コミュ障の文系学生が就活するときに必要なことはこれだ!

コミュ障の文系学生の就活…文系というとコミュニケーション力が問われると思うのです。

その上に専門的な知識が乗っかってくるのですから、文系学生のコミュ障となるとこの二つが欠落しているということになるので、就活はかなりの苦戦が予想されます。

会社を選ばなければ仕事はいくらでもありますし、生きていくだけなら今の日本社会ではなんとかなります。しかし、将来を考えると、文系コミュ障でもしっかりと就活をしなくてはいけないのです。

文系のコミュ障学生が就活するためのポイントって何?

文系学生は理系学生と比べてもつぶしが効くという面でも、就職できる職種はたくさんあるとされています。実際にイメージとしてもそんな感じですよね。

でも、文系の学生って競合相手が多いのでそれなりに就活も大変でプレッシャーもかかるんですよね。コミュ障の文系学生でしたら尚更でしょう。

そもそも文系だとコミュニケーション能力の高さが求められますから、コミュ症だと致命的な感じに思ってしまう学生も多いと思うんです。

そんな文系コミュ障学生はどうしたらいいのでしょうか。就活を突破するポイントを探ってみました。

文系のコミュ障は就活に致命的に不利なの?

文系の学生は絶対数が多いので単純に就活となると競争相手は多くなりますね。その点でコミュ障学生は不利と考えて間違いないでしょう。

実際に面接の場で、思ったことを言えなくてコミュニケーション力が足りないということを思い知らされることも多いでしょう。しかし、それはコミュ障でない人でも同じことなのです。

そのあたりをしっかりと認識して、コミュ症の学生はもっと自信を持つことが大切ですよね。

そもそも文系に求められているものって何?

文系は、専門知識というよりも語学力やコミュニケーション能力が重視される傾向にあるといって間違いないと思います。ですから、この部分を見てもコミュ障の人には頭が痛いかもしれませんね。

コミュ障文系学生が就活を有利に進めるためにはどうしたらいいの?

文系でありながらコミュ障ということで、かなりのハンデと考えていいでしょう。これを克服して就活をするにはやはり何か光るものを持っていなくてはいけません。

あるいは、普通の人と何ら変わらないように振る舞うことも大切ですよね。

文系だからこそのスキルを活かす

文系だからこそのスキルは身に付けていることでしょう。語学が堪能であるとか、読解力がある、表現力に優れている、さらには地頭が良いというのも大きなアピールポイントですよね

しかし、コミュ障だとせっかくの長所をうまくアピールできないことが多いのです。履歴書には特技や長所などできちんと記入していても面接でそれを表現できなければ「嘘書いてる?」なんて思われかねないですからね。

そこで大切なのが、熱意です。熱意では誰にも負けないということをアピールしましょう。

口下手でもいいじゃない

社会に出るための第一歩が就職ですから、そこに今できる全てを注ぎたいのが就活です。コミュ障でも意気込みはあるでしょう。

ですから、その熱意や意気込みというものをしっかりとアピールしましょう。口下手であっても一生懸命話すことでその熱意はしっかりと伝わるはずですよ

それと、一生懸命さというのは人柄を表します。そんな人が面接担当者は好きなんですよ。

面接担当者に、この人と一緒に働いてみたいと思わせたらすごいですよね。

企業が求めているのはコミュニケーション能力なんです

コミュ障の人には頭が痛いかもしれませんが、企業が求めているのはコミュニケーション能力の高い人です。

これは、一人で仕事ができる職場ではなくみんながチームを組んで働く場で、コミュニケーション能力を発揮してもらいたいと思っているからですね。

就職コンサルタントに頼る?

大学でも、就活対策にいろいろな講習会などを催してくれていることでしょう。OBに話を聞くのも効果的です。

しかし、もっと自己啓発したい、コミュ障を克服したいと考えたら、就職コンサルタントにアドバイスしてもらうといいでしょう。無料相談なども上手に活用したいですね。

文系は営業が基本だけど…

文系の多くは企画から営業といったように会社の最前線に立つ職場での活躍が求められます。自分は営業は無理だけど…そういったコミュ障の人は少なくないと思います。

しかし、敢えてそういった場に飛び込むバイタリティの高さは若い時しかありません。年齢がかさんでしまうといろいろなものが行動の足かせになってしまうのです。

若い時にできること、それがコミュ障の克服ということをしっかりと覚えておいてくださいね

まとめ

人は一人では生きていけませんし、仕事も多くの人とチームを組んでするものです。コミュ障だからといって一人で仕事をすることはありませんし、頼るところはしっかりと頼ってフォローしてもらいましょう。

人に助けてもらうと、なんとかしてお返しをしたいと考えることでしょう。そういった強い気持ちがコミュ障の克服につながるんですよ。

自分の劣っていることをしっかりと理解することで、突破口が開けていきますから、がんばってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です