習慣を意識して行動を変えると人生が変わる!人間関係に悩んでいる人へより良い人生に結びつく日常での習慣について解説!

今回は、日常生活での習慣について、人間関係を中心に取りあげてみていきたいと思います。

人間関係をよくする

どんな習慣をつけることがよい人間関係につながるか、まず考えていきましょう。

目の前の人に集中する

多くの人が、目の前でほかの人が喋っていても携帯を見たり違うことをしていることってよくあるんですよね。

そうすると話してるほうも自分の話が面白くないのかと思ったり、話す気が失せたり、場がしらけたりしてしまうと思います。

聞いているほうにそんな気がないのに、誤解されてしまうのはよくありません。どうすれば、目の前の人に集中できるのでしょうか。

まずはなにより、携帯を触らないで話を聞くということを意識することです。食事中、会話中は携帯を触らない、電源を切ってしまうとか手の届かないところに置く。

また、ほかの人が横切ったりすると気がそっちにいくので、壁側に相手を座ってもらうなど、座る位置にも気をつけて目のやり場を一点に集中させるのも大事です。

名前で呼ぶ

人間関係を築くうえで大事なコミュニケーション、その中でも特に大事なのが、正しい名前で相手を呼ぶことです。

名前を間違えられるとショックを受けるような、名前に愛着や誇りを持っている人は決して少なくありません。

名前は、相手との親近感や距離をちぢめてくれるんですよね。

病院で働いてたときに、病棟の看護師さんとか、ほかの部署のかたとお話をしたんですけど、ほとんど接触がなくても名札を見るなどして名前で呼んでくれる。

そういうことがあると嬉しいと思いますし、仲良くというかチームワークができてうまくいくとも思います。

お客様ではなくなんとかさんといった名前を使うことで、呼んでると気づいてもらいやすくなるし、相手との距離をちぢめてもいけます。

モテる男性や女性は下の名前で相手を呼び、親密感やコミュニケーションをとりやすくしています。人間関係において名前はとても大事なのです。

友達は少ないほどいい

友人は少なければ少ないほどいいんです。友達はたくさんいたほうが楽しいだろうと思う人もいるでしょうが、友達がたくさんいるとぶれてくるんですよね。

深い人間関係を構築するには、自分の選び抜いた、数少ない友人と長い時間をすごしていったほうがいい。

広く浅くだといって人脈やセミナーで名刺を配ったり、飲み会で名刺を交換してる人が結構いるんですけど、そういうことをしても深い人間関係は構築できません。

いろんな人と付き合ったり、話したりすると一人一人と深い関係が構築できない。友人が三人とか五人だと、時間をとって毎月じっくり話したり、色々できます。

自分と気があう少数の友人とじっくり人間関係を構築する。片手の指で足りるくらいの友人たちと深い人間関係を構築していったほうが満足できるのです。

習慣を変える

続いては、必要だからと身につけた習慣であっても、ときには変える必要があるという話に移りたいと思います。

生まれ変わるからだ

ぼくたち人間のからだは、細胞レベルで日々生まれ変わっています。例えば脳細胞は一年で、血液も四ヶ月で生まれ変わる。

皮膚は一ヶ月で入れ替わるし、胃や肝臓とかの臓器も含め、二年で全ての細胞が入れ替わるんです。

自分が変われないなどといっていても、実はからだの肉体レベルでいうと変わってる

変わるために行動する

どうして病気はなくならないのか、人生はよくならないのか、それには習慣やライフスタイルの影響が大きいんです。

億万長者になるといって外に出ず、なにもせずにいたらなにも変わらない。だから、成功したりなにかを達成するには習慣を変えなければいけません。

帰ることによる効果

今日からなんキロ痩せると決めて、朝早く30 分ウォーキングとかサーキットトレーニングをする。すると、痩せていきます。

そうしたら好みの男性や女性から健康そうで素敵と気に入られたりもする。

食べ物や飲み物、毎日の習慣やライフスタイルを意識して変えることで、健康も人生も、一気によくなります。

習慣を変える

だからこそ習慣を変えるべきです。習慣を変えるうえで特におすすめなのが、肉体の習慣となります。

ぼくも朝早く起きて30分くらいウォーキングや懸垂をすることをはじめたのですが、一日を気持ちよくすごすことができるようになりました。

まとめ

ここまで、習慣について、様々な習慣が人間関係において必要なことや、ときにはそれを変えなければならないといったことを書いてきました。

記事を参考に、より人生をよいものにしてくれる習慣を意識して身につけていただければなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です