夏休みはうんざり?子供がうるさいと感じる人はどうすればいい?

近所に不快な思いをしている人もいる?

子供がいる家庭にとって、子供の声やドタバタ音はあまり気にならない人も多いでしょう。しかし、子供がいない家庭や高齢者だけで住んでいる家庭にとって、子供のドタバタや騒ぎ声は不快に感じる場合があります

子供のすることだから、と言って周囲に強制的に納得させようとするのはやめましょう。

子供の騒ぐ声や音

子供の甲高い声って、意外とストレスになる人が多いんですよね。特に子供がいない家庭は、子供の出す音や声に慣れていないこともあり、ストレスとして心に蓄積されていくのです。

中には「子供のすることだから」と言って、親が強引に文句を言って来た人を黙らせようとします。しかし「子供のすることだから大丈夫」という言葉は親ではなく、第三者が言うものです。

親が言ってしまえば「逆ギレ」していることと同じなので、良い印象は与えませんよ。

子供のうるささに病気になる人も?

子供のうるさい声や音で、うつ病になってしまう人もいます。

子供の声が原因と診断されることで、慰謝料請求をされることもあるので、子供に大きな声や音を出さないように注意しましょう。

子供のうるささは「たかが」ではない

子供のうるささと言っても、今と昔ではちょっと変わってきています。昔は騒ぐと言っても公園くらいのもので、住宅街の中で騒ぐことはあまりなかったように思います。

しかし、それが今は当たり前のようになっているので、子供のうるささを楽観視する人も増えているようです。

親がしっかりと注意することが大切

子供が騒ぐのは、子供ならではの無邪気さもありますが親がしっかり注意しない部分もあります。スーパーで妊婦にぶつかっても謝りもしない子供や親というのも少なくありません。

万が一のことを考えて、子供にはうるさくする、暴れることのリスクを説明する必要があるのです。

親がきちんとしていれば意外と煩わしくない

挨拶が大切と言われる理由を知っていますか?

例えば、同じ程度のうるささでも何も言わない親と「うるさくてすみません」と声をかける親とでは、印象が異なってきます。

うるささに変わりはなくても「気遣ってくれているんだ」という思いが分かれば、不思議とうるささも軽減されるのです。

逆ギレだけはNG!

うるさい子供に耐えきれず、注意をする人もいます。しかし、ここで良くないのは親が逆ギレをすることです。まるで子供のうるささを我慢出来ない方がおかしいと言わんばかりの態度を取る人もいます。

迷惑を書けているのは子供の方なので、親がしっかりと謝るのが当たり前なのです。

子供が迷惑をかけている自覚を持つ

残念ながら、親の中には「騒ぐなら外で」「家の中で騒がなければいい」という考えを持つ人もいます。子供が騒ぐとうるさいのが分かっていながら、迷惑を外に振りまいてしまうのです。

こういった人には単独で注意をしても効果がない場合があるので、相談出来る場所に相談して注意をしてもらいましょう。

近所に子供のたまり場が出来たら?

夏休みということで、子供が特定の家に集まって騒ぐこともあります。

1日や2日なら我慢も出来ますが、それが毎日続くとさすがに心身ともに疲弊してしまいますよね。そういう時はどうすればいいのでしょうか?

学校に注意をする

最初にしたいのが「学校に連絡をする」ことです。学校は夏休みでも、誰かしら先生がいるので絶対に繋がらないことはありません。

校区内の学校に連絡をして、先生に注意に来てもらうことも出来ます。その際、自分の正体を明かしたくないことを伝えれば、学校側も配慮してくれる場合もあります。

下手に自分の素性を明かすことで反撃されることもあるので注意してください。

民生委員に相談する

それぞれの地区には民生委員がいます。生活面の相談などは、民生委員にするのがいいと言われているので、民生委員から学校に連絡してもらうなどをしてもらってもいいかもしれませんね。

民生委員が全員とは言いませんが、親身になってくれる人もいるので一生懸命働きかけてくれることを祈りましょう。

ひどい場合は警察へ

学校に連絡しても、騒ぎが収まらない場合は残念ながら警察に連絡をしましょう。中には全く無関係の人が子供を集めて遊んでいる場合もいるので、そういった部分は警察も迅速に対応してくれます。

警察自体が注意に来られない場合は、警察から学校に連絡が行くのでどちらにしても先生か誰かが対応してくれるでしょう。

まとめ

夏休みは長期な分、子供のうるささに悩まされがちです。

しかし、ひとりで思い悩まずに相談出来る場所に相談して対処してもらいましょう。最近は騒音によるトラブルなども多発しています。

予想外の出来事から思わぬトラブルに発展することもあるので、親はしっかりと子供に言い聞かせ、悩んでいる人はひとりで解決しようとせずに警察や学校に相談して対応してもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です