コミュ障の学生が就活時の面接で気をつけたいことは?

コミュニケーション能力が低くて就活してもなかなか内定が取れない…。俗に言われるコミュ障の学生は採用面接で苦戦しているようです。

人前では緊張してうまく話すことができない…書類選考で通っても、一次面接で落ちてしまうので、筆記試験などで挽回することができないなど、コミュ障が癖に就活は大変ですね。

コミュニケーション力を必要としてない職場は将来性が…それよりも、まずは面接を突破することを考えなくてはいけません

コミュ障学生の最大の難関は面接!?

コミュ障の人が就活で頑張って、書類選考で通って安心していても、1次面接が最大の難所…。これがコミュ障学生の就活の実態と考えていいでしょう。

何しろ人前で話せないのですから、面接がうまくいかないのは目に見えているということなんですよね。

人生を決めかねない就活ですから、なんとか頑張って面接を乗りきってもらいたいのですけど、コミュ障学生にとってはなんともハードルが高いのが面接のようなんです。

面接時間て何分くらい?

面接の時間というのは何分くらいなのでしょうか。何十人もの就活生が集まるのでしたら、一人に30分も面接時間を取ることはないでしょう。せいぜい10分から15分くらいなのではないでしょうか。

面接を重視している企業でしたら30分の面接時間というのもありえるかもしれません。

集団面接はさらなる鬼門かも!

一人で面接を受けるのでしたら、何とか受け答えができるかもしれないのですが、これが複数の就活生での面接となると、コミュ障学生にとってはさらなる難所となるのです。

人見知りが激しいのがコミュ障学生の特徴ですから、他の就活生の前で話すのも苦痛になるというわけですね

入社したい企業であっても、集団面接があるというだけで採用試験を断念する人もいるくらいなんです。しかし、人生を左右する採用試験ですから、苦手だからという理由で断念するのはなんとももったいないですよね。

コミュ障学生の面接を成功させるための練習は??

一次面接はふるいにかける面接で勝負は二次面接から…。二次面接で人柄や専門性などを見るということですから、一次面接は挨拶程度ということなのでしょう。

しかし、一次面接でもコミュ障の人には大問題ですよね。しかも、しっかりここで落とされるコミュ障の人は多いんですよ。

ですから、やっぱり面接の練習って必要かなって思います。

自分の笑顔に自信がありますか?

自分の笑顔に自信がありますか?なんて聞かれて「あります」って答える人もいないですよね。それでも、面接の時の笑顔ってとても大切なんですよ。

コミュ障の人は特に笑顔を大切にしましょう。笑顔になると顔のこわばりがなくなるので声が出やすくなるんですよ。

面接のときにこれって大事ですよね。それでなくても緊張して顔がこわばってしまうのですから、コミュ障の人は無理矢理でも笑顔になるように練習してくださいね。

コミュニケーション能力を高めるには会話が大切!

コミュ障を克服するのは大変です。性格に近いものがあるので一朝一夕で解決するものではありません。

そのためにも日々の練習が欠かせないんですよ。これは面接のためだけではなく、これからの人生にも大切になるので会話力を身につけるようにしましょうね。

それには、パートナーが必要ですけど、できれば初対面の人がいいのでそういった場に出かけるようにしたいものです。学生ですから、合コンなどもいいかもしれませんよね。

コミュ障でも内定をもらえる!

内定をもらうには最低二度の面接があるでしょう。中には一度目の面接で落ちてしまう人もいます。

一次面接はふるいにかけるものなので、ここでは一般常識とか敬語が普通に使えるかなどの基本的なところを見られるわけですよ。

普通の人でしたら簡単にクリアできそうな一次面接ですけど、コミュ障の人にとっては大きなハードルですよね。

面接担当者は履歴書を見ながら質問をする

面接のときの履歴書はとても大切です。面接の担当者も履歴書を見ながら質問をするので、履歴書には自分自身の情報をすべて書き出すようにしましょう。

言うなれば余白をすべて埋め尽くすくらいの勢いがいいですよね。それだけでも印象が違います。

文字で埋め尽くすと壮観ですけど、見やすいようにしなくてはいけませんよ。

面接だと思うから緊張してしまう

面接と思うと緊張してしまいます。これは誰だってそうですからね。

多くのコミュ障の人が内定を勝ち取っていますが、その奥義というのが、面接を発表会と思うことなんだそうです。これで何が違うの?ということですけど、自分自身を舞台の主役と思うということなんです。

そうなると台本がありがちなんですけど、ときおりアドリブを交えるというのが良い感じらしいですよ。手詰まり感のあるときはこれも実践してみてくださいね。

まとめ

コミュ障の人でも多くの内定を勝ち取っています。個人差もあるかもしれませんが、そういったコミュ障の人の成功体験というのを実践してみるのもいいでしょう。

特に鬼門となるのが面接ですが、いろいろな対処の方法があります。何が正しいのかは人それぞれです。

ですから、何でも試してみましょう。その中に答えがあるかもしれません。

答えが見つかるまで模索して、面接の練習もしながら最終的に内定を勝ち取ることができたらこれほど素晴らしいことはないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です