リーダーが気をつけること~人の上に立つ人に知って欲しいリーダーに必要な資質や知っておくべき戦略と戦術!

今回は、リーダーの心得ということで、人の上に立つ人間に必要な資質や、知っておくべき戦略、戦術について書いていきたいと思います。

リーダーは人を導く

会社における社長はもちろんですが、先輩という立場でも後輩を導く存在です。先輩の社員もそうですし、学生でも年上の先輩がいます。

あるいは、会社の中では役職がいろいろありますが、部下をもったらリーダーです。

気をつけるべきこと

リーダーが部下や年下の人を導く際に、気をつけなければいけないことがあります。

世の中には変化があるので、どうしてもこれまでの通りにはいかないことも多いでしょう。

変化が思い通りにいかないときに、そこにいる構成員の人たちがいい意味で、笑顔でがんばっているような反発心のある組織であることが大事です。

へらへらした笑顔ではありません。苦しいんだけどきらっとした笑顔をもって取り組む。モチベーションに満ちた、いい笑顔でがんばっているのが望ましい。

リーダーの責任

でも、ダメな組織とか、これから成績が悪くなっていくようなチーム、そういった集団の人たちの顔は一様に暗いです。

ちょっとしたことで、すぐに人のせいにする、環境のせいにする、いじける。そんな雰囲気になってしまうのは、リーダーに責任があると思います。

不都合な変化

周りは、なにかあったときにリーダーを見ます。なのでうまくいっているときは、それを喜びながらも気を引き締めるリーダーが必要です。

問題は、不都合な変化のときにどういう態度を瞬間的にとるかです。そこで、リーダーの人望や人徳がわかります。

部下はリーダーの姿を見て同じようにやりますので、リーダーが逆境のときにどういう表情をするかが全体に影響を及ぼすのです。

負のオーラを出さない

大体、起こることというのは不都合な変化のほうが多いです。

そして不都合の変化が何回も連続してやってくるとか、大きな不都合な状態がやってきたときに、瞬間的に負のオーラを出してしまうリーダーがいます。

どうしても、思い通りにいかないときにムカついているという雰囲気を出してしまう人がいる。

でも、上になればなるほど、それはやってはいけません。負のオーラは伝線するのです

大切なこと

なにが大事かというと、リーダーが笑顔を忘れないことです。少なくとも、ちょっとした変化で負のオーラを出さないというのは絶対です。

負のオーラを出すリーダーの人には、負のオーラを出す部下しか集まらない。だから、やってしまったと思ったらすぐに直しましょう。

気持ちをすぐに切り替えることができれば大したものです。そこまでできるリーダーはなかなかいません。

リーダーの資質や心構えは、悪い変化を予測するということです。そもそも、不都合な状況があり得ないと思ってはいけないんですよね。

そして、部下や後輩にこの人のためにがんばろうという貢献意識を生み出すには、いい意味で明の明るさが必要です。

すぐに動揺するリーダーだと、心配でしょうがない。

どんな立場でも人を導くことがあると思いますので、不都合な変化も笑顔でどっしりと受けいれて的確な指示をする、安心感を与えられる指導者になりたいものです。

リーダーに必要な戦略と戦術

戦略と戦術は、それぞれ英語ではstrategyとtacticsです。

軍事用語として、戦略が戦いに勝つために兵力を総合的・効果的に運用する方法で、戦術が戦いに勝つための兵士の動かし方など、実行上の方策のことをさします。

戦略と戦術とは

例をあげますと、戦術では、砲で相手の戦車を破壊し、敵戦車の数を減らします。

戦略では、戦車工場を破壊し、戦車の製造をできなくさせ、戦争の流れを味方に有利なものにします。

なので戦術面よりも戦略的に勝たないと、本質的な勝利ではないのです。

ちなみに、ビジョン > 戦略 > 作戦 > 戦術 という大小関係が存在します。 また、戦術より小さな単位を戦闘とする考えもあります。

戦略と戦術の意味

現代では、上記の意味から、組織などにおける将来を見通した方策や、目標を達成するためのシナリオが戦略。その具体的な手段を戦術といっています。

簡単に言いますと、どのような方針で戦うかが戦略、具体的にどんな手を使うかが戦術です。

リーダーはこれについて、ほかの人よりも特に意識をして行動する必要があります。

戦略と戦術の例

サッカーで例えるなら、戦略はどのような選手を獲得するか、練習メニュー、オフはどうするか、選手運用はどうするかといったことです。

一方で戦術は、試合でのシステム、フォーメーションはどうするのか、選手交代はどうするのかといったことになります。

ダイエットを例とすると、戦略はどうやって体重を幾らまで落とすのかです。例えば、食事療法なのかトレーニングなのか。

戦術は、食事なら◯◯ダイエットとかの具体的なダイエット方法。トレーニングなら、ジムに通う、ジョギングする、腕立て腹筋とかのやはり具体的な方法ですね。

まとめ

ここまでリーダーの心得と知っておくべき戦略、戦術について書いてきました。

正しく戦術と戦略を立て、リーダーとしてほかの人の見本になるような態度を意識することで、よりよいリーダーになっていただければなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です