力技で仕事を前に押し込もう!パワープレイは周りを追い抜く為に重要な要素

今日はパワープレイは重要だよ、っていう話をしていきたいと思います。

この類の話をしたら、「やれパワープレイ?力技??違うでしょ、効率が大事」なんて声が聞こえてきそうです。

ですが、成功体験がない段階では、高い質なんてのは追い求めてはいけません。

スポーツや恋愛、勉強であれ、小さく目標〜ハードルを定めて、そのハードルを越える為に、時間やお金などをそこに、投入すべきです。

勿論、間違った方向に向かってパワープレイはしたらいけないのは、ぼく達はわかっていないといけません、!

正しいパワープレイや力技〜力技で仕事を前に進めよう、ゴリゴリ前に突き進もう、そんな話です。

 

質を担保してパワープレイする①

パワープレイっていうのは、具体的には量をこなすっていうことです。しかし、このパワープレイをする時には前提の条件があります。

それはどんな分野であれ、ある程度基礎や型はかためておいて、質が担保されている状態でパワープレイをするということです。

質が担保されているとは

この質がある程度担保された状態になることが大事になります。そのうえでパワープレイをしていこう、というのが今回の趣旨ですね。

では、質が担保されている状態というのはどういう状態かというと、記事の型ですね。

記事の型を学んだ、知っている状態。ひととおり学んだ状態。たとえば、記事が書ける、動画がとれる、マーケティングがわかる、という状態ですね。

だから、記事がかけない、動画がとれないという人は、量をこなしても意味がないわけですね。

だから、今回はパワープレイも時には重要だ、と言っていますが、あくまでも、質が担保されているときの話です。

それで、量をこなすことがパワープレイで大事だと言ってるんですけれども、量をこなすというのは、記事をかきまくるとか、動画をとりまくるとか、Twitterで集客しまくるとか、いろいろあります。

時には、これらをやらなきゃいけないんですよね。でも、このパワープレイというのは嫌がられるというか、やる人がすくないです。

基準値をあげる

しかし、実際にはやるべきなんです。なんでやるべきかというと、いろいろ理由があるんですけど、自分の基準値をあげるためです。

とくにネットビジネスをやっていると、サボりがちじゃないですか。今日どれだけの作業をするかは自分の裁量で決めますし、誰もしかってくれないわけですね。

そうなると、自分がやっているのはちゃんとした量なのか、というのが分からなくなるんですよね。自分がこなしている量が、多いのか少ないのか、それに気づけない場合があるんですよ。

自分ではたくさんこなしていると思っていたけど、いざパワープレイをして記事を書きまくってみたら、あ、こんなに書けるじゃん、みたいな。

 

質を担保してパワープレイする②

ぼくは、1日に記事を5つとか6つとか、書いていたときがあったんですけど、それをする前は、1日2記事かいたら、もう限界だ、と思ってたんですよ。

自分が思ってる以上に基準値は上にある

1日2記事すら、けっこう多いとぼくは思ったんです。でも実際に1日に5記事、6記事書くと、もっと書けるじゃん、と。

今までどれだけサボってたんだ、ってなったんですよね。だから、基準値をあげるためにも大事なんですよ。あとは単純に、はやく成功したいならやるべきなんですよ。

たとえば、ネットビジネスでかせぐには、seoが必須なんですけど、集客して、協力して、販売していくわけですよね。

その一連のながれを組んで、それでどんどん集客していくためには、自動でお金がはいってくると言えども、最初は作業が必要になるわけですよね。

それで、その作業が必要なときって、結局やらなきゃいけないわけなんですけど、作業する量はもともとあるわけじゃないですか。

今ある作業は今とりかかる

それを1日でやるのか、それとも1週間かけてやるのか、っていう話ですよね。

ネットビジネスは自動でお金が稼げるというのはたしかに、間違ってはいないんですけど、その言葉にあまえて、作業をしない人が多いと思います。

そういう人をごぼう抜きするために、1日で作業をとにかくたくさんやるべきなんですよね。

逆に、パワープレイをする人は少ないですし、型を知らないままパワープレイをしている人も多いので、ある程度の質が担保された状態でパワープレイをしたら、最強なんですよね。

 

質を担保してパワープレイする③

たとえば、つき並みな表現ですが、サッカーであれば、本田圭佑だけ無敵の体力を手にいれて、1日20時間練習ができるとしたら、めちゃくちゃ上達しますよね。

質が担保されていることが条件

でも、小学校でサッカーをしたことのない人が、コーチもなしに、毎日20時間サッカーの練習をしたところで上達はしないですよね。

それは質が担保されてないからです。本田圭佑は、シュートの仕方とかが分かっていますよね。ある程度型が分かって、慣れている状態です。

これが質が担保されている状態です。そういう人たちがパワープレイをしたら、どれだけうまくなるんだ、っていう話です。

 

質を担保してパワープレイする④

これはネットビジネスでも同じなわけです。質が担保されている状態でパワープレイをしたら、圧倒的にごぼう抜きできます。

やる人が少ないからこそ、まわりをごぼう抜きして、追いこせるという話です。ということで、パワープレイもたまにしていきましょうと。

もちろん、毎日パワープレイをしたら死んでしまいますから、それは危険なんですけど。

 

まとめ

最近自分はたるんでるなとか、やる気が出ないな、という日は、思いきってパワープレイをしてみることを、ぼくはおすすめしています。

というわけで、今回は以上です。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です