中小企業の経営者は情報収集能力が大切!情報こそが会社発展のキーポイント!

情報収集というのは情報社会と言われる現在においてとても大切なものです。しかし、中小企業の会社の経営者といえども、情報収集を単なる知識のインプットと考えてはいけません。

経営者となるとビジネス書を読むなり、新聞の経済欄を読むなりといった情報収集にも余念がないことでしょう。

しかし、情報は読むだけでは会得するものではありませんし、人との関わりの中や他の様々なところにあるということも忘れてはいけないのです。

会合に積極的に参加することが大切

中小企業の経営者となると、地域の商工会や法人会、さらにはライオンズクラブ、ロータリークラブといった様々な団体の会合に参加する機会があると思います。

中には参加しなくてもいいような自由な雰囲気の会合もあるでしょう。実務も忙しい経営者ですが、実務のほうは社員に任せて、経営者の仕事は情報収集と考えて様々な会合に出るようにしたいものです。

団体に所属している意味を考える

中小企業の経営者の中には「つきあいだから」「仕方なく」といった消極的に団体に所属している人もいるでしょう。しかし、つきあいも大切だからといったことで参加している経営者もたくさんいることだと思います。

理由はともかく、というよりも理由も大切なのですが、まずは団体に所属し会合に参加するようにしましょう。経営者の集まりですから、井戸端会議にはなりません

そこは経営に必要な情報の宝庫となっているのです。団体に所属する理由というのはまさにそこにあるのです。

情報収集とは何かを考えたい

現在は様々な情報源があります。テレビや雑誌、ネットの出てくる高名な経済評論家の声を聞くのもいいでしょう。しかし、役立つのは身近にいる同業他社あるいは異業種他社の経営者の声なのです。

経営者にとっての情報収集というのは、どうしたら会社の業績を伸ばすかということです。そのためには高名な経済評論家の声よりも、現場に携わっている他社経営者の声のほうが役立つ場合が多いのです

経営者の仕事は情報収集にあるのです

経営者の仕事は情報収集のあるといってもいいでしょう。情報は持っている人のところに集まるのです。

キーとなるのはその人がためになる情報を持っているかどうかということです。もっとも業界情報となるとそういった損得勘定は抜きにして広くつきあいを広めるべきでしょう。

浅く広くではないのですが、アンテナはどのような情報でも拾えるようにしておくべきなのです

経営に関することなら業界情報

業界情報は、業界紙あるいは業界団体の会合に参加することで情報は取得しやすいです。また、業界特有の法律などもあり、法律の改正などの意見を聞くことができるのも大きいでしょう。

そして、業界の細かな情報というのは経営者が握っていることが多いですし、それぞれに情報通がいるのです。自分で調べるのが大変なときはそういった情報通を懇意にしておくといいでしょう。

打算的あるいは計算的と言われると思いますが、経営者たるものそういった駆け引きが必要となるのです。

情報を与える側になると強い

人から、情報をもらうだけではなく、こちらが情報を持っていると、周囲から人が寄ってくるのです。そして有益な情報を持っていれば持っているほどリターンも大きくなるのです

業界の経営者はギブアンドテイクが基本です。もらってばかりではだめで、できるだけ与える側になりたいものです。

そうすると、自然と情報が集まってくるということですね。

様々な情報を集めることが大切です

顔が広い中小企業の経営者は情報収集に長けている人が多いです。それは業界の情報に限らず地域の情報も含まれます。

地域の情報も経営には欠かせないものが多く、特に中小企業の経営者となると経営にも地域密着が求められます。

地域情報は顔の広さがポイント

地域情報は顔が広いほど、より有益な情報が集まります。ですから、地域の会合にも積極的に参加したいものです。

地域の祭りやボランティアなども企業としてでもいいですし、個人としてでもいいです。どちらでもかまわないので積極的に顔を出すようにしましょう。

これも会社の安定経営のために必要なのですが、地域選出の議員にも近づいておくといいでしょう。

知見を広げるための一般情報も大切

業界情報や地域情報といったように偏った情報だけではなく、一般的な情報収集にも努めたいところです。

セミナーに参加することも大切ですが、反対にセミナーを主催するようにすると経費もかかりますが、それ以上の情報を得ることができる場合もあります。

そういったことも積極的に行ってみたいものです。

まとめ

中小企業の経営者となると、経営者自身も営業の最前線で仕事をバリバリする人が多いです。しかし、できれば会社のほとんどの部分を社員にまかせて、自分は情報収集に時間を割けるようにしたいものです。

それは、経営者の大切な仕事であるばかりか、経営者でないと務まらない仕事でもあるからです。一見会社経営とは関係ないように見えますが、良い経営者の多くは見聞を広めるためにつきあいを大切にする人が多いです。

是非ともそういった経営者になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です