【英語】一言フレーズのかっこいい使い方でネイティブもびっくり!

日本語だとなんとなく気恥ずかしいフレーズも英語だとすらっと言えるから不思議。ちょっとしたエッセンスに英語を使うとお洒落にもなるし、日本語もいいけれどやっぱり英語はかっこいい。

友人を元気づける言葉から、自己啓発になる言葉まで、日本語の多彩さは世界に類を見ないけども、英語も捨てたモノじゃないですよ。中には日本語と同じ意味のことわざまであってますます興味深いですよ。

英語も奥が深いですね。

日本語で言うよりも英語でいうほうが気軽なことも

日本語だとどうしても重たくなってしまうけど、英語だとなんとなく気軽に言えてしまう…そういったことも多いのではないでしょうか。

ハリウッド映画などを見るとヒーロー物が多いので、かっこいいフレーズの英語がこれでもかというくらいに出てきます。

私たちもあんな風に英語が話せたらどんなにいいのかと思うことでしょう。ぺらぺらに喋るようになるにはかなりの時間がかかると思いますがワンフレーズの英語だったらなんとかなるかも…そんな英語を集めてみました。

After you「お先にどうぞ」がかっこいい

なんとなく、「あなたが後で」と思いがちですが、反対に「あなたの後に」というのが直訳になります。わかりやすい日本語で解釈すると、「お先にどうぞ」となるのですね。

Afterは動詞ではないので命令調ではありません。主語もないので、英語には主語と述語が必ずある、適当に喋る日本語はわかりずらい…なんて散々言われてきたのですが、英語も主語も述語もないワンフレーズで意味が通じる言葉はたくさんあるのです。

というよりもそっち系の言葉のほうが多いですね。スマート、にAfter you「お先にどうぞ」なんて言えたらかっこいいですけど、これは外国人観光客にしか言えませんけど、日本人の優しさを随所で見せてあげたいものです。

もっとカジュアルにGo ahead「お先にどうぞ」

「After you」は丁寧な感じなので、外国人旅行客に言うときに使います。それが友人となると「After you」では丁寧すぎて他人行儀的なものになってしまうので、「Go ahead」を使います。

これは映画などでも良く出てくるフレーズですよ。さらに「やってみたら」的な表現に使うこともあるので、そのときのシチュエーションが大事となってくる簡単ですが奥の深いフレーズとなっているのです。

映画や本がお手本になる

映画はとても身近です。ハリウッド映画はシネコンに行ったら一本は上映されているのでいつもで見ることができます。

英語で書かれている本となると敷居が高くなりそうですが、今はネットの時代ですから、活字ならWebで見ることができるのでこちらのほうがさらにお手軽といえそうです。

Now what?「これからどうする?」アナと雪の女王の中のワンフレーズです

アナと雪の女王の中では、物事が一段落して次のステップに向かう際に使われます。なんとなく、次は何があるんだろうみたいなワクワク感がありますね。

反対にシチュエーションによっては「どうしよう…」「お手上げだ」といった不安要素に使われることもあるようです。笑顔か落ち込んだときかどちらかで使い分けできそうですね。

no choice「これしかなかった」トランスフォーマーの中のフレーズです

主人公が敵をやっつけたときに言ったことばです。「仕方なかった」「他に打つ手がない」と訳すこともできそうですが、シチュエーション的には「これしかなかった」というのがしっくりきますね。

日常会話では、他に選択肢がないから「仕方ない…」といった意味で使うことが多いですよ。

日常生活の中にかっこよさがある

街を歩くと外国人旅行者の姿をよく見かけるようになりました。いろいろな国の言葉が聞こえてくるのですが、やはり学校で習ってきただけに英語はすっと耳に入ってくるのではないでしょうか。

なんて言ってるんだろう…あんなふうにかっこいい英語をワンフレーズで使ってみたいなと思うこともあるのではないでしょうか。かっこいい英語は日常会話の中にあるのです

Chill out「落ち着いて」応援的なフレーズです

似たような表現は他にもあるのですが、よりカジュアル的で友人に使うフレーズです。

興奮しているときやガチガチに上がっているときに使うフレーズです。もっと強めに言うときは、Just Chill out「もっとリラックスして」となります。

Hang in there「あきらめるな」がんばれということですね

日本語でがんばれ!というのは最近では、がんばっている人にかけるには酷な言葉、というイメージが定着しています。しかし、英語ではこのように表現することで、がんばれという言葉になるのですね。

Hang in と thereを省略してもOKです。

まとめ

英語ではワンフレーズ…一言で言えてかつ奥の深い言葉というのが多いです。

日本語よりも表現力が少ないといわれていますが、反対に同じ言葉でもシチュエーションや気持ちの持ち方によって意味が違ってくる場合がおおく、より感情表現が大切になってきます

それだけに、使いこなすのが大変というイメージを持ちがちですが、感情と合わせてスッと言葉が出るようになったらネイティブ顔負けの英語力が身に付くことになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です