成功者は読書好き!読んでいるジャンルはこれだった!

成功者は例外なく読書が好きです。誰もが成功したいのでしたら、成功者の真似をしたら近づけるのではないかと思うのです。

そうなると、成功者はどのようなジャンルの本を読んでいるのかも気になるのです。成功者だから、ビジネスの専門書ばかりを読んでいるのでは、株式投資の本が多いのではないか…などなど、いろいろなことを考えることでしょう。

誰もが成功者と同じようになりたいので、同じ知識を持ちたいということになるのです。

成功者が本を読む理由

活字離れが進んでいるとされています。新聞の発行部数も落ちていますし、なによりも本が売れないので出版業界は長い不況の中にいるのです。

それでも、毎年ベストセラー本は出ているので、肝心なのは内容なのでは?と思う人もいることでしょう。そして、気になるのが成功者の読書量です。

ひっきりなしに本を読んでいる印象はないのですが、一人でいるときは暇さえあれば本を読んでいるということです。まずは成功者が本を読む理由を考えてみましょう。

危機管理能力を高めることができる

日々のルーティンをこなしているだけでは、何もない平穏な日々ということになります。しかし、実際はそんな平穏な日々が続くことはありません。

というよりも日々想定外のことが起こると考えていいでしょう。予測不能な世の中にあって、何かが起こったときに適切な対処ができることが大切です。

そういった危機管理能力を高めることができるのが読書というわけです。読書をすることでいつもとは違った視点でアプローチできるのです。

そういったことに助けられることがあることを成功者は身をもって体験しているからこそ、読書を欠かさないということですね。

話術を磨く

成功者はとにかく人と会うことが多くなります。ときにはセミナーなどの講師や講演会などの講師の依頼もあることでしょう。

人に説明するためには、自分自身が深く理解しておかなくてはいけません。知識の習得が欠かせないのです。

そして、何よりも人を惹きつける話術を身につけること大切となります。読書をすることで、論理立てて話しをすることができるようになるのです

成功者が読書するジャンルは?

成功者はどういったジャンルを読んでいるのでしょうか。自分の専門分野に関する本を読んでいることは容易に想像できるのですが、恐らく他のジャンルの本も幅広く読んでいることでしょう。

実際に成功者が勧める本というのは説得力がありますね。これから成功するために、成功者が何を読んでいるのかを知るのは人生の指標にもなることでしょう。

ビジネス本は間違いなく読んでいます

ビジネスの世界で成功している成功者でしたら、ビジネス本は確実に読んでいます。古くから誰もが読んでいるビジネス本というのは、時を超えて今の時代でも通用するものです。

ビジネス本でも古典とされているものから、現在の最新刊まで成功者でしたら幅広く読んでいるのは間違いありません。

新しいものにも果敢にチャレンジしている

成功者の場合は好奇心が旺盛です。というよりもそういった性格でなければビジネスの世界でも大成はできないでしょう。

たとえば、講演会でもいろいろな質問を受けることになります。「仮想通貨についてどうお考えですか?」といった質問があった場合に、知らないから答えられないということは成功者の場合は少ないです。

もちろん、知らなければ知らないと答えればいいのですが、実際に世間で起こっていることには敏感に反応してそれがどういったものであるのかは知っておきたいのが成功者なのです。

専門外の本も当然読みます

成功者ですから、専門以外のジャンルの読書も当然するでしょう。例えば今年の芥川賞、あるいは直木賞を受賞したといった本は話題性もあることですし、読んでおきたい本であることは間違いありません。

また、一般の人には本屋大賞のほうが最近ではより身近に感じるかもしれません。

ストレスを防止する

読書はストレスを防止してくれます。特にリフレッシュしたいときや思考を別の方向に持っていきたいときに大きな効果を発揮してくれるのが読書なのです。

専門外のジャンルの読書がストレス発散には最適でしょう。

決断力をつける

ビジネスの世界の成功者となると、常に決断を求められます。ときにはその決断に迷うときもあるでしょう。

しかし、普段から読書をしていると、豊富な知識が決断を後押ししてくれるのです。知識に裏付けされた知見なども大きな効果を発揮してくれることでしょう。

まとめ

誰にでも読書は必要ですが、成功者の場合は自分に必要だからと多くの本をジャンルにとらわれずに読書をしています。成功者は人もうらやむような立場にいますが、ときとしてストレスの塊となることもあるでしょう

外に出れば7人の敵がいるとされていますが、成功者の場合はさらに多くの敵がいることでしょう。

ときには、理論武装した敵が議論を求めてくることもあるでしょう。そういった敵を論破するような幅広い知識も必要となってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です