経営者が孤独な理由はこれだ!しかし孤独が悪いわけではない

経営者は孤独…というのが枕詞のように言われることが多いです。周囲に相談する相手もいないですし、何事も一人で決断しなくてはいけない中小企業の経営者でしたら特に孤独感を感じるものではないでしょうか。

もっとも、それが経営者の醍醐味であって、孤独であっても何でも自分で決断できることこそが経営者というものです。社員の生活や人生が経営者の双肩にかかってくるというプレッシャーも容赦なく襲いかかってくることでしょう。

経営者は孤独でなければならない

サラリーマン社長でしたらどうでしょうか。平社員から叩き上げで社長にまでのぼりつめたとしたら、社員ともなあなあの関係のままかもしれません。

しかし、そうであってはいけないのです。社員とは一線を画した立場でなければならないのです。

社員と決別する勇気が必要

経営者となると社員と決別する勇気が必要です。楽しく会社を経営したいという気持ちもあるでしょう。

しかし、経営者と友達みたいな会社というのは伸びません。伸びずに現状維持でいいのならそれでもいいのですが、社員の給料を上げていかなくてはいけませんから、会社は伸び続けなくてはいけないのです。

そうなると当然ですが、経営者は社員と決別しなくてはいけないのです。話しかけるのも怖い存在になる必要はありませんが、仲良くする必要もないのです。

これが経営者になるということです。

経営者が社員と同じ働きをしてはいけない

起業したばかりの経営者でしたら、社員と同じようにばりばりと働かなくてはいけないでしょう。

そのバリバリと働く目的は早く経営者が働かなくてもいい環境を作ること、さらにいうと経営を成長軌道に乗せるまでということです。

経営者が社員と同じように働いていては目線も社員と同じになってしまいます。さらには孤独感とは真逆で社員を和気あいあいな関係になってしまうでしょう。

そうではなく、経営者は社員とは決別して孤独にならなくてはいけないのです。

経営者は愚痴を会社では言わない

経営者は孤独であり、常にストレスと隣り合わせとなっていることでしょう。それは会社の経営と社員の生活が経営者の双肩にかかっているのですから当然といえるでしょう。

しかし、そんな経営者も愚痴を言いたくなるときもあります。そんな愚痴が言えるところはどこでしょうか。

もっとも、愚痴を言える人がいるとしたら1カ所しかありません。それがスナックなどの飲み屋なのです。

経営者が飲み屋に行くのはそんな理由があったということです。

経営者にもはけ口が必要

経営者はストレスを感じやすい立場にあることは間違いありません。また、経営者たるものはストレスにも強くなければいけないという考えもあります。

しかし、ストレスを感じることは誰にでもありますし、経営者の場合はストレスを感じてもそれを溜め込んでしまう傾向にあるのです。というのも会社でストレスを発散してはいけない、つまり愚痴を言ってはいけないからです。

そのため、そのはけ口をどこに求めるのかといと、それはスナックなどの飲み屋となるわけですね。

会社で愚痴を言ってはいけない理由

経営者は社員に訓示をする立場なので、会社で経営者の弱みを見せるようなことはしないほうがいいのです。経営者が弱みを見せると社員は不安になりますし、経営者のイメージも壊れてしまいます。

そういった意味では経営者は社内では孤独に徹したほうがいいということになるのですね。

経営者は孤独であってはいけないという説もある

経営者は孤独であってはいけないという説もあります。高度経済成長の時代さらにはその前から、ワンマン経営で強い社長がもてはやされました。

それは今の時代でもそれほど変わらないでしょう。経営者のセンスで経営が決まることも多々あるからです。

しかし、これからは経営者のセンスでものごとを決める時代ではなく、方向性の根拠をしっかりとしたデータで示すこと、さらには何をするにも社員のコンセンサスを得ることが重要となっているからです。

経営者のほうから社員に歩み寄る

それまで孤独で孤高の存在であった経営者が社員に歩み寄る姿も見られるようになるかもしれません。経営者と社員の距離が近い会社が伸びるというデータがあるわけではありませんが、社員が元気な会社は間違いなく伸びます。

経営は結果がすべてなら孤独である必要はないかも

経営者は常に結果を求められます。内容を重視される場合もあるのですが、それは長期的なことで、すぐにでも結果を出さなければいけません。

そうなると、経営者が孤独ではなく社員に歩み寄ることで実績が上がるのでしたら、経営者は喜んで社員に歩み寄ることもあるでしょう

まとめ

経営者が孤独である理由は、いざというときに社員に訓示をするためであることが大きいです。経営者がだらしなければ社員にもの申すこともできないでしょう。

もっともそういった経営者に社員はついていきません。ですから、社員は孤独で孤高の存在であったほうがいいということです

一方で人材確保の面から経営者は孤独から卒業するべきという意見もあります。肝心なのは結果という時代になっていきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です