英語のなまりには種類がある!英語学習をしている人に役立つアメリカ英語とイギリス英語の違いを解説!

日本語と同じように英語にもなまりがあるって知っていますか?

同じ英語圏の国でも学んだ英語では全く会話が通じないこともありますし、なまりが強すぎてなにをしゃべっているのかわからないこともあるでしょう。

学んで英語ですべての英語圏で会話ができるようになるかというと実際はそんなこともなく、特になまりの違いが強い「アメリカ」「イギリス」からその英語の違いを比較してみましょう。

アメリカ英語の特徴って?

アメリカ英語は日本で学ぶ英語の基本ともいえます。

日本の学校で学ぶ英語のほとんどがアメリカ英語になるので、一番聞き取りやすく習得しやすい英語になるのではないでしょうか。

アメリカ英語の特徴から説明していきます。

(1)母音の後の“R”の発音

英語を学ぶ時に誰しもつまずくポイントといえばこの“R”の発音でしょう。

舌を丸めてしゃべると言われても上手に丸められないことや、不自然な発音になってしまい苦戦した経験は誰にもあるはずです。

日本語のなかにはこのRの発音がないのでどうしても慣れないものになってしまうのです。

このRを強調したしゃべりかたこそがアメリカ英語の特徴にもなり、イギリス英語ではこの発音を聞くことはありません

(2)言葉の組み合わせによって発音が変化する

英語を学びたての人は、マニュアル通りの英語を必死に話そうとしてしまうのですが、アメリカ英語の場合独特な発音の変化があります。

例えば“N”の後に“T”が来る時に発音しないという法則があります。

舌の動きをゆっくりすることによって発音できるのですが、一度動かしてしまうとTの発音の時に一度元の状態に戻す必要があるので、あえて発音をせずにしゃべります。

また“T”は単語の最後に来る時は発音しませんが、1語で文字が完結する場合は、はっきりと発音します。

アメリカ英語の場合こういった言葉によって発音の違いが多々でてきますので、最初慣れるまでは大変だと感じることも多いのではないでしょうか。

イギリス英語の特徴って?

アメリカ英語を学んでいる日本人は多いのですが、実際学んでみるとイギリス英語の方が覚えやすくしゃべりやすいと感じる人が多いとされています。

他の英語圏と比較してもなまりが少なく日本人にとって覚えやすい英語であるのがイギリス英語でもあるのです。

ただしこのイギリス英語を使っているのは全体の数%にしか満たないとも言われています。

英語のなまりといいますが、実際現地の人たちは“アクセント”といった表現を使います。

お互いの英語の違いを罵倒するのではなく、違いを楽しでいる人たちが多いのだとか。

日本語訳する上で、なまりと表現してしまったようなのですが、実際はそんな表現ではなく英語には正解はありませんし自分の国で使われている発音が正解でもあるのです。ではイギリス英語にどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

(1) 読み方がシンプル

英語を読む時に例えば暖かい・暑いなどの意味がある“HOT”ですが、英語ではハットと発音します。

スペルをそのまま読んだらどうみてもホットなのになんで?と思った経験があるのではないでしょうか。

イギリス英語の場合はそのままホットと読むことができるので、覚えやすく発音しやすいのです。

(2)強調する発音のポイントが違う

またアメリカ英語のようにRを強く発音することはなく、少しおさえたしゃべりかたをします。

日本人には馴染みやすいポイントでもあります。また逆にTの発音についてはアメリカ英語の場合は弱く発音しますが、イギリス英語の場合は強く発音します。

英語のなまりが少ない国もあるの?

英語圏のなかには実はなまりが少ないベーシックな英語をしゃべる国もあります。

例えば留学先として人気のあるカナダは他の国から来た人たちも多く、英語のなまりがほとんどありません

移住者を多く受入れてきた国でもあるので、ベーシックで伝わりやすい英語を使うことにこだわりがある国でもあるのです。

もしシンプルでベーシックな英語を希望するならカナダ英語から学んでみてもいいのではないでしょうか。

また同じアメリカ国内でもなまりが強い地域もあれば、逆になまりがほとんどない地域もあり、必ずしもなまりが強いわけではありません。

なまりの強さで出身の州がわかることもあるほどです。

英語のなまりを気にしすぎないようにする

英語圏で代表的なアメリカ英語とイギリス英語でその違いについて説明しましたが、英語圏の国ではもっと違うなまりがある国もあります。

同じ英語とは思えない発音に慌ててしまう人もいるでしょう。日本人でも英語を学ぶ人は増え、昔は学校の授業で学ぶだけだった英語が今は自ら英語を学び取得する人が増えています。

でも日本人が話す英語は「JapaneseEnglish」といわれる日本風の英語になってしまっている場合があります。

そうなると本場ネイティブの前で英語をしゃべることに抵抗がある人も少なくないでしょう。

確かに本場の人からすれば違和感もあるでしょうが、こういったなまりに関しては心配することはありません。

言葉だけでなくなんとなくのコミュニケーションができていれば言葉は通じます

お互いが相手に言葉を伝えようとすれば、なまりによる発音の違いがあっても会話を聞き取れない心配もなく、会話を話せるはずなのです。

英語のなまりを気にして自分から会話を楽しめない方が問題です。

せっかく覚えた英語も意味がなくなってしまいます

最初は勇気がいるかもしれませんが勇気を持って会話を楽しめるようにしましょう。

アメリカ英語もイギリス英語も、どちらもその国を表す上で欠かすことのできない重要なコミュニケーションツールです。

なまりと表現してしまうとなんだかネガティブにとらえてしまいがちですが、その国ごとの個性でもあるといえるのではないでしょうか。

そんな英語の違いにもお互いの国では憧れを持っている人たちもいますし、会話を楽しむ上で多少発音が違っても会話が成立しないなんてことはありません。

まとめ

私たちが英語を学ぶ時もどの国の英語がいいのか考えてから学ぶようにするといいでしょう。

それぞれに違いがありますし、自分の好きな国や行きたい旅行先・将来住みたい国などで選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です