頭がいい人の決断力とは何だろう?様々なケース別に解説するよ!あなたはどっち側の考え方だろうか?

頭がいい人は決断力がある、「無駄を切って一つのベストチョイス」をするという作業が上手いんですね。

今回は、そんな頭のいい人の決断力についてみていきたいと思います。

頭がいい人とは

勉強ができる=頭がいいとは限りません

頭のよさ

人の目や表情を見て、何を考えているのかなど相手の感情を見極められる人は凄い頭がいい。

つまり洞察力です、そして勘が鋭い方、そういった人は頭がいい。

また、頭がいい人は、「競争する相手は他人ではなく、自分である」と考えます。

一方で馬鹿な人は、「競争する相手は、自分ではなく、他人である」と考えるのです。

物事の進め方

頭のいい人と悪い人では、物事の進め方も違います。自分自身や置かれている状況を俯瞰して客観視できるかどうかが重要です。

頭がいい人は、周りの状況をよく見てて頭の中で段取りをきちんと組める人となります。

頭が悪い人は、周りを見ず自分のことだけを優先に考えて、自分の気に入らないものは全て握り潰す人になってしまうでしょう。

失敗について

頭の良い人は、失敗があった際にはそれをいかして作業の軌道修正をして、さらに良くなっていく人です。

頭の悪い人は、失敗をしてもそれを省みるようなことをしないため、同じ失敗を繰り返すことになります。

物事の捉え方

物事の本質を捉える人が頭の良い人、物事の枝葉に捉えられてしまうのが頭の良くない人です。

状況判断力・即対応力・先見の明があって、その時点での自分が取るべき行動を見極められるかどうかが分かれ目となっています。

知識しかない人は、頭がいいとは言いません。頭の良い人は自分独自の考えを持ち、即座に判断ができる、そういった人なのです。

頭がいい人の特徴

頭がいい人の特徴について、ここからは見ていきます。

他人を大切にする

頭が良い人ほど、人をないがしろにするようなことはありません。自分一人では限界があることを知ってるからです。

頭が悪い人はその逆で、いつまでも自分一人でへそを曲げていて、最後まで独りよがりを貫いて死んでしまう。

自分の得意なことを把握できる

自身の能力を把握し、それを活用できるのも頭がいい人の特徴です。

絶対値の高さ低さというのはあまり大きな問題ではないのです、それよりも自分の得手不得手をしっかり把握できるかどうかが問われるんですね。

人に伝えることができる

頭がいい人は、ユニークな考えで人の度肝を抜くようなアイディアを出せたり、いいタイミングで知識を扱える人

頭が悪い人は、人とアイディアや知識を共有しない人です。

これは社会的認識だと思うのですが、たとえ知識があってもそれを伝達できない人は必要とされません。

頭がいい人=難しいことを簡単に説明できる人、頭が悪い人=簡単なことを難しく説明する人なんですよね。

違った目線

人より知識がなかったり、考えることが苦手な人でも、天才的なアイディアを出す人はいます。

そんな人は、与えられた情報の処理能力や先人の教えを先入観なく盗む力が高い。

第三者視点で物事を見る眼があり、そこから学習することができるんです。

物事を人とは違う角度で見たり、考えたりできる人が頭のいい人となります。

頭のいい人の例

ここからは、より具体的に頭のいい人について考えていきたいと思います。

記憶の仕方

例えば頭のいい人は、教科書を1ページずつ、記憶の中でめくることができます。

ものすごく多くの情報であっても、それがまとめられているので簡単に、いつでも引き出すことができるのですね。

逆に頭の悪い人は、記憶の仕方が違うために一度に少ししか引き出せません。

実験の仕方

何らかの実験などの研究をするとします。

すると、頭が良い人は実験をやる前に予想される結果やそれを確かめる方策についてシミュレートをするので、一つの実験から多数のデータを得られます。

さらに予想外のことが起こった場合も対応でき、その次はどうするべきかなど考えることができるのです。

頭の悪い人は、言われたとおりに実験をしても、結果の意味や次の展開は全く考えられません。

彼女を作る場合

頭の悪い人、バカな人を一言で言えば「鈍感」です。

自分で自分のことを分かっていません。だから、「彼女できません、どうしたらいいですか??」とか、情けないことを聞いてます。

頭の良い人を一言で言えば「賢明」です。

自分で自分のことくらい分かっています。なので、上に書いたようなマヌケな質問などしません

自分に魅力があればできるし、魅力がなければできないだけ、という基本を分かりきっているので、自分磨きの努力をしてます。なので彼女もできるのです。

「鈍感か??」「賢明か??」の違い、極端な話、この一行で終わりますね。

デートの会話でも、相手のレベルに合わせて話ができる人とできない人がおり、それによって彼女と長続きするかどうかが変わってきます。

まとめ

ここまで書いてきたこと以外にも、己の弱さを心身ともに認識し常に前向きかつ謙虚であるか、身の程を弁えず自慢話と他人の批判しかできないかなど。

そういった頭のいい人と悪い人の違いは、まだまだたくさんあるでしょう。

みなさんもそういった違いを意識して、頭のいい人の考え方ができるようになることを目指していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です