成功者のおかねの考え方や使い方というのは普通の人とはひと味違うんです!

成功者は一般的に普通の人とはものの価値観が違うと言われています。これは端的にいうとおかねに対する考え方や使い方といったものが違うと考えていいでしょう。

成功したければ成功者の真似をすればいいと考えがちですが、ものの価値観そのものを真似するのは、持って生まれた性格もあるので難しい面もあるでしょう。

それでも、成功者のおかねに対する価値観というものはどういったものなのかを知るだけでも、成功者に一歩近づけるような気がしますよね。

成功者のおかねの使い方

まず、おかねの使い方の種類を見てみましょう。おかねの使い方は大きく「消費」「貯金」「浪費」「投資」の4つに分けられます

それぞれについての説明は必要ないでしょう。「浪費」についてですが、必要以上の「消費」と位置づけています。これは人によって考え方がまちまちですから、一般的に使いすぎた消費と考えるようにしましょう。

一般の人でしたら、消費が全体の半分以上、貯金が4分の1、8分の1程度が浪費となり、残りのわずか5%以下が投資ということになります。これが成功者の人のおかねの使い方となるとどういったことになるのでしょうか。

成功者のおかねの使い方の割合

成功者のおかねの使い方をみてみましょう。消費の割合は半分以下となり、それに貯金と浪費を入れてやっと半分を超えるくらいです。残りの半分弱が投資となるのです。

成功者となると、投資の割合がグンと増えた形となりました。消費もある程度生きていくうえで必要なものです。

そして特筆すべきは投資がグンと増えただけに割合で圧迫されたのが貯金と浪費です。浪費が少ないのは無駄使いをしないということでわかります。

他の貯金と投資についてはどうなのでしょうか。

成功者のおかねの使い方

世間一般的には、貯金は良いこととされていますし、するべきことでもあり、貯金の金額は大きいほど良いという考え方となるでしょう。これは、何か起こったときの蓄えとして誰もがしている防御策と考えていいでしょう。

確かに正論なのですが、成功者の考え方は違っているのです。というのも、おかねは経済を活性化させる血液のようなものです。成功者の多くは、お金は本来流通させるべきものと考えているのです。

ですから、お金は使うものであって、貯金するものではないということですね。それでも、蓄えはある程度必要ですから、成功者の場合は必要最低限あるいは普通の人と比べるとほとんど貯金をしていないというレベルのものかもしれません。

そして、投資ですが…一般的名イメージは、投資は勝つか負けるかのギャンブルに例えることが多いです。しかし、成功者の場合は株などの投資もあるのですが、ほとんどの場合は自己投資なのです。

自己投資におかねをかけるのは?

それでは、成功者はどうして自己投資におかねをかけるのでしょうか。それは、本や人脈作り、新しい体験やセミナーなど自己啓発に関するすべてのことに対して投資をしているということですね。

自分のための投資ですから、それに触発されて成功する確率も自ずと上がってくるということなのです。

高い投資効果を求める

自分への投資は裏切りません。これは言い換えると「努力は人を裏切らない」と同じ意味にとってもいいでしょう。

自分自身への投資は、これ以上の投資効果の高いものはないと考えるのです。勉強すれば勉強するほど成長して価値が上がります。

その部分にお金をかける…すなわち投資をしているということなのです。

投資した以上のおかねが戻ってくる

ブーメラン現象ではありませんが、投資すれば投資した以上のものが戻ってくるのです。これは誰でもそうというわけではありません。

しかし、成功者の場合は十中八九投資したお金は、確実に回収できていることでしょう

成功者のおかねの考え方

成功者の多くは長財布を使うとされています。これはお札を折りたくない…大切に扱いたい…という考え方からです。

一般的に長財布を使っている人のほうが多そうですから、それだったらすべての人が成功者になることになるのですが、もちろんそれだけでは成功者にはなりません。基本的にお金を大切に扱いたいという心構えですね。

無駄使いをしない

前述していますが、成功者は普通の人とは極端に浪費の額が少ないのです。これは明らかに意識して無駄使いをしないようにしているのです。

これがあるからこそ、成功者の元にはお金があるという図式になるのですね。

使うときは惜しまずに使う

無駄使いをしないからケチというわけではありません。浪費をしない代わりにつかうときにはドンと惜しまずに使ってしまうのです。それは自己啓発のためでもあるでしょう。ドンと使う場合にもきちんとした意味があるのです。

まとめ

成功者は投資をします。成功者の頭の中は常におかねの使い方を考えているといってもいいでしょう。

消費や浪費については単にお金がなくなるだけです。貯金についてはそのままということになりますね。

しかし、投資となるとどうでしょうか。自己投資ですから、普通にお金を使っているのでは?と考えがちですが、投資ということで自己投資には失敗がありません。

いつかは自分のもとに投資した分のおかねが戻ってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です