経営者が勉強すべきことはこれだ!経営を続けていく秘策がここにある!

経営者の一番の目的は、会社を継続させていかなくてはいけないということです。経営者だけの問題ではなく会社には従業員の人生がかかっていると考えなくてはいけません。

そうなると経営者が勉強すべきことというのは自ずと決まってくるでしょう。それでも、会社の継続の一点ばかりを勉強するのではなく、幅広い知識も必要になります。

言うなれば、経営者にとって人生是すべてが勉強と考えていいということになりますね。

基本があって応用があるということを理解する

何事もそうなのですが、基本がないと応用することができません。何をするにも基本が大事ということです。

経営者にとっても基本は最も大切です。簿記の基本ができていなければ、いきなり損益計算書を見ても会社経営がどうなっているのか赤字になっているのか安定しているのかさえもわからないでしょう。

ノーベル賞をたくさん取っている国は基礎研究がしっかりできているところが多いです。これもいかに基本が大切かということが如実に現われているのです。

型破りな経営者は基本ができている

型破りな経営者というのはいつの時代にもいます。常識にとらわれない発想で新しい新機軸を次々と打ち出してくるのです。

そういった経営者は基本となるものを何も理解していないと思いがちです。しかし、実際はそんなことはなく基本がしっかりできている経営者が多いのです。

型破りな経営者ほど、勉強すべきことをしっかりと行っているということですね

経営者は勉強すべきことを理解する必要あり!

日本よりも厳しい競争社会である米国の経営者は、日本の経営者以上に勉強しています。どちらかというと勉強せずに適当に仕事をしているように見える米国人ですが、経営者は本当によく勉強しているのです。

経営するには、基本原則をしっかりと知っておかなければいけません。さらにその上の高みを目指すためにさらに勉強しなくてはいけないのです。

米国人は特にヒーローになりたい人種ですから、そういった傾向が特に強いということですね。

経営者は数字に強くなくてはいけない

経営者には文系が多いとされていますが、考え方はそうであっても、基本という考え方からすると理系のほうが経営者には向いているかもしれません。

理系というとどうしても開発系や技術畑といったイメージが浮かびます。しかし、経営者は数字に強くなくてはその真価を発揮することはできないのです。

ですから、経営者たるもの勉強すべきことは数字に強くなることといってもいいでしょう

数字に弱いと困ることが多い

経営者が数字に弱いと困ることが多いのです。その際たるものが前述していますが、財務諸表になります。

損益計算書や貸借対照表を見ると会社の経営状態がよくわかるのです。利益に対して借入金がいくらあるかということで、健全経営なのかどうかがわかるのです。

瞬時に集計ができるとそれが強みとなる

暗算ができると集計にも大きな力を発揮するのですが、財務諸表などはこの費目とこの費目を足してみたら…と思うことがあります。そういったときに瞬時に計算ができるといいでしょう。

そのためにも、簿記の知識はとても必要になります。費目一つ一つに意味がありますから、合算してもいいものや合算しても意味が無いものもあるのです。

そういった知識をしっかりと持っていないといけないので、経営者が勉強すべきことの筆頭は簿記の知識であり、それには数字にも強くなくてはいけないのです。

飽くなき探究心を持つことが大切

ある程度経営が安定してくると、経営者も一息ついてしまうことと思います。しかし、経営者は経営を続けていく限りつねに勉強しなくてはいけません。

頭の中は常に勉強すべきことを考えておくことが必要なのです。

経営者は業績を伸ばしていかなくてはいけない

これは当然のことで、従業員の給料を増やしていかなくてはいけないからです。失われた20年といわれて給料の伸びも止まりました。

それでも、毎年昇級を欠かさない企業もあります。この企業は間違いなく勝ち組と考えていいでしょう。

業績を伸ばすために、経営者がすべきことは経営努力と勉強すべきことを常に明確にしておくことなのです。

勉強をしなくなると成長も止まってしまう

これは企業の成長も止まってしまうかもしれませんが、まずは経営者の成長が止まってしまいます。

経営者が勉強すべきことに終わりはありません。飽くなき探究心を持って常に勉強を続けなくてはいけないのです。

それは、誰もが経営者になることはできないことから、数少ない勝ち組みとなった経営者の責任とも言えることなのです。

まとめ

経営者が勉強を止めてしまっては、経営者の成長もないですし、企業の成長もいずれは止まってしまうでしょう。優秀な従業員がいればなんとかなるというのは妄想でしかありません。

従業員の仕事に対するモチベーションは経営者の努力次第ということを忘れてはいけません。経営者の努力というのは間違いなく勉強することなのです。勉強すべきことがわからなくなってしまっては、会社の成長もないということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です