老人ホームで働きたいあなたへ!おすすめしたい仕事5選

医療職や介護職は “誰かの役に立てる”やりがいのある仕事でもありますし、日本が今後超高齢化社会になるにつれて、より需要も伸びていく仕事だと言われていますよね!

例えば老人ホームだけでも「看護師」「作業療法士」「理学療法士」「精神保健福祉士」「介護福祉士」などの仕事があるとか。

でも医療職や介護職を目指したいけどどんな違いがあるのか、仕事内容や将来性などイメージがわかずに迷っているあなたは是非参考にしてみてくださいね。

看護師とは

老人ホームでの看護師は少人数制で回す場合がほとんどになるそうで、なかなか大変な仕事ですよね!

誰もがイメージするような通常の病院での仕事内容とは業務が大きく異なるようです。

看護師の仕事内容は?

看護師の仕事は利用者の健康チェックや日常的に必要な医療行為、何か体調に異変が合った場合の応急措置や病院に運ぶかどうかの判断や付き添いなどの仕事を幅広くしています。

老人ホームでは看護師を中心とした行動が求められることもありますので、責任のある仕事でやりがいもありますね。

老人ホームではバイタルチェック・食事管理・薬の管理なども看護師の仕事です。

看護師の将来性は?

老人ホームに看護師は必ず常にいないといけないこともあって、今後の看護師の需要も高いといえるのではないでしょうか。

介護職も経験がある看護師だとより需要が高くなるそうで、狙い目でもありますね。

作業療法士とは

こころと身体の両方から患者さんのサポートをするのが作業療法士の仕事です。

利用者が社会に“適応する心”と“リハビリ”を通して回復のお手伝いをしてくれます。

作業療法士の仕事内容は?

作業療法士は老人ホームの中でスポーツや遊び、食事・料理・掃除などの日常生活を訓練することや、遊びや創作活動を通して趣味や特技を一緒に見つけ出してあげる仕事です。

社会に復帰する為に患者さんの生きがいを発見できるようにサポートするなど、患者さんを心から笑顔にする仕事でもありますね。

作業療法士の将来性は?

作業療法士は活躍できる幅が広いので今後もより需要が高くなるようで、老人ホームに関わらず求人は現在でも多く、常に人手不足だと言われているのです。

理学療法士とは

理学療法士は基本的な動作を回復させること、悪化しないように予防するのを目的に利用者のサポートをしている仕事です。

例えば病気による後遺症で悩んでいる利用者に対して、一緒に運動しながら身体が回復するのが理学療法士の仕事です。

利用者の筋肉を強化してあげること、基本動作である起き上がりや座ったままの姿勢から起き上がること、歩行訓練や車椅子に乗って移動するなどの作業ができるように一緒になって訓練しているのです。

理学療法士の将来性は?

作業療法士よりも働き口は少なくなってしまうといわれてはいますが、プロスポーツ選手などのリハビリもできるので医療や福祉だけでない活躍の仕方も期待できる仕事です。

精神保健福祉士とは

精神障害者に対して特化した援助やサポートを行う仕事です。

精神的な疾患を持っている患者さんが老人ホームで快適に過ごせる環境作りや、社会に順応できるように生活支援や相談にのってサポートしています。

精神保健福祉士の仕事内容は?

精神病院に入院し退院した後に患者さんが社会復帰をできるようにトータル的なサポートをしています。

患者さんの家族とも連絡を取りながら今後の方針を計画して立案する活動など精神疾患を抱える患者さんにとってなくてはならない存在ですね。

精神保健福祉士の将来性は?

精神疾患の患者さんは年々増加傾向にあるといわれています。

それなのに病棟のベッド数が少なく長期でサポートできないのもよく耳にする話ですよね。

精神保健福祉士は将来的により需要は伸びていくと予想されている仕事です。

介護福祉士とは

介護職のリーダー的な存在として幅広い分野の仕事に携わることができる仕事です。

身体的な介護や、食事や入浴・車椅子の移動などを通して、利用者の生活をサポートしています。

介護福祉士の仕事内容は?

介護福祉士は利用者の身体的な介護や、利用者や家族からの介護の相談やアドバイス、生活に関わる身の回りのお世話など、幅広い分野を仕事内容としているそうです。

介護福祉士の将来性は?

介護職の仕事は人手不足ですし、介護福祉士の将来性は約束されたものとも言えるのではないかと言われています。

まとめ

「作業療法士」「理学療法士」「精神保健福祉士」「介護福祉士」など老人ホームでの需要はもちろん、いずれも今後より需要が伸びていく仕事でもあります。

困っている誰かの役に立ちたい!そんな思いが生活ができずに困っている人や、病気やケガで苦しんでいる人を助けることにつながります。

国家資格でもありますので難易度は高いものでもありますが、一生涯働ける仕事だといえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です