経営者が読者としてリーダーシップを発揮する源泉となるおすすめ分野はこれだ!

経営者が自らの仕事に活かすために様々な書物を読むのはよく知られています。それは経営者としての素養を身につけるためでもあるのです。ときにはリフレッシュするための読書もあるでしょう。

経営者にとって様々な分野の書物を読むのは大切なことなのです。経営者はある意味、優れた読者であることは間違いありません。

そういった経営者のおすすめの書物あるいは分野はどういったものなのでしょうか。経営者の経営力の源ともなるおすすめの分野を紹介します。

歴史小説にこそ経営者が求めているものがある

そのときそのときで、正しい決断を迫られるのが経営者です。決断を誤れば、数千数万といった社員を路頭に迷わせてしまう大企業の経営者もいることでしょう。

誤った決断をしないためにも、歴史小説に出てくる主人公の考え方、決断力というのが参考になるのです。まさに経営者がみずから読者となっておすすめする分野の筆頭格と言ってもいいでしょう。

龍馬がゆくの先見性と窮地をしのぐ決断力

明治維新の最大の功労者といえる坂本龍馬を描いたのが司馬遼太郎の「龍馬がゆく」です。ソフトバンク株式会社 代表取締役社長・孫正義氏の愛読書としても知られています。

坂本龍馬は土佐藩士でありながら、脱藩した一浪人でしかないのですが、どうやって幕末の日本を倒幕から近代日本へと導いたのでしょうか。激動の時代に英雄は生まれやすいのですが、その筆頭が坂本龍馬なのです。

坂本龍馬に自らの姿を重ね合わせる経営者は多いということですね。

なぜ経営者は歴史小説が好きなのか

なぜ経営者は歴史小説が好きなのでしょうか。それは、成功や失敗した体験に共感できるということが大きいでしょう。

誰にでも失敗はあります。そして大事なことはそこからどうやって立ち直り、さらに前進していけるかということです。

歴史小説にはその答えがしっかりと書かれていて、さらにはそのときの心の持ちようが書かれているのです。経営者にとっては、心の拠り所のような存在と言ってもいいでしょう。

経営者にとってビジネス書は鉄板

経営者にはビジネス書…当たり前のことですが、経営のノウハウをしっかりと勉強しなくてはいけません。経営者が読者として読むべき分野のおすすめとなると、やはりビジネス書になるというわけですね。

経営指南書の金字塔!プロフェッショナルマネジャー

「プロフェッショナルマネジャー」は58四半期にわたり連続して増収増益をという結果を出した、経営者ハロルド・ジェニーン氏が執筆した経営者です。まさに経営書の金字塔的なビジネス書と言ってもいいでしょう。

日本では、ユニクロなどの経営でも知られる、ファーストリテイリング 会長兼社長の柳井正氏の愛読書として知られています。すべての経営に対する答えが、連続58期増収増益といった結果になって示されている本です。

あらゆる、分野の経営者のとって経営のバイブル的おすすめのビジネス書と言ってもいいでしょう。

経営者はビジネス書を読むのは当然

生きた経営をしているのでビジネス書は読まないという経営者もいるようです。それは考えようにもよるのですが、経営は最終的に勝つことが目的になります。

ビジネス書は戦略本ではありませんが、経営に勝つためのノウハウが詰まっているのです。経営者は常に勝つための決断をしなくてはいけません。

そのようなときに、ビジネス本は間違いなく経営者の手本となって正しい道を指し示してくれるのです。

故きを温ねて新しきを知る!経営者は古典好き!

これからのことは過去の偉人に聞いたらいい!そう思いたくなるようなのが古典です。難しそうに感じる分野ですが、過去の偉人の考え方にこそ現在を突破する力があるのかもしれません。

そういった経営者は少なくないようですよ。

孔子とその弟子達の語録である「論語」は現代においても光り輝く

春秋時代に孔子によって書かれた「論語」です。孔子が活躍した時代は紀元前500年ということですから、今から2500年も前ということになります。

SBIホールディングス 代表取締役執行役員CEO北尾吉孝氏が愛読する本としても知られています。

孔子には3000人の弟子がいたということですから、その多さにも驚きますが、それだけ孔子の教えに付き従った人が多いということでしょう。

論語は難しく思われがちですが、経営指南というよりも日常生活に活用できる教えが説かれた本と考えたほうがいいでしょう。その教えは現在にも通じるものがあり、ところどころに論語の教えが根付いているのです。

論語を優しくかみ砕いた解説本が出ていますから、経営者の心の持ち方を指し示す本として人気があるのです。

経営者には気品と生き方が求められる

経営だけに秀でているだけでは経営者としての資質に欠けると言えるでしょう。経営者には人が付いていかなければいけません。

それだけの魅力がなければいけないということは、それにふさわしい気品と生きる姿勢が大切なのです。

孔子に3000人を超える弟子が付き従ったのは何故か…その答えは論語に記されているのです。

まとめ

経営者に必要な分野はビジネス書であることは疑いの余地はありません。それによって多くを勉強し正しい経営を推し進めていかなくてはいけないのです。

しかし、経営だけに特化してしまっては、人はついてこないかもしれません。ときには挫折も味わうことでしょう。

そうしたときに過去の偉人はどのように対処してきたのか。その答えが、歴史小説や古典の中にたくさん詰まっているのです。

先陣の教えに力をもらっている経営者は多いですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です