成功者には変人が多く友達が少ないのは本当のことで、だからこそ成功したのです!

成功者はある意味ガンコで排他的と見られることが多いようです。人を寄せつけない雰囲気もあるので友達も少ないと思われがちですし、実際に友達が少ない成功者も少なくありません。

こう考えてみると、成功者はある意味変人であって、友達が少ないと考えていいのかもしれません。しかし、それが成功への原動力となったのも否めない事実なのです。なぜ友達が少ない方が成功するのでしょうか。

そこにはこのような理由もあったのです。

友達が多い人は成功しない?

成功者は人脈が広いイメージがあります。たしかにそうなのですが、ここでは友達と知人を分けて考えたほうがいいかもしれません。

というのも友達が多いとどうしても、困ったときに頼ってしまうこともあるからです。人に頼ってしまうと自分自身の伸びしろが制限されてしまうことがあります

ある種の伸び悩みということですね。人に頼ることでそれがうまくいくと、それは自分の成功体験にはならないのです。

他社依存型にはならないようにする

友達が少ない成功者は、なんでも自分で考えて決断し、実行してきた人です。それで成功してきたのですから、何一つ問題なくすべてのことが自分の経験として糧にもなったことでしょう。

一方で友達に頼ってしまうと、ある意味任せっきりにもなってしまうので、それは自分の体験として活かすことができないのです。ある意味それが苦手分野として後々まで尾を引くこともあるでしょう。

成功者は友達が少ない

周囲から変人といわれようと、結果を残している人はさほど友達を必要としない傾向にあります。そういうところが変人かもしれませんが、自分で何でもするというこだわりのある人なのです。

成功したらそれに満足して、後は他の人にすべてまかすというのも酔狂でもあり変人と言われる所以かもしれませんね。

自分の意思で友達が少ないということも

これも成功者が変人といわれていることにもなるのですが、自分から友達を遠ざけていることもあるのです。これは友達との時間の使い方が合わないので、変人故に無理に友達のスケジュールに合わせて遊ばないということです。

成功者の多くは自分のペースで仕事をしているので、人の時間に合わせることを嫌う傾向にあります。もっとも好き嫌いという問題ではなく、そういった自分自身のペースを守っていると考えたほうがいいかもしれません。

友達が少なくても孤独と思わない

成功者の多くは孤高の存在に見えます。支援者やサポートする人はいると思いますが、成功者は突き抜けた存在に見えるのでやはり孤独に見えてしまうのです。

それについて同情を誘うのかというと、そんなことはありません。幸か不幸か成功者がそれを望んでいる場合が多いですし、ひょっとしたらそんなことも考えてなく、ただただ友達が少ないという状況すらエンジョイしているのかもしれません。

いずれにしても、友達が少なくて孤独であってもそれを何とも感じていないということになるのですね

他の人と時間の使い方が違う

成功者の多くはマイペースです。ですから、成功者に会いたいと思うと成功者のスケジュールに合わせなくてはいけないので大変なのです。

成功者は時間の使い方が、他の多くの人とは違っているのです。成功者ほど無駄なくスケジュールをこなしている人はいないでしょう

成功者の中には分単位の行動をしている人も少なくありません。ガチガチなスケジュールを立てている人もいて、それが数分でも狂うと機嫌を悪くしてしまう人もいます。

こういった面も、成功者が変人たる所以といえるかもしれません。友達が多いと、友達のスケジュールに翻弄されてしまうこともあるでしょう。

人の意見も聞かなくてはいけませんが、そういったことは電話でも聞ける、メールでも大丈夫と成功者は思ってしまうのです。

友達が少ないメリット

友達が少ないメリットというのは確かにあるようです。反対に友達が多いと、それだけ外的な要因に翻弄されてしまうというものです。

メールや電話などがしょっちゅう入ってきたら、それだけで分単位で動いているスケジュールに支障が出る場合もあるでしょう。どうでもいいような内容だったら、機嫌も悪くなってしまうかもしれません。

それも変人ならではと言えそうですね。

外的要因に患わされることが少ない

友達が少ないと、必然的に連絡もそれほど入ってきません。友達からの連絡ですから、仕事とは関係のないものが多いことでしょう。

そういったことをすべてシャットアウトできるのは、仕事をしていくうえでメリット以外の何者でもないのです。

孤独を楽しむことができる

友達が少ないと、自分の世界に浸ることができます。言わば孤独を楽しむことができるのです。

それだけ、これからのことについて自分自身で考える時間が多くなるということですから、友達が少ないということも立派なメリットになりうるのです。

まとめ

友達が少ないと、人生が楽しくない、余暇をどうやって過ごす?と考えがちです。

しかし、友達が少ないのと余暇の充実はそれほど関連性がありません。一人でも楽しく過ごすことができますし、成功者に取って、余暇よりもビジネスなど生産活動を充実させたいと思っているので、友達が少ないということは成功者にとってはメリットとなりうるのです。

それが変人と言われるものなのかもしれませんが、成功者ほど孤独ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です