成功者は群れない!群れないから成功した!

成功者は孤独というのが通り相場ですが、人に頼らず我が道を行く傾向にあるのは間違いありません。言ってしまえば、協調性がないのでは…と思いがちですがそれはまた立場によって違ってくるのです。

チームとして働くのでしたら、協調性も大切ですが、一人で成り上がろうというのですから、それは必要ありません。成功者は人と群れないのです。

だからこそ成功したということが言えるでしょう。群れない人の数々の成功体験を紹介します。

成功者は群れずに孤独を経験しているという事実

成功者は群れない!多くの成功者は一匹狼です。ある意味、成功者は群れる人を毛嫌いしている傾向にあるのかもしれません。

成功を目指しているときに、他の人の考えは雑念にしか思えないときもあるのです。人の意見を聞くよりも自分の考えで動いたほうがいいと思うのが成功者の考え方ということです。

一人になったときにアイデアが生まれる!

「一人になったときにアイデアが生まれる」これは、有名な発明家のニコラ・テスラの言葉です。

成功者は孤独であるということを如実に裏付けていると言えますが、考えようによってはアイデアは自分で生み出すものですから、当然のことを言っているとも言えます。

それでも、群れずに一人でいるほうがアイデアが出やすいということは間違いありません

成功者は孤独を恐れない

人といるほうが楽しいのですが、それでは自由な発想が生まれません。人となあなあで仕事をするよりも、群れないで一人で仕事をするほうが成果もあがります

こういった人は、周囲から煙たがられるのですが、成功者の多くはそうやって成功体験を体現してきたと言えるでしょう。

人と群れないほうが幸せになる

幸せを成功と同じように考えてみましょう。多くの友人がいるほうが幸せでしょうか。

友人が多いと困った時に助けてくれそうですね。しかし立ち直るのは自分一人なのです

困った時の助言は立ち直る際に邪魔になることが多いとされています。多くの成功者は助言なく立ち直ることができたと言っているのです。

にわかには信じられませんが、人の助言は立ち直るきっかけになることがあっても立ち直ること自体の助けにはならないということですね。

友人が多いと幸せ?

友人が多いと楽しいかもしれません。しかしSNSなどを例に取ってみると、友人の数が多ければ多いほど楽しそうに見えます。

コメントも付いていつもにぎやかでうらやましいですね。しかし、当の本人は友達が増えれば増えるほど憂鬱になるのだそうです。

これは統計的にもはっきりとしていて、友人が増えると幸せになるどころか、却って不幸になるということですから興味深いところです

成功者は孤独を楽しむ

言ってしまえば、人はそれぞれ自分の考えで行動しています。友人が多いとそういった友人が身近にいるだけで、友人一挙手一投足が気になってしまうでしょう。

そうなるとやっかみやひがみ、さらにはうらやましいといった気持ちが芽生えてくるかもしれません。成功者は「人は人」と強く割り切ることができる人です

そして、コントロール不能なもの(友人のことです)には、近寄らないあるいはこだわらない傾向が強いのです。

群れないメリットがここにある!

周囲にたくさんの人がいる成功者の多くは孤独だとされています。あたかも成功と引き替えに孤独を選んだとも言えそうですが、その真意はどこにあるのでしょうか。

どちらかというと成功者が孤独なのは、孤独を選んだからといったほうがいいでしょう。孤独だからこそ成功できたという理屈ですね。

人に頼らないという生き方

孤独を選んだということは、何を意味しているのかというと、人に頼らないということです。人に頼ってしまうとその部分だけ思考が飛んでしまいます。

成功者の多くはすべてを自分でやりたいと考える傾向にあり、それが変人とも呼ばれる部分なのですが、多くの成功者は人とは違った生き方をして成功しています

それを考えると、成功者の多くが人に頼らず孤独を選んだことが理解できるでしょう。

唯一無二であるということ

他のどこにもいない、唯一無二(オンリーワン)になるということです。人と群れないということはつまりはそういうことなのです。

模倣していたら同じ物しか生み出せません。模倣から新しいものを発想することもありますが、成功者の多くは何もないところから出発したいと考えているのです。

今の世の中、何もないところから生み出すものは出尽くしたとも言われていますが、成功者の多くは変人で群れない人たちですから、そこからまた何かすごい発見や発明が出てくることでしょうね。

まとめ

成功者は群れない人が多いです。そこには責任感という言葉も出てきます。

人に頼ってしまってその意見を採用して、失敗することもあるでしょう。そうなるとその意見を出した人が責められることになるかもしれません。

そうなるくらいなら、成功者の多くは自分の考えのみで行動し成功をつかみ取りたいと考えるのです。群れないということはある意味孤高の存在ですが、それこそが成功者たる所以ということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です