自信をつけるには成功体験!自身が無い人に知って欲しい、小さな成功を積み重ねる効果!

今日のテーマは、小さな成功体験を積み重ねましょうということになります。

自信

自信がないと感じている人は決して少なくありません。なにかがあるたびに、そういう人は私にできるのかな、などと考えてしまうんですよね。

自信とは

自信っていう言葉を考えてほしいんですけど、自分を信じるって書くと思うんです。

なので、自分を信じる力が弱まってしまったりとか、自分を信じることができないから自信っていうのを失ってしまう。

すると、自分ってやっぱりできないのかなとか、俺ってダメだなっていうふうになってしまうと思うんです。

その時は、どうやって自分を信じる力が失われていくのかとか、逆にどうやって信じられるようになるのかっていうことを考えてほしいと思います。

人を信じる

まず人を、他人を信じる時のプロセスについて、どういった時に他人を信じるのかっていうのを考えてほしいんです。

みなさんは、どういった時にこの人信用できるなとか、信頼できるなとかっていうふうに感じますか。

例えば、発言、言ってることと、行動、やってることっていうのが一貫してる人っていうのは信頼できたり、信用できるかなと思えたりすると思うんです。

じゃあ逆に、例えば朝の7時30分に集合って言ってたのに、なんの連絡もなくて7時50分ぐらいにごめんとか言って遅れて来たら、その人を信用できませんよね。

信用を失う

そんなことがあると、多くの人はなんだろうこの人、ちょっと微妙だな、そういったことを感じます。

そうすると、信用とか信頼っていうのではやっぱり弱まっていったり、できなくなっていくと思うんです。

他人が言ったことややったことをちゃんと守ってるか、なので約束を守っているかどうかが、とても重要なプロセスになります。

約束の重要性

自分が言ったこととかやったこと、それを守れるかどうか。これは他の人の信用と自分の信用どちらにもかかってきます。

自信に繋がる

なので自分が決めた約束を守れるかどうかっていうのが、自信に繋がっていくっていうふうに感じるんですよね。

自信をつけていくために約束を守る、これを意識していただければなと思います。

どんな約束をするか

なにか大きな約束をしてしまうと、それが守れなくなった時に、やっぱり自分ってダメだったんだなとか、これって本当にできるのかなっていうふうに思っちゃう。

それでは自信に繋がらないどころか、マイナスですよね。

だから最初はやっぱり小さな約束です。自分でも飛び越えられるような30センチぐらいの小さなハードル、それを探して守るようにする。

これだったらできるなっていうところ、ものからやっていってほしいなと思います。

なぜ大きな約束をしてしまうのか

自分を過大評価してしまっているのか、どうしても大きい約束を守れると思ってる方がいる。

その理由は難しいのですが、約束とか目標とかを立てる時に、ちょっと無理するかなぐらいの目標を立てる、そんな方がやっぱり多いんですよね。

なので、それが守れなかったために自信を失ってしまうような人もまた多いのです。

やっぱり自分のできるものというか、越えていけるような約束っていうのを守っていくことで少しずつ、確かな自信を積み上げていってほしいと思います。

目標は大きくともよい

目標について、人によっては達成できないような目標を立てなさいっていう人もいるし、やっぱり実現できるような現実的な目標を立てなさいって人もいる。

ぼくは、そのどちらがより正しいというわけではなく、二つとも必要なんじゃないかなと思うんです。

自分ではちょっと達成できないような大きな目標を立てると、自分一人の力ではできないかもしれません。

しかし、すると一人二人と、自分の目標やビジョンに対して応援したいなっていう人が近寄ってきてくれるんですね。そして、それをサポートしてくれる。

目標の大きさによって、集まってくるような人の数も変わってきます。

例えば年収3千万のような自分の小さな目標で、自分の欲を満たすためだけにサポートしてほしいって言っても、誰も近寄ってきませんよね。

だから、周りの人とか人の役に立ちたいとか、価値を提供したいとか、そういった気持ちがあった場合には大きなビジョンになってくると思います。

両方を使い分ける

しかし、そういった大きなビジョンだけだと、やっぱり今の自分の実力とかも考えるとなかなか難しいところもあるはずなんです。

なので、それを達成するためのステップとして、小さな目標っていうのも設定していくといいんじゃないのかなと思います。

また、短期的に見て結果を出したい場合には小さな目標を、長期的に見た場合大きな目標を持つといった使い分けも大事です。

そして長期的な大きな目標の場合であっても、達成できるような小さい目標をコツコツ積み上げていくことによってその達成に繋がります。

なので、達成したいことがどんなことであっても、小さな目標と大きな目標、両方ともを持つ必要性があるかなと思っています。

まとめ

今回は、目標を立て小さな成功を重ねようというテーマについて話をしてきました。

成功体験を積み重ねることで、それを自信に繋げていただければと思います。

ここまでありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です