経営者は見た目が大事!身だしなみには気をつけよう!

経営者は会社の先頭に立つ立場にあります。批判や賞賛の矢面に立つと考えてもいいでしょう。

そうなると経営者が気をつけなくてはいけないのが、身だしなみです。見た目が悪いと経営者だけではなく会社の評価も下がってしまうかもしれません

基本的には人に不快感を与えないような見た目や身だしなみが、経営者には要求されるということです。ここでは、実際にどのようなところに気をつけたら良いのかを紹介します。

経営者は見た目重視

経営者は常に颯爽としていたいものです。仕事ができるのは社員にまかせて、経営者は業界という社交場の中でうまく立ち回らなくてはいけません。

そういったときに、経営者の見た目や身だしなみというのは大いに役立つのです。見た目が良いのと悪いのとでは見た目が良いに越したことはありません

それだけで、経営者の印象が違ってきますし、会社の印象も良くなってくるのです。

身だしなみの本当の意味

「身だしなみを整える」というのが身だしなみの正しい使い方です。身だしなみの意味を辞書で調べてみると、人に不快感を与えないために言動や服装を整えること、とあります。

さらに、身分や境遇に応じて身につけるべく素養とあります。

これらを考えると、身だしなみを整えるということは周囲に気を遣う、見た目だけではなく自分自身の立ち振る舞いなども身だしなみの中に入るということです。これらに教養もプラスされると考えていいでしょう。

言うなれば人間の大きさを見せることが、身だしなみと考えていいかもしれません

会社の顔として信頼感を与える

身だしなみをビジネスマナーを考えてもいいでしょう。経営者にとっては必要な素養と言えます。

身だしなみを整えること、あるいは身だしなみに気をつけるということは、経営する上で会社の信頼感を高めることに大きく寄与すると考えていいでしょう。

単純に考えても業界の会合に、スーツで出席するのとラフな格好で出席するのとでは与える信頼感は雲泥の差があると考えていいです。

昨今はクールビズが流行っていて、ノーネクタイでも失礼ではないという風潮がありますが、ここ一番というときの身だしなみを考えるのは経営者の素養と言えるでしょう。

経営者は会社を代表している

経営者の肩書きは最近ではアルファベットやカタカナが増えてきた印象ですが、代表取締役というのが頭に付くことが多いです。代表ということですから、会社を代表する立場にあるのです。

言うなれば、経営者は会社の顔と考えていいでしょう。経営者は顔が広いですから、社外に出るといつどこで誰と会うかわかりません。

プライベートのときでも誰かと出会うこともあるでしょう。そういったときにボサボサの頭とよれよれのジャージ姿でしたら、いくらプライベートでも、相手はそうは見てくれないのです。

経営者にはいつもピシッとした立ち振る舞いが求められるのです。

清潔感が大事

身だしなみの中でも見た目で大切なのは清潔感です。有能な経営者を演出するためにも、清潔感を前面に出しましょう。

清潔感があって人に悪い印象を与えることは、まずありません。清潔感を前面に押し出すような身だしなみを整えるようにしましょう。

髪の毛とヒゲに注意

髪の毛は単発のほうが清潔感があります。ヒゲも綺麗に剃りたいものです。

ヒゲを適度に伸ばして、手入れをしっかりと…というスタイルが流行りましたが、経営者はヒゲはきちんと剃ったほうが見た目の印象は良くなるのは間違いありません。ヒゲを剃るのは基本と考えるようにしたいですね。

時代は見た目重視になったのかも

モーレツ社員やワンマン経営者が流行った時代がありました。いつの時代にも強烈な個性で引っ張っていく人がいたのです。

今の時代は、見た目重視で身だしなみのさわやかな経営者がもてはやされるようになったのです。これも時代の流れと言ってもいいでしょう。

口臭には気をつけたい

身だしなみの定義には様々なものが入っています。人を不快にさせないということですから、口臭はかなりランクが上と考えていいでしょう。

経営者は会話をすることが仕事といった面があります。口臭が臭くて相手に不快な思いをさせないようにしなくてはいけません。

トータルファッションにこだわる

スーツはピシッとしているのに靴下が残念、ネクタイがスーツに合っていないなど、部分部分はいいのに、トータルでは見た目がよろしくないといった場合もあります。

そうならないようにトータルで身だしなみを整えるようにしたいものです

まとめ

人は見た目が9割といわれています。経営者の場合は初対面の人と会う機会も多いです。

そのようなときにできるだけ良い印象を相手に植えつけるようにしたい場合はやはり身だしなみです。頭のてっぺんからつま先まで隙のないようなトータルコーディネートができたら、まずは及第点と言えるでしょう。

経営者はトップ営業をこころがけなくてはいけません。会社の顔でもある経営者ですから、相手に与える影響はとても大きなものがあることを自覚しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です