勉強のやり方がわからない?高校生へ東大生が送るやってはいけない勉強法

巷にあふれる勉強法指南の本やサイト。しかしそのほとんどすべてが「これをすべき」という、模範とすべき勉強法について述べたものばかりなんですよね。

それとは逆の、「失敗談」に基づいた勉強法の指南は、なかなか見つけづらいものです。

逆に勉強の失敗談からも、ぼく達は学ぶべきことがあるのではないか

そう思い立ち、塾講師仲間だった東大の友達に話を聞いたんですよね。その時に感じたメモ書きを今日公開します。

その人自身は勉強の成功者と言えるかもしれませんが、共に難関大学を目指す高校時代の同級生を見てきて、

「これはやってはいけないな」と思うような勉強法を多く感じ取ってきたそうです。

今回はその中でやってはいけない勉強法を3つ、ランキング形式で紹介していきます。

あなたは以下のような勉強法をやってしまってはいませんか?襟を正すつもりで見ていきましょう。

さらに最後には、Mさんおすすめの実践的勉強方法を紹介します。

高校生からビジネスマンまで、勉強のやりかたがわからないすべての人は必見です!

東大生に聞いた勉強法を慶應生のぼくが紹介します(笑)

勉強時間を目的にするな

「東大合格のために一日10時間勉強してました!」という合格体験記はよく聞きます。

しかし、先の東大出身者Mくん曰く、「勉強は時間ではなく、密度」とのこと。

つまり、短い時間にどれだけ自分の知らなかったことを得たか・実力をつけられたかが、勉強において肝なのだそうです。

ゆえに、「一日〇時間勉強すること」と目標を立て、それが目的となってしまうと、ただ時間のノルマをこなすことに重

点がおかれてしまい良くないのだとか。

ましてや、Mくん曰く「ほかの同級生に勉強時間を自慢してたやつらは、ほとんど落ちたか志望を下げるかした」とのことでした…

手段と目的を混合するな

勉強時間を自慢して褒められて気持ちよくなり、密度より時間が目的となってしまったことでの弊害なのでしょう。

もっとも当然のことながら、ゲームなどをして遊ぶよりは、漫然とでも勉強していた方がマシではあるでしょうね。

「これだけ勉強した自慢」が目的となりうるとはいえ、勉強を楽しいと感じられるならば全くの無駄とは言えないことでしょう。

これにはMくんも同意していました。

徹夜・一夜漬け

これは皆さんも予想通りかもしれませんが、Mくんいわく徹夜や一夜漬けは一切おすすめしないとのこと。

「試験前のその場しのぎに過ぎなくて、実力は一切つかないから」とのことで、言われてみれば本当にその通りですね。

しかし、第三位の勉強時間の自慢には、勉強を楽しいと思えるというメリットがあったように、徹夜や一夜漬けにもメリットはあるのではないか?と思い、

Mくんに意見を求めたところ、しばらく考えた末、「どう考えてもない」とのこと…

「実力をつけるには、一日のうち短い時間でもいいから日々継続して努力して、自分の中で知識を咀嚼してしっかり理解する時間が必要。

当然徹夜や一夜漬けではそれができない。一番厄介なのは、試験というのはたいてい朝や午前中にやるのだから、その時間に眠くなるような勉強法はもはや自殺行為」と、とにかく酷評の嵐でした…

確かに、試験時間に眠くなるような勉強法は逆効果ですね。王道はなし。日々の努力が大事ということですね。

ただ漫然と書くだけ・ノートを綺麗にとるだけ

先に酷評された一夜漬け・徹夜ですが、それをも上回って一位になったのがこちら。

Mくんいわく「一夜漬けは悪いという観念は広まっている一方で、この勉強法は受験時代のみならず、

大学生時代や社会人になってからの資格試験対策などでもやってしまいがちな、よくない勉強法」であるがゆえに上記に挙げた中でも最悪なのだそうです。

Mくんの同級生に、参考書をノートに丸写しする勉強法を実践していた人がいたそうですが、Mくんはそれを見て「なんて非効率的なことをしているんだ」と思ったとか。

書くのは確かに記憶を定着させる効果はあるそうですが、そのときにはしっかり教科書を読み、頭を使って書かなければいけないのに、思考停止して漫然と書くだけの行為はただの作業だ、とM氏は考えるとのこと。

案の定、その同級生の方の成績はさほど良くはなかったそうです。

この勉強法の厄介なところは、かなりの割合が時間の空費にすぎないのに、やっている本人は「自分はちゃんと勉強している」と感じてしまうことなのだそうです。

書きながらの勉強は単に教科書を読むより時間がかかるため、漫然と書くだけで理解していない、という勉強法は非常に非効率的だというのもうなずけます。

こちらも手段と目的を履き違えいる

同様の理由で、ノートを綺麗にとることに腐心することも、頭を使う方向がノートの構成の方に行っているため、これまた非効率的なのだとそうです。

確かに言われてみれば、私の学生時代にも、ノートは綺麗なのに成績の悪い同級生がいたような記憶があります。

書くときはしっかり頭を使う。良い教訓が得られました。

おすすめ方法…わかったことを、自分の言葉でまとめるノートを作る。

これまで、やってはいけない勉強法を、実際の失敗談等を交えながら解説してきました。最後に、Mくんがおすすめする、大人になってからも使える勉強法を紹介して締めくくりたいと思います。

先に、ただ漫然と書くだけでは時間の無駄だと書きましたが、裏を返せば、頭を使って書く勉強法は、非常に効率的なのだそうです。

そこでM氏がおすすめする方法が表題の「わかったことを自分の言葉でまとめたノートを作る」という方法です。

自分の言葉で参考書を作れ

教科書や参考書に載っている内容をただ写すのではなく、「これはこういうことなんだ」と、自分が理解した言葉で言い換えて書く行為は、内容を咀嚼したうえで書くことになるため非常に学習効果が高いそうなのです。

もちろんそのノートは後で見返すことで、自分だけの最高の参考書となります。

とくに、模試や過去問がある資格試験の対策などにおいては、それらの問題を解いて間違えたところに関して、

何を知らなかったから・どこでミスをしたから正解できなかったのかをまとめたノートを作ることも薦められるそうです。

これをすると、自分のミスにパターンがあることがわかったり、苦手分野はどこかなどについても、ノートを見返すことでわかることが期待されるとのこと。

Mくんは高校時代、苦手な化学をこの方法で克服し、センター試験で100点満点中92点を取ったそうです。

まとめ

以上が東大出身者に聞いた!勉強のやりかたがわからない高校生〜ビジネスマン向けの勉強法になります。

勉強方法に迷う高校生や大学生、また社会人の学びなおしがブームになる現代で何か学ばなければと焦りつつも、

この記事がどう勉強すればよいかわからないビジネスマンの方々、そんなあなたの背中を押せれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です