聞き上手になるには〜モテる男になる為に必要なこと

今回は、聞き上手になる方法についてお話をしていきます。

コミュニケーションにおいて相手の話を聞く能力というのは、話す能力と同じがそれ以上に重要なものなのです。

相手が気持ちよくなっていろいろ話してしまう聞き方、聞き上手になることでどんな効果があるか、そんなことを書いていきたいと思います。

人の話を聞く

コミュニケーションの問題というのは、現代社会でたくさんのかたが悩んでいることだと思います。

聞く能力を高めることにより、話すことが苦手な人であってもそんな悩みを無くすことができるのです。

話を聞く能力

たとえば、あなたも経験があると思いますが、話を上手に聞くスキルを相手が持っていると、話をしている人は嬉しいんです

人間はやっぱり自己承認の欲求を持っているので、話をしっかり聞いてあげると、話をしていた人はあなたに対してすごく感謝する。

それが信頼にもつながるし、たくさんの人があなたのもとに集まるようにもなります。

話を上手に聞く効果

聞き上手になると人が集まってきていろんな話をしてくれますから、たとえば、相手から聞き出したいことを聞き出すことができます。

人に感謝される、信頼されるという面でも様々な効果があり、聞き上手になることは人生のクオリティを上げてくれる重要なポイントなのです。

ぼくの例

実際にぼく自身は人よりも聞く力というものが少し長けているので、お金を払ったりして相手に頼んで教えてもらうことはあまりありません。

そんなことをしなくても勝手に教えてもらえる、聞き出すことができるような感じですね。

なので、様々な分野で目標を達成することができました。聞き上手よりもさらに上、話させ上手、しゃべらせ上手をみなさんもぜひ目指してほしい

より高度な聞き上手を目指す

話させ上手というのは、相手が話したいことを単に聞くのではなくて、リアクションや対応によって相手を話したくさせることです。

話したくなる人になる

たとえば、あなたにもどんどん話が出てきて止まらなくなった経験があると思います。次から次に話が進んで、気づけば一時間もたってしまった。

なんであの人と一緒にいるとこんなにおもしろいんだろうな、と相手が疑問に思う、そんな人になりましょう。

リアクション

そんな人になるために、まず一つ目にやってほしいのがリアクションです。話したくなる人は、リアクションが大きいんですよね。

「実は昨日こんなことがあって」みたいな話に、「えっ昨日!?」とか、大きなリアクションを返す。

わざとらしくやっていたら相手もさすがにムカつくと思いますけど、それが気持ちいい感じだと相手も嬉しいですよね。

相手の目を見る

もう一つが、相手の目をしっかり見て、今まで会ってきた人の中で一番真剣に聞いてくれていると相手に思わせることです。

どうしても聞き上手じゃない人は、話を聞いている最中に自分が何を話そうかを考えてしまっています。

自分の次の会話だとか、自分の他のことを気にしてしまっているから、相手の話に入っていけないんです。

本気で興味を持って聞いてあげることにより、相手はどんどん気持ちよくなり、いろいろ勝手に話したくなります。

人に好かれる

その中にはもちろん必要じゃない情報もあると思いますが、相手はあなたのことを信頼してくれますし、喜んでもらえるのは聞く側としても嬉しいことです。

自分の話を聞いてくれる人というのは、人は基本的に嫌いにはなれないんです。

練習方法

そんな聞き上手になるための訓練としては、初対面の人にたくさん会うという練習をすることがおすすめです。

様々な人と触れ合って、リアクションや目を見るといったテクニックの練習をする。そういった下積みを大量に積むことが大切です。

様々なコツ

ここからは、上で書いた方法以外の、聞き上手になるためのコツやテクニックなどをみていきたいと思います。

相手の話に共感する

誰もが皆、自分に共感してくれる人を求めています。共感をして、さらに相手の本当の気持ちに気づかせてあげるようなものが理想の聞き方です。

話している本人は気づいていませんが、口にする言葉が本当の気持ちとは違うようなことも人にはしばしばあります。

相手の話に対していろいろな質問を投げかけて、それに答えているうちに、話している人自身が自分の本当の気持ちに気づく。

それができる人が、本当の聞き上手なんですよね。

相手が嬉しい返事をする

その他のコツとしては、相手の話におもしろい返事をする、自分の意見を話すといったものがあります。

途中で話をかぶせることはせず、話をじっくり聞いてから、ちょうどいいタイミングでそれに関する自分の気持ちや、おもしろいことなどを話してくれる人。

そういう人と話していると、やっぱり心地いいですよね。これができると仕事や友人関係だけではなく、女性にも好かれるようになります。

ただし、あくまで自然に浮かんできた内容を話すだけに留めましょう。無理に話そうとしても、かえって上手くいきません

話す内容よりも聞くことに力を入れて、相手の話の理解に努めます。それが何よりも大事なので、話すことはあくまで気楽でいいんです。

簡単な質問をする

別のテクニックとしては、簡単な質問をするというものもあります。

自分が何を話そうかと考えるよりも、いろいろと質問をして相手に話をさせるように持っていくほうが何かといいんです。

『休みの日は何をやってるの?』とか『好きな食べ物はなに?』みたいな質問をする。

そんな、誰でも気軽に答えられそうな質問をして、返ってきた答えに対して受け答えをする。それだけでも、十分によいコミュニケーションが成立するのです。

まとめ

嫌味のない大きなリアクション、そしてしっかり相手の目を見て真剣に話を聞くこと

この特に大切な二つと、上で書いたいくつかのコツなども実践して、みんなに好かれる聞き上手な人になっていただければなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です