LINEで脈ありか男性が判断する方法は?気になるあの子と関係は?診断基準を10個紹介したい。

気になる彼女とLINEを交換して舞い上がっていても、相手が自分に脈ありなのか、気になる男性も多いはずです。

いざLINEをしても、最終的には返信がなくなってショックで落ち込んでしまう男性も多いことでしょう。

今回は、そんな女性の気持ちがわかる、LINEで脈ありが判断する診断基準を紹介していきます。女性は思いを言葉で伝えるのが苦手な方が多いので、参考にしてみてください。

LINEで脈ありか決める10個の診断基準

気になる女性とLINEをしているときに、相手が自分のことをどう思っているのか気になることはないでしょうか。

実は、LINEの返信次第で、脈ありか判断することができます。その診断基準を10個紹介していくので、参考にしてみてください。

1.気遣ってくれる

社会人になると、相手を思う言葉が多くなるのは当然のことなのですが、LINEでわざわざ伝えるというのは、本当に心配しているときや気遣っているときしかありません。

そのため、「お疲れさま」・「体調大丈夫ですか?」など、気遣いの言葉が多く送られてきていたら、脈ありの可能性があります。一つの基準として参考にしてみるといいでしょう。

また、向こうから先に気遣いの言葉が送られてきていたら、意識して送られていることには間違いないでしょう。

しっかり返信を送って、こちらからも気遣いのLINEを送ってあげましょう

2.メッセージの次にスタンプが送られてくる

単純にメッセージだけが送られてきた場合は、プッシュ通知からメッセージの内容を確認したあと、そのまま返信を送ることができます。

しかし、2回連続返信がきたときに、2回目がスタンプだった場合、LINEを開けないと内容を確認することができません。

それは、女性がメッセージをしっかり見てほしいという気持ちの表れだと言われています。本当に大切な人だと思ってくれているからこそ、メッセージのあとにスタンプが送られてきているのでしょう。

確かに、せっかく送ったメッセージをしっかり見ずに返されるのは、ショックなはずです。それは脈ありだからこそ、そういった行動をしてきているのではないでしょうか。

3.最後に「また」というメッセージ

メッセージの最後に、おやすみの他に「また」というLINEが送られてきていれば、明日も連絡したい、LINEがしたいという女性側のアピールです。

他にも、女性側からの質問でLINEのやり取りが終わっているときも、また連絡が取りたいという意思表示だと言われています。

「また」と女性側からの質問で終わっている状況であれば、脈ありサインとして前向きに捉えてもいいのではないでしょうか。

4.女性が主導的にメッセージを送る

男性側からメッセージを送らなくても、女性から主導的にメッセージが送られてくれば、脈ありのサインです。

特に何気ない「おはよう」や「今日も頑張ろう」など、他愛のない話であれば、何かしらの繋がりを求めている傾向にあります。

他にも「聞いてほしいことがある」・「相談したいことがある」など、感情的な話をしてくるときは、自分の気持ちを共有してほしいという女性側からのアピールの一つです。

親身になって話を聞いてあげれば、女性にとって大切な関係を結べる人として認識されることでしょう。

5.特別扱いするメッセージ

友人や知り合いとして送られてくるメッセージではなく、特別扱いするようなメッセージが送られてきていれば、脈ありのサインです。

「こんなに優しいのはあなただけ」といった言葉や「他の人には話さないけど」といった信頼している証拠となるメッセージが送られてきていれば、あなたを特別扱いしているということでしょう。

特別扱いされているということは、さらに親しくなれるチャンスなので、真剣に話を聞いてあげて、返信もしっかりしてあげると対応も完璧です。

6.女性から質問が多い

お互いの関係が浅いときにありがちなことですが、女性から自分の過去のことを質問されることが多い場合は、あなたに興味があるという意志表示の表れなので、脈ありといえるでしょう。

出身やどんな子が好きなのかなど、プライベートな質問が続けば、さらにお近づきになれるきっかけになるので、質問には真摯に答えてあげましょう。

興味がない相手に女性は質問しないので、質問が多ければ期待していいかもしれません。

7.写メが送られてくる

女性が自分の写メをLINEで送ってくる場合は、体験したことをあなたと共有したいという気持ちの表れです。

女性は大切な人とは思い出や体験を共有したいという気持ちがあるので、写メが送られてきた場合は、脈ありと捉えていいでしょう。

送られてきた写メにしっかり反応してあげて、感想を言ってあげると喜んでくれるはずです。

8.会話に同調する発言

自分が話をしている内容に、同調してくれるような発言は脈ありのサインです。例えばこの前あった出来事の感想に対して「私もそう思う」や「確かにそうだね」など、意見に肯定するよう発言は好意の表れでもあります。

肯定してくれる発言をしてくれるのであれば、話も盛り上がるので、サインを見逃さずに脈ありか判断していきましょう。

9.返信が早い

LINEを既読してから返信までのスピードが早いということは、あなたのLINEを持っていて、やり取りをしたいと思っている証拠です。

気になる相手だからこそ、話をしたいし、話を聞きたいと女性は考えているので、既読や返信のレスポンスが早ければ脈ありと思っていいでしょう。

すぐに返信してもらえれば、もちろん脈ありですが、大体の目安として10分くらいの感覚でLINEが送られてきていれば脈ありのレベルです。

10.新しく購入したスタンプが送られてくる

誰でも新しいスタンプを購入したら、見てもらいたいと思うのは当然です。特に親しい人間や仲良くなりたいと思っている人になら、なおさら見てもらいたいでしょう。

そのため、新しく購入したスタンプだけを送られてきたら、脈ありの可能性があります。購入した嬉しい気持ちをあなたと共有したい気持ちの表れなのでしょう。

スタンプがくれば、スタンプで返してあげて、なぜ送ってきたのかさりげなく聞いてみてください。

友人関係から脈ありに昇格するためには?

友人関係であるほど、脈ありな存在になることは難しいでしょう。しかし、諦めることはありません。

脈ありになる方法を解説していくので、参考にしてみてください。

1.いいところをほめてあげる

友人関係から脈ありに昇格するためには、まず好意が自分にあることを伝えないといけません。しかし、ストレート過ぎる表現では、友人関係も壊してしまう恐れがあります。

うまく好意を伝える方法としては、相手のことをほめることです。「目がキレイ」・「肌に透明感がある」など、ほめられると嬉しいポイントをついてあげると、さらに好感度はあがるでしょう。

具体的にほめて、相手も自分のことを意識するように行動を起こしてみてください。

2.相手のペースに合わせる

マイペースな女性に対して、急激なアプローチは逆効果になってしまうことがあります。そのため、早く仲良くなりたい気持ちはわかりますが、脈ありになるためにも、ペースを相手に合わせるようにしてみましょう。

相手のペースに合わせるということは、趣味も同じようなことを始めてみるのもいいかもしれません。

まずは意識してもらえるように努力してみましょう。

まとめ

LINEで脈ありか判断するための診断基準を紹介しましたが、基本的に脈ありであれば、女性から積極的に連絡があることが多いでしょう。

そのときに、どれだけ親身になって話を聞けるか、真剣に話を返してあげられるかが重要なポイントになってきます。

脈ありの診断基準を参考に、気になる相手にどう思われているのか、見極めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です