勉強でやる気が出ない理由と結果を出す心のエンジンの掛け方

ぼくたちは、勉強に限らず、ビジネスなどでも結果が出ないと不安とか焦り、ネガティブな感情が強く出ちゃうときがあると思うんですよね。

基本的になぜネガティブな感情が出てくるかというと、自分自身で否定的な言葉を使ったり、自分自身の価値を信じられない、自分はダメなんじゃないかって思ってしまうような、例えば外側からの情報がきっかけになるからです。

なぜネガティブな感情が出てくるのか

できないという言葉で自分がみたされてしまうと、ぼくらはネガティブになります。そのきっかけって外側の世界にあることが多い。

 

勉強でやる気が出ない理由

例えば受験勉強をしていたら難しい問題ができなかった、模試の結果が悪かった、人から何かを言われた、そういったものがきっかけになってぼくらは自分がだめなんじゃないかって思ってしまいがち

どんな言葉をかけるかによって感情は変わる

自分で自分にどのような言葉をかけてるかによって僕らの感情は決定されている部分があって。

自分へのネガティブな言葉が積み重なると本当に落ち込んじゃったり、俗にいうスランプになってしまうんですよね。

自分にポジティブな言葉を

だけど逆に言えば自分に対して良い言葉を使えば元気になっていく。まずその認識を持ってほしい。

一時的にネガティブになってもある意味それはきっかけがあって自分を責めてるだけであって、今その状態にある人はただそれだけなんですよね。

 

何を信じるかは自分次第①

例えば合格する・しない、できる・できないっていうのは最初から決まっているわけじゃなくて、さらに言うと未来のことってわかってるわけじゃなくて、誰にもわからないわけじゃないですか。

どう現状を捉えるかは自分次第

結局何を信じるかは自分次第じゃないですか。

合格できるって信じるのも自分だし、できないって信じるのも自分なんですよ。結局のところどっちにも根拠なんてない。

だって未来のことだからわからないんですよね。模試の成績が良かったり悪かったり、いろいろその理由というのはつけられますけど、未来のことってわからないわけですよ。じゃあ何を信じるかでしかない。

 

何を信じるかは自分次第②

今、合格できないんじゃないかって不安がある人にいいたいのは、何を信じるかは自分次第ですよ。

でも多くの場合、自分が信じた方にいくんです。自分の信じたもののほうに日々行動していくので、合格できるって信じたら行動するわけです。

できるって信じてるからやりますよね、できないって信じてることはやらないですよね。

できると信じるのかできないと信じるかによって人間の行動って決まってしまう。

そしてできると信じるのかできないと信じるのかは自由なんですよね。

結局未来のことだからだれにもわからないんですよね。でもできるって信じたら行動がついてくる

 

スランプによる悪循環

さっき言いましたけど、ネガティブになる人はできないとかダメだっていう風に自分に対して否定的な言葉をかけることによってスランプになるわけですね。

そうしたらスランプってことは勉強できないってことなんです。

結局できないっていう気持ちからスランプがうまれ、スランプによって勉強できないという状況がうまれ、

勉強時間が減り、結局それは合格から遠ざかっているわけです。

できるからこそ行動する

でもできるって思ってたら行動しますよね。どんどん行動するから合格という方向に近づいていくわけですよ。

成功体験がない内こそ自分を信じてあげよう

その自分できるっていう気持ちは1日1時間できるとか、1週間で成績が上がるとかそういうわけじゃなくて、

やらないといけないことはあるし勉強量は多いかもしれない、いろんな壁もあるかもしれないけど、自分だったら乗り越えられるんだっていう自分への信頼が大事

尚更、成功体験がない内は特にそうです。

何を信じるかは自由ですから、自分にはできると信じたらいい。

 

できないという思い込み

いまはできないっていう気持ちが自分の中で大きいかもしれないですけど、それは例えば今まで過去に誰かからこういったことを言われたとか、何か否定的な経験をして、

過去の1個の失敗を自分の中で一般化して自分にはできないんだとか自分はそういう人間なんだと思い込んでることが多い。

勝手に思いむのはただの主観

それが真実なんだって自分が思い込んでるだけなんです。

真実なんてものは実はなくて自分が何を信じているか、自分が何を思い込んでるかなんですよね。

自分に自信がないとか不安だとか言う人の多くの場合はできないことを信じてしまっている。

できないっていうことを信じちゃってるから、できない理由が生まれてくる。

 

ポジティブなものに触れよ

その思い込みが結局のところ自分を支配してしまって、それがネガティブな感情で、自分の可能性を信じられないっていうことにつながってしまっている

自分を信じてあげられるのは自分だけ

もし、自分ができないって思いこんでいる人は、自分の可能性を信じられるような何かに触れたらいい。

本でも個展でもいい。そういったものに触れていくことで自分の信念、自分が今信じていることって徐々に変えていける。

ネガティブな時は自分がダメなんじゃないかと信じているので、その信じちゃっていることを変えましょう、

より良い自分を前向きにしてくれるようなことを信じる。

その時は特にネガティブな言葉を見ない聞かない触れないっていう風にした方がいいです。どんどん悪い方向にいっちゃいますからね。

 

ポジティブなものに触れる

そういうときほどポジティブな言葉を聞いて、ポジティブな言葉を自分の中に取り入れた方がいいです。

そういった方向で自分を持っていくと、一歩踏み出してみようかなという気持ちになってきて前に向かっていけるので。

 

まとめ

自分ができると信じてください。自分はできる、大丈夫だと。

今多分この言葉を聞いているだけでもなんとなく、自分が楽になってくるっていうかちょっとポジティブになれるんじゃないかと思います。

少しでもこうやってポジティブな言葉を聞く。難しいことがあるかもしれないけど自分は乗り越えられるんだって言葉をきくことが重要なので、

もし自分の中にネガティブな言葉が出ちゃってる人は、ポジティブな言葉を常に

自分にかけてあげてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です