目の前に集中できない人が心得るべきこと〜目の前だけに生きよ!過去と未来は存在しない

どうして目の前のことに集中できないのでしょう。過去にこんな失敗をしたんだけど、また同じ失敗をくりかえしてしまったらどうしょう。

そんな不安がいつも頭にうかんで来て目の前の仕事にうまくとりかかれない。またぎゃくに、大きな夢をもっているのだけど、その夢と目の前の仕事とのギャップに落胆し、

どうしても集中できないでいるひとたちへ、考えかたの向きをちょっと変えるだけで、すべてがアッとおもうほど変化するのです。

過去とは

これが一番やっかいなしろものなのです。過去の経験やいままで学んで来たことが、糧(かて)となって今のじぶんがあると思っているかたが多いとおもいます。

もちろんその通りです。しかし、それがいまの自分を見うしなう結果につながっていると感じるかたは少ないとおもいます。じつはこの過去がおおいに関係しているのです。

トラウマ

トラウマは、人間であれば誰しもかかえる可能性のあるものです。

過去に受けた心的外傷となるような体験が、突如としてフラッシュバック・記憶によみがえり、いちじるしい苦痛やストレス障害をひきおこす現象ですが、それに似た経験をおもちのかたも多いのではないでしょうか。

そのひとつが過去の失敗です。失敗により落ちこんだ自分のこころの失意、失敗によりまわりにあたえた迷惑や、まわりから受けた失意と軽蔑のまなざしなど。

もろもろの過去の失敗にまつわることがらが、無意識のうちにフラッシュバックして今のあなたを縛っていることもあるのです。

過去にとらわれている

目の前のことに集中できない原因は、トラウマ的な要因もあれば、いまの自分の体調や精神状態が影響しているかもしれません。

でもトラウマは過去のできごとが心に働きかける事象です。精神状態も過去(昨日とか今よりまえの時間)におきたことがらが、あなたの心に影響しておきる現象です。

体調だけはすこしちがうけれど、今の体調を引き起こした原因は、きのう飲み過ぎたとか、ねむれなかったとか、寒い中に長時間いたとか、

やはり過去に起因するものが今の体調をひきおこしているのです。つまりすべてのことが過去にかかわり、過去にとらわれているのです。

このとらわれることが集中力をじゃまするのです。

過去の栄光もじゃまをする

たとえば学生時代の部活では、部長をつとめ仲間からも信頼されていたので、リーダーシップをとる仕事はそつなく出来るはずだ。

また一流大学をトップクラスの成績で卒業したので、ビジネスマンとしては優秀なはずだetc.。

これらの経歴は自信につながり、ポジティブに働くこともありますが、あたえられた目の前のしごとに取りかかろうとしたときに、

この自信、○○は出来るはずだ、○○は得意なので良い結果を出せるはずだ、が良い結果を出さなければというプレッシャーにかわり、集中力をじゃましてしまうのです。

未来とは

これも過去とどうように、目の前に集中するためにはじゃまな存在なんです。

もちろん未来には夢と希望があり、いまの自分をふるい立たせる原動力になるポジティブな面があります。

またぎゃくに大学受験にしっぱいし就職もおもうようにいかず、おれの人生おさきまっくら、などとネガティブな未来もあります。

このどちらの場合も、目の前に集中するためにはじゃまになるのです。

なぜ未来がじゃまをするの?

「夢と希望」というとなぜか明るい未来をおもいうかべますよね。ではなぜ明るいんでしょう?

それは自分の願いや夢がかなえられた未来を想像するから明るいんですよね。でもその未来はまだ来ていません。

その未来が来ることを願っている、来るように努力したいとおもう自分が今ここにいるんですね。

でもその裏には、無意識かもしれませんが「夢と希望」がもし、かなえられずにつぶれてしまったら、という不安と恐怖がつねにつきまとっているんです。

その不安と恐怖が目の前の集中をじゃまをするのです。さらにいえば、まだ来ていないもの(未来)を、すでに存在するかのように思う気持ちがじゃまをするのです。

過去と未来は存在しない

とつぜんですが、仏教・禅(ゼン)の根幹にあるに「諸行無常(しょぎょうむじょう)」という思想があります。

これは、すべてのものは常にあらず、つまりあらゆるものは刹那(一瞬=きわめて短い時間)の間にも変化をくり返している。

だからおなじもの(おなじ過去)は二度とくり返すことはないという教えです。

いまの目の前のことだけが実在するただ一つの存在、だからこそ、いまこの瞬間を大切に生きなさい!過去も未来も存在しない、今だけがすべてなのだから。

そんなことをいわれても

今この瞬間をたいせつにといわれても、目の前のことに集中できないで悩んでいるのに!・・・そうでしたね、

では深呼吸をして、リラックスしてから、おだやかに考えてみましょう

あたえられた仕事を目の前にして集中をじゃまするものは何かな?・・・失敗したときの記憶?上司にミスを指摘されたときの記憶?またくり返すんじゃないかという不安?

仕上げた結果への評価が気になる?こんどはキチンとやってくれよと上司にいわれたプレッシャー?きみは経験がこれだけあるんだからできるはずといわれたから?

上司にほめられるような結果をだせたらという期待?などの記憶や不安、結果への評価や期待?夢と希望?・・これらがグルグルと頭のなかをかきみだして集中をじゃましてるんじゃないでしょうか。

まとめ〜目の前だけに生きよ!

スッキリさせましょう!しがらみの過去はこの瞬間にはもう無いのです!

あなたを不安にする夢と希望〜未来は存在しない(来ることはない)〜なぜなら未来は来た瞬間に今になってしまうから!・・・

過去と未来は存在しない!とおもうことが、過去と未来のしがらみから解放され、目の前の今だけに生きることになるのです。これが目の前に集中する秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です