センスがない人の特徴とは何か?センスがないと言われた人が見返す方法とは

「センスが良い悪い」ってよく聞きますがセンスの正体って何だと思いますか?

いきなり今日は答えから述べましょう!

答えは「感じ取る能力」なんですね。センス良い人は他人から見られる視点持ってる人です。

センスがいい人は自分で「自分にセンスがある」とは言わない訳で。

つまりは、センスがある人とは自分を相手目線で客観的に見れる人なんです。

逆に言えば、センスがない人は自分中心なんですね。例えば街を歩いていたら独特すぎて、ダサい人いますよね。

そんな所になります。

これで終わると短いんでセンスがある、をより紐解いてみたいと思います。

相手目線〜ユーザーファーストとは何かを解説します。

生産者目線であるかどうか

あなたは生産者目線でどれだけ物事をみていますか?

物事の分析は多角的に

例えばミュージシャンなら、音楽を聴く時、その音楽の良さを自分の楽曲にどう取り入れるかという目線を持っているので、曲の構成、

MIX、歌い方など、非常に細かい要素に分解して受け取ることが自然とできますよね。

サッカー選手なら、サッカーの試合を観る時、選手のボールを持っていない時の動きや、フォーメーションや戦術の部分まで把握できます。

「自分がそれをやる」ものとして、普段から物事をみれていれば、学びが圧倒的に深くなる分、何をやるにしても強くてニューゲームができるんです。

インプットの質を高めましょう。センスの良い悪いは、知識の差でもあります。

アフィリエイトで稼ぐセンスについて

「アフィリエイトは言葉で人の感情を動かす技術」です。

これもいきなりさらっとできちゃう人は、普段目に触れる広告などから大量の情報を受信している人です。

電車の宙吊り広告とかちゃんとみてます?ネットであれば、Googleアドセンスの広告なんかもそう。

表現のヒントが実はたくさん詰まってます。そこにさらに、自分だったらこう書くのになとか、改善点を考える癖を持ってる人は強いです。

人を煽動したり洗脳したりするためのコンテンツって世の中に溢れてるんですよ。

それらをただ消費者目線で受け取ってるだけじゃただ餌にされて終わりです。コピーライター目線を持ってほしい

ブログという媒体で発信者を名乗っているのであれば、これらのコンテンツでの知識が必要です。

ジャパネットたかたから学ぶセンスの良さ

これは有名な話ですが、ジャパネットは”教育”コンテンツの構成が非常に秀逸です。大体こんな感じになってると思います。

興味付け→導入
共感→コンプレックス。悩みに寄り添う
教育 →サービスを利用すればあなたもこう変われる。
刺激→いまやればお得
行動→いまやらなくていつやるの
特典→さらにこんな商品もつけちゃう

ちゃんと方程式があるんですよ、何にでも。広告の裏で働いているロジックを見極める習慣を身につけておきましょう。

まとめ

センスとは知識量と経験の合計点であるとわかったと思います。

一見才能があって軽々とやっているように見えても、その裏には相当の知識と経験と努力があるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です