イケメンの顔には特徴があった!?濃い顔と薄い顔の違いとは?

男性用ファッション雑誌などで、よく見かける言葉が「イケメン」ですよね。男性であればイケメンに憧れる人も少なくはないはずです。

しかし、どういう顔のつくりを「イケメン」と呼ぶのでしょうか? 芸能人でイケメンと称されている人たちはさまざまなタイプがあります。濃い顔、薄い顔、どちらのタイプでもイケメンと言われる人たちはいるのです。

今回はイケメンの特徴、濃い顔や薄い顔の特徴などにもスポットを当てて紹介します。自分はどちらに含まれるのか参考にしてみてください。

イケメンの特徴とは?

イケメンの特徴と言っても、漠然としすぎて答えに困る人も多いですよね。実際に「イケメン」は人の好みによって大きく分かれるので明確な答えはないのです。

どんな人がイケメンと呼ばれているのでしょうか?

顔のバランスが良い人がイケメン?

顔のバランスが良い人は、比較的イケメンと呼ばれる確率が高いようですね。人間の顔は不思議なもので、目が離れている人、逆に近い人などさまざまです。

その中でもイケメンと呼ばれるのは、顔のパーツが離れすぎず、くっつきすぎずの絶妙なバランスを保っている人のようです。

性格が顔に出ている人?

よく「性格が顔に出ている人」という言葉を聞くかと思います。嘘のように思えるかもしれませんが、本当に性格って顔に出てしまうんです

例えば、怒りっぽい人は常に眉根を寄せている傾向にあり、厳しい顔つきになります。穏やかな人はやや顔がたるみ、そのたるみが優しさを出すのです。

濃い顔の特徴とは?

イケメンの中で、よく聞くのが「濃い顔の人」です。芸能人でも濃い顔の人が活躍しているので、パッと思いうかぶ芸能人がいるのではないでしょうか?

それでは、どのような人が「濃い顔」と呼ばれるのでしょう。

顔の彫りが深い人

顔の彫りが深い人は、基本的に「顔が濃い」と言われます。

芸能人で言えば、阿部寛さんや北村一輝さんが当てはまりますね。ちょっと日本人離れをした顔立ちなので、どちらかと言えば濃い顔に部類されるようです。

目力の強い人

目力の強い人も、濃い顔に部類されます。

芸能人で言えば、堺雅人さんやGACKTさんが当てはまりますね。この二人は言わずもがなイケメンに当てはまるのではないでしょうか。

薄い顔の特徴とは?

濃い人は顔立ちがはっきりしているタイプですが、薄い顔の特徴とはどんなものでしょう。基本的に濃い顔の反対なので、あっさりとした顔立ちの人が挙げられます。

それでは、どんな人が「薄い顔」と呼ばれるのでしょうか。

目元が一重や奥二重であっさりしている人

ぱっちりと目元が二重ではなく、一重や奥二重の人が「薄い顔」と呼ばれるようです。芸能人で例えると、星野源さんや瑛太さんが挙げられますね。

薄い顔だからと言って、イケメンではないということはないのです。

色白な人

多少顔立ちがはっきりしていても、色白の人は「薄い顔」に部類されるようです。フィギュアスケート選手の羽生結弦さんも色白ですよね。他にも向井理さんなども色白です。

俳優の三浦春馬さんも、かなりの色白ですけど顔立ちがはっきりとしているので「薄い顔」には当てはまらないみたいです。

濃い顔と薄い顔はどっちがいい?

濃い顔と薄い顔、結局どっちがイケメンなのと思う人もいるでしょう。しかし、どちらもイケメンと呼ばれる人はいるので、どちらがいいということはないみたいです。

系統が違うだけで、優劣を付けられるものではありません。なので、濃い顔だから、薄い顔だからと言って諦めないようにしましょう

自分の顔に合った服装を意識する

イケメンを演出する上で、大切なのが「服装」です。例えば、濃い顔の人が薄い顔の人に似合う服装をしていてもミスマッチですよね。

自分の顔の系統に適した服装をしていないと、イケメンとは言えないのです。濃い顔の人は柄物などが合いますが、薄い顔の人は無地やワンポイントなどのシンプルな服装が似合います。

まず、自分がどちらに当てはまるかを確認してから服装選びをしましょう!

顔だけがイケメンの定義ではない?

イケメンの定義として、顔だけにこだわらないようにしましょう。身だしなみにも気をつけることで、雰囲気からイケメンを演出することが出来るのです。

身のこなしがスマートな人もイケメン?

イケメンの定義として、身のこなしがスマートな人も当てはまります。姿勢が良い、歩き方が美しいなども当てはまります。せっかくのイケメンも猫背など、姿勢が悪いと半減してしまうので注意しましょう。

まとめ

濃い顔、薄い顔は特徴があり、それぞれで悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。濃い顔の人は彫りの深さ、薄い顔の人は塩顔、それらをコンプレックスに感じている人もいるでしょう。

しかし、それらを上手く使うことで「イケメン」への道は開かれるのです。自分の顔のタイプを嘆かず、どうすればイケメンになるかを考えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です