経営者の努力から発した名言は誰の心にも響くって話

経営者も人間ですから、誤った判断をすることもあります。しかし、誤った判断で路頭に迷ってしまう従業員が出てくることもあるのです。

経営者は全社員の生活についても責任を追わなくてはいけません。そこには計り知れないような、大きなプレッシャーも経営者の肩にずしりと乗ってしまうことでしょう。

日々の不断の努力も大切ですし、決断に困ったときに背中を押してくれる、過去の偉人の名言が大きな経営の力となるのです。

努力を怠らない経営者にとって名言は心の支えになるのです

成熟した企業の経営者でしたら、現状を維持したいものです。とにかく赤字を出さない…というところに経営の主眼が置かれることでしょう。

一方の起業したばかりの経営者でしたら事業拡大が当面の目標となるのは間違いありません。経営者でも会社の業容や立場、時期などによって思いは変わってきます。

そのような中でも、常に思い悩む経営者像が浮き彫りになってくるのです。そういったときに心のよりどころとなるのが過去の偉人達の名言なのです。

「世界がいま本当に必要としているものを創るのだ」

トーマス・エジソンの染みいる言葉です。発明王として知られるエジソンは蓄音機(レコードプレイヤー)、電球、映写機などを発明しました。

世界的企業である、ゼネラル・エレクトリック・カンパニー(GE)の創業者でもあります。たくさんの発明をしてきたエジソンですが、中には人が求めていない発明もあったそうです。

だからこそ生まれたのが、「世界がいま本当に必要としているものを創るのだ」という言葉なのです。これには市場調査の重要性など、経営者にとって欠かすことができない考え方が隠されているのです。

スポーツメーカーNIKEの創業者は日本びいき

「馬鹿げたアイディアだと言いたい連中には、そう言わせておけ・・走り続けろ。立ち止まるな。目標に到達するまで、止まることなど考えるな」世界的スポーツメーカーであるNIKEを創業したフィル・ナイト氏です。

なんとも、元気になる言葉ですが、日本ブランドであるオニツカタイガーの靴をアメリカで販売することが創業時のメインの仕事だったのです。

無名の日本ブランドの靴を米国で売るといったことは当時はばかげていると言われたそうです。それで出た言葉なのですが、前例や慣習、さらには既成概念にとらわれない気持ちが表れた言葉として現在も意義深いものとなっています。

ときには即断即決が求められる経営者の背中を押す言葉

考える間もないといったら大げさになりますが、感じたままに即決しなくてはいけないことも経営者にはあるでしょう。

そういったときに、背中を押してくれる言葉があるのです。

「あれこれ考えるヒマがあったら、今すぐ、やってみよう」

元ライブドア社長の堀江貴文氏の言葉です。いろいろなことがあった人ですが、時代の風雲児と呼ばれるにふさわしい人でした。

思いついたら結果を恐れずに即行動していたのは、決断できずにまごまごしている経営者にはまぶしい存在だったのではないでしょうか。とにかくやってみる…という行動力はとても大切ですね。

「リスクを取らなければリターンはない」

マレーシアで起業し、最高の称号である「タンスリ」を勲与された小西史彦氏の言葉です。成功した人の言葉はとても重みがあります。

誰でも真似できることではないのですが、この言葉の意味として、積極的にリスクを取りにいくことで最大のリターンを得られるという、まさに儲けるためにはリスクは必要だという攻めの考えです。

確固たる信念を持つ経営者だからこそできることなのですね。

理想を高く掲げることのできる経営者は強い

経営者の誰もが理想を高く掲げていることでしょう。理想だからこそ到達できないものかもしれませんが、その理想に限りなく到達できる人はやはり不世出の経営者と言えるのです。

「夢を追いかけることを、誰にも邪魔させてはいけない。」

ヴァージン・アトランティック航空を創業したリチャード・ブランソン氏の言葉です。ブランソン氏が65歳とときに10歳の自分に宛てた言葉だそうです。

すでに人生の成功者だったブランソン氏でしたが、その根底にあるのはあくまでも夢を追い続ける飽くなき探究心だったのですね。

「自分は世界を変えられると信じている人こそ、本当に世界を変える人です。」

Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏の言葉です。仕事に対する姿勢は厳しく、常に敵を作っていた印象の強いワンマン経営者として知られています。

孤高の存在だからこそ、こういった言葉が言えるのでしょう。天才肌の人ですが、ジョブズ氏を敬愛する経営者は多く、人生の指標とも言える言葉となっているのです。

まとめ

経営者は誰もが心の支えとなる名言を持っています。努力は人を裏切らないといいますが、天才と呼ばれるような人は人知れず努力をしているものです。

経営者として成功した人の多くは、ずっと順風満帆に成長してきたわけではありません。誰もが挫折を味わいながらそれを乗り越えてきたのです

そのとき、かたわらにいつもあるのが先人の名言であったのは言うまでもありません。思い通りにいかないときこそ誰もが名言を思い出しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です