、先生は子供達に暑中見舞いを出す、というように宣言している可能性があります。

これは子供に確認してもいいでしょう。子供にとっても暑中見舞いを受け取るという良い社会勉強になるわけです

暑中見舞いの返事を出すのも社会勉強

暑中見舞いを受け取るのも社会勉強でしたら、返事を書くのも社会勉強です。

この際しっかりと暑中見舞いをもらったときの返事の書き方というのも勉強するようにしたいものですよね。

メールで何でも済ます世の中に警鐘を鳴らす意味も

とかくスマホなどでメールのやり取りをする世の中にあって、文字を書くというのも廃れがちです。

暑中見舞いをもらったら返事を出す、というのも基本マナーとして子供に教えたいものですよね。

暑中見舞いの返事の書き方

暑中見舞いの返事の書き方です。先生に返事を書くのですから、立場としては目上の人に暑中見舞いの返事を書くということになります

そこにはどのような点に注意したらいいのでしょうか。

立秋を過ぎたら残暑見舞いになる

暑中見舞いは8月初旬までに届くことが多いです。言うなれば立秋までに届くということです。

立秋は8月7日頃ですから、それ以降に届く場合は残暑見舞いということになります。暑中見舞いの返事を書くときは、たいてい残暑見舞いとなります

考えなくてはいけないのが、先方に届くのがいつになるのかということです。立秋を過ぎて受け取るのでしたら、残暑見舞いということですね。

暑中見舞いの返事の内容は?

最初は残暑見舞いの挨拶となります。「残暑お見舞い申し上げます」これは子供であろうと大人であろうと、最初の挨拶は定型文で全く問題ありません。

それから、時効の挨拶となり、続けて近況報告、そして締めの挨拶ということになります。締めの挨拶は「2学期も勉強をがんばります」といった言葉で締めくくってもいいでしょう

大人の場合は、「今後ともよろしくお願いします」になるのですが、子供にこの言葉は違和感がありますよね。

まとめ

先生から子供に暑中見舞いが届くとびっくりしますが、先生から事前に子供達に言っているケースがほとんどでしょう。

暑中見舞いの風習の良い勉強になりますし、それについての返事も子供にとっては良い経験となるでしょう。

どういった内容の返事にしたらいいのかも子供任せでもいいですし、親もしっかりと考えてあげましょう。先生という目上の人への返事ですから、敬語をしっかりと使いましょう。これも勉強になりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です