戦略や戦術の作り方〜「計画」や成功体験を得るために必要なこととは

戦略や戦術って何?同じこと?この二つは全く違うの??

そんな初学者から、上手い「計画」の立て方や作り方がわからない、そんな人まで。

この記事を読んだら戦略や戦術の本質や、それに沿った計画の立て方の全体像がわかるように書いていきます。

戦略とは何か

戦略とは何か、「戦略とはズバリこれだけ抑えましょう!」なんて書きたかったんですが、それは不可能です(笑)

理由としては、戦略とは多角的に見ないといけないんですね。

以下にその内容を書いていきたいと思います。

戦略とは”掘り下げた”ゴール

まずはこれからいきましょう!

戦略とは多角的に掘り下げたゴールです。

見るべき箇所を書くと、

・ゴールは明確に何なのか
・ゴールは「いつから〜いつまで」か
・ゴールの後、「その先に役立つか」
・ゴールは数値化できるか

といったものになります。

戦略とは追いかける指標

指標を抑えた上での成功には何が大事か、何が勝敗を分けるのかを、あなたは見抜く必要があります。

指標を見抜いて、その指標を日々向上させ、相手を上回りましょう。

その際に必要な指標とは

・「戦略と戦術」を繋ぐもの
・「計画での最重要重視項目」
・「スキル」として磨くべき値

などです。

指標=スキルとして、向上すべきところとなります。

この指標を「一つ一つの積み重ね」によって、日々向上させることで主導権をとることが可能になるのです。

戦略とは、ムダのないゴール

これは上に被りますよね(^_^;)

ですが、大事なことなので、上とは別に記述しておこうと思います。

ムダ、ムラともいいますが、とにかく無駄な努力はしてはいけません、時間は有限です。

さらに、若い時代はあっという間に過ぎ去ります。

だからこそ、「闇雲」に努力するのでなく最短の行き方〜努力を辿って欲しいのです。

歴史上の人物を見ると、信長は東日本でなく京を、マッカーサーは飛び石的に日本本土を目指しました。

「何を捨てるか」ってとても大事です、捨てる箇所は徹底して捨てましょう。

戦略とはやるべきことを順序立てること

これは「計画」になります。計画に関しては下に詳しく書きますので、ここでは必ず持つべきマインドについて書きたいと思います。

まず、「物事にショートカットはない」ということを知り、「やるべきことを下から必ず丁寧に積み重ねる」ことをあなたに強く勧めたいと思います。

結局のところ「物事に王道はないわけで、「今やれることを一つでも多くやる」しかないんです。

これらのマインドは「必ず」持ち合わせている必要があります。必要なことを、順を追って積み重ねていきましょう。

戦術とは何か

戦術とはスキル+作戦で決まります。

スキルに関しては下記に記述しますのでまず、作戦において考慮すべきことを記述します。

作戦で考慮すべきは4点

①こちらの強み〜弱みは何か
②相手の強み〜弱みは何か
③戦う場所はどこか
④時間はどの位なのか〜

自分や相手のことは勿論、その他にも目を配る必要がありますね。

不安は情報不足からも発生します。情報を集め→分析して作戦を作る、それによってスタートラインに立てます。

賢い方はお気づきでしょうが、正確には”6つ”把握する必要がありますね(笑)

スキル要請の方法とは

「スキルを身につけよう!」なんてよく聞く話ですが、「じゃあ、具体的にどうするんだよ」って話になります笑

ここらに関しても、しっかりと解説します。

スキルを身につけるとは

スキルを身につけるとは「定石」を身につけるってことなんですね。

例えば、空手の”型”などのイメージです。型を身につけるのは、何よりも「最優先」にして下さい

へんなこだわりがある人は、この段階で”自己流”に行きがちですが、必ず”型”を先に身につけましょう。

その方が、上達が段違いに早いですから。

スキルを身につけるたった1つの方法

これは、量をこなすこと以外には「決して」ありえません。「反復→継続→熟練」以外にはありえないんですね。

何をするのかを明確にする。「どの型を身につけるか」「暗記すべきことは何か」そういったことを意識しましょう。

スキル、それでもやれ

とにかく、あなたがスキルを身につけたいなら100回、200回、300回と「合法的」に積み重ねるしかない。

なので正しい型をひたすら反復、それを毎日、続けましょう。成功するまで毎日繰り返しましょう

空いてる時間があれば、行動してデータを積むか、”対戦相手”を研究する。決断力を下支えがするのは日々のトレーニングです。

スキルを身につけるためのトレーニングが、何かを決めて何かを断つ、決断力の訓練にもつながります。

量を積むためには

まずは目標を立てましょう、何が最終的なゴールなのか、何をする必要があるのかを決めて取り組むことが大切です。

成功体験が手に入らないたった一つの理由、戦いに負ける理由は、「心が先に折れる」からなんですよね。

トレーニングは自分との戦いで、不可欠なことです

スキル要請に「王道」はありません、やれることを毎日積み重ねて下さい。

計画をする

毎日1日1日、「計画を立てる」を「積み重ね」上げていくことが大切です。

上に書いたように、計画は「スキル」を作るために行います。

計画の立て方のコツ

まずは、ゴールを愚直に作りましょう。ゴールを決める際に気をつけるのは以下の4つです。

①「どこまでやればokか」
②「いつから〜いつまで〜何時まで」
③「プロセスを筋道立てる」
④「なぜこれをするのか〜この目標達成は次に何に通じるのか」

これらだけで基本的にはokです。

計画に取り組む時に一番大事なこと3
計画履行の「カギ」は、集中力です。これは譲れません、絶対です。

ぼくたちの時間は有限なわけですね。まして、若い時代はあっという間に過ぎ去ってしまいます。

以下には、1日1日〜1分、1秒を大切に生きていく「工夫」などを書いていきたいと思います。

集中力がないと

これは戦術にも被りますが、計画を立て素早く(集中)、機動(行動)することを意識して下さい。

少し抽象的なことですが、この積み重ては「有利なポジションをとる」為のものです。

素早く動いて、有利な環境を作る、有利な条件を得ることが目的となっています。

逆に言えば、これらを意識しないとあなたは「モノ化」してしまいます。

何も考えていないってのは、あなたを確実に悪い方向で蝕みます。なので上にも書いたように、1日1日〜1分、1秒を大切に生きていただきたい

でないと100%あなたの人生は「モノ」化されてしまいます。

集中力を高める一つの方法

ぼくのなかで、計画達成に関して法則があるんですよね!以下に説明します。

それは計画達成力=集中力「指標」+分割「工夫」です。つまりは、「集中力+分割」=達成力ですね。

これですが、まずは何をするのかをより、より明確にしてほしい。つまりは計画ですね。

具体的には、集中する時に取り組むべきことがらを分割してほしいんですよね。

自分で小さくして「一目化」して「ああ、これだけしたらいいんだ」とわかれば気持ちも楽です。

自分で「これだけやればいいんだ」って説明できる位まで消化できていたら、あなたの「正しい積み重ね」に必ず役立つはずです。

いわゆる「睡眠が大事」とかの当たり前系以外ではこのことを意識して下さい。

計画とは全体像の把握からの逆算

ゴールを把握した上で、必要な要素を洗い出して、何を積み重ねるかを「明確」にしておくことが大事です。

やり方、プロセスはゴールと同じく様々な角度から「必ず」掘り下げて、計画を立てる。

負担を減らすには「自分の手で5分位で終わるように最小化や単純化をしていく」ことが大切です。

自分なりの成功パターンを

ゴールと計画を先に立てて行動し、成功〜失敗からデータを取得、するべきことを明確にして、それを成功するまで継続しましょう。

コツは、成功するまではひたすら量を重ねることです。

よく「効率よくやる」なんてあるけど、それを信用してはいけないんですよね。大半の「効率よく」は「楽したい」とは別のものですから。

習慣化のススメ

人は面倒なことから逃げる生き物です。

だから、習慣化の力を借りることで自分に縛りをかけることが大事

成功まで、結果が出るまで取り組むしかないのです。

まとめ

ここまで、戦略や戦術についての概要と、その知識を使って計画を立て、成功をつかみとろうという話をしてきました。

努力を積み重ねるという大変な部分では、上でも書いたように工夫などもしてその辛さを減らしつつ、計画の達成を目指してもらえればと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です