マーケティングの活動計画とは!マーケティングがどのようなものかあまり分からないという人へその概要や重要性について紹介!

今日は、よく聞くけれど正直あまりわからない、そんなマーケティングというものについて話していきたいと思います。

マーケティングとは

マーケティングという言葉自体は、聞いたことがない人はいないかもしれません。

その言葉としては、商品などを販売するにあたっての、一連の政策の総称となっています。

マーケティングについての考えかたは様々なものがありますが、ここではぼくの考えかたの話をしていきたいと思います。

会社のマーケティング

アメリカのマーケティング権威といわれている、ピータードラッカーという人はとても有名ですよね。

そんな彼は、マーケティングとはセールスをなくすことだと言っています。要するに、売り込みをする必要をなくせということです。

自然に消費者が商品を欲しいと思う、そんな状況を作るのがマーケティングだと彼は言っているのです。

奪い合い

いわゆるマーケティングとは、知名度の奪い合いです。

たとえばハンバーガーといえば、なにを連想しますか? サイクロン掃除機といえば、なにを連想しますか?

ハンバーガーは、ほとんどのかたがマクドナルドとお答えになります。そしてサイクロン掃除機といえば、ダイソンとお答えになるかたが非常に多いです。

ただ、マクドナルドのハンバーガーが世界一おいしいかというと、そうではないですよね。

また、ダイソンよりも吸塵力のいい掃除機というのは、日本製で実際にいっぱいあるそうです。

これらが有名な理由は、商品の良し悪しよりもマーケティングの力が高いかどうかなんですよね。それが高いと、多くの人が商品を連想してくれるようになります。

マーケティングの活動

奪い合い以外では、あなたの商品やサービスに興味を持ってくれる人と出会い、わかりやすく説明するのもマーケティングの活動です。

特に人を集めることが特に重要で、社長の仕事の中心はマーケティングであり、商品ではないというダン・ケネディというアメリカのマーケッターの言葉があります。

彼は、アメリカプロアクティブの今の販売方法を考えた人ですね。初回無料とか、そういうことを確立したかたです。

社長は集客活動をしなければいけないんです。どんないい商品や人材を扱っていても、人が来なければ意味がありません。

商品は、顧客を満足させるため、顧客を集めるためのツールにすぎないという考えかたが大事というのが彼の意見です。

マーケティングをするために

もし、あなたがマーケティング活動をしなければどうなるのでしょうか。

あなたの商品、サービスは誰も知らないわけです。どんなに素晴らしい商品でも売れませんし、価格競争にも巻き込まれてしまいます。

価格競争をしない

価格競争に巻き込まれるとは、ご自分の商品の長所を説明できないがために、価格で勝負してしまうということです。

結局値段で勝負してしまうので、価格競争に巻き込まれてしまいます。

忘れられないために

さらに、リピートしてもらえるかどうかというのもとても大切な要素になります。

リピートをしないというのは、大体お店のかたは味が落ちた、サービスが悪かったのではないかということを心配しますが、お客さんに忘れているだけなんです。

だから、忘れられないようなマーケティング活動をするべきなんですよね。

時代に合った手法を

マーケティングは時代に合った方法で行うことが一番いいといわれています。

つまり今の時代なら、インターネットを使ったほうがいいんじゃないかということです。

たとえば代表的なのは、ホームページなどを使って、ターゲットに向けて発信していくことですよね。

誰になにを売るかではなくて、商品を誰に売るのかが大事だということです。お客さんというのは、商品を使った結果が欲しい。

だから、たとえば「○○に悩んでいる●●様へ」とか、そういったことを発信しないとなかなか見てもらえません。

計画を立てる

そんなマーケティングの計画を立てる際には、決して手を抜くことなく、全力でそれに取り組まなければなりません

まず、マーケティングのゴールを設定し、そこへ至るまでの具体的な流れを把握します。そしてプロセス、計画を立てるのです。

ゴールから逆算して細かく設定する手順は、それを理解してすぐに実行することができるような、簡潔で前に進む実感を得られるものがよいでしょう。

まとめ

マーケティングの概要や特徴、方法などについてここまでみてきました。

商品を売るうえで非常に重要なマーケティングについて意識するとともに、ここに書いたことを参考に取り組んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です