真似するだけでアフィリエイトは稼げる!稼ぎたい人が稼げるようになるために効果的な成功者を真似る方法について解説!

今日はですね、「稼ぎたいなら稼げる人のサイトをとにかく真似しよう」というタイトルでお送りいたします。

サイトアフィリエイトやトレンドアフィリエイトをするにあたって、どういうサイトを作っていけばいいのかと、結構悩むことが多いと思います。

その答えは簡単で、ぼくが思うに、稼いでいる人のサイトを真似することが一番効率的です。

ここ辺りについて、今日はお話します。

成功者のマネをしよう

これは勉強〜スポーツ〜ビジネスでも同じですね。

真似しろというのは、コピペをしろとか、記事をパクれとか、記事の書いているあることをそのまま貼り付けろとか、そういう話ではなくて。

何をパクるかが大事

要するに、サイトの構成をぜんぶ真似しろという話なんです。

もっと具体的な話をしますと、一番簡単にするのであれば、ワードプレスのテーマとか。

こういうものを、徹底的に真似しろという話です。

成功者の型を盗め

実際に、稼いでいる人というのは、アクセスがくるような、一人あたりのPVが伸びるようなサイトの構成を作っていますし、それを何年も研究しているんです。

テストを繰り返して、このサイトの構成だとアクセスが伸びるかなというのを、ひたすら研究した結果、あの形になっているんです。

パクらない理由がありません

結果を出すためにマネをする

なので、ひたすら稼いでいる人のサイトを真似しようというのが、一応、稼ぎたい、どうやって稼げばいいのかという感じの答えになります。

これは真似するほうが、圧倒的に早いんです。

マネしたら効率が上がる

自分でひたすらABテストをして、繰り返していくより楽だということです。

というのは、実際にABテストをして一番効率的だろうという答えが、稼いでいる人たちのサイトなわけだからですね。

真似をするときって、どんな感じですすめていけばいいのかといいますと、まず誰か一人に絞るのが一番いいです

この人のサイトを真似していこうと、モデリングする人を一人決めます。

それで、最初はとにかくその人の真似をしまくります。

具体的に真似するにあたって、下にも書いたんですけど、プロフィールとか、記事とか、Twitterとか、これらをひたすら見まくるんです。

たくさんのインプット対象を

だいたい、ライバルチェックとして、

最低でも2〜30人くらいは見ましょういう話になります。

これは誰かに絞るという前に100個くらい見るというのもそうなんですけど、誰か一人に絞ると決めたら、

その人のを100記事だろうが200記事だろうが、徹底的に見るという話です。

勉強不足になるな

2〜30人?100記事〜200記事!?

やばくね?

なんて人は勉強不足です

そのくらいの情報のシャワーを浴びましょう、最終的には一人でいいんですよ。

この人がいいと思ったら、その人を徹底的にパクるのがいいんです。

でも、そのあとはもうしないんです。その人の型をしゃぶったらいろんな人のを見ていくのをおすすめします。

これは、最初の一人から浮気するとかそういう話ではなくて、最初の一人が終わったあと、あとはネタを探すためにいろんな人のを見ていくという感じです。

「この人はこういう言い方をしているんだ」「この人は最初の人とは違うけど、こういう意見もあるんだな」という感じで、勉強していくという話です。

身銭を切るという事

研究の意味で、有料メルマガをとるとかでもいいです。ぼくも実際に、いろんな人のメルマガをとってます。

それで、「こんなふうな言いかたもあるんだな」とか、「こういうネタもあるんだ」というところで探せるんです。

結果を出す2割だけがしている事

いわば、研究目的なんですけどビジネス系の場合は、全体のリストの3割が研究目的だと、知り合いの人が言っていて、これも確かに、3割というのはちょっと高すぎるけど、そのくらい研究してくる人はいるんだなというのは、ちょっと思ったんです。

だから、自分のメルマガに10人いたとしたら、そのうちの2人は研究目的だと思っていいんでしょうね。真面目な結果を出す人です。

新規のお客さんじゃなくて、「こいつはどういう目的でこのサイトを作っているんだろう」という感じで偵察にきている人たちが、2人ということです。

これは確かに、多いっちゃ多いです。そんな感じで、稼いでいる人というのは、研究をしているという話でございます。

サイトチェックを欠かさない事

ぼくも実際に、最初のほうは一人に絞ってたんですけど、最初の一人のコンセプト、

そのサイトの構成とかは変えていないんですけど、ネタはいろんなところからのをパクっています。

いろんな人のサイトを常にチェックして、「こういうネタもあるんだ、このネタいいわ、使おう」といって、記事とかパクっていくというスタイルです。

これをやっていくと、ネタがなくなるということが、まずなくなります

記事ネタも自分の視点を通してパクれok

「何かいいのが思いつかないな」とか、「記事、何も書けないな」と思ったら、

その稼いでいる人たちのサイトを見て、それと似たようなことを書けばいいんです。

これは、コピペをしろという話ではなくて、自分なりの視点をとおして書いていくという話になります。

稼ぎたい人のサイトを見たあとにやってほしいことが、この世界観と視点を研究するという話になります。

これは、サイトを運営していくとか、どういう理念とか、哲学とか、思考とかをもって、サイトを運営しているかということです。

プロフィールは価値観が滲み出る

一番これがわかるのが、このプロフィールです。

プロフィール欄を見ると、彼らの世界観とか、哲学というものがわかってきます

なんでこれが重要になってくるのかというと、これはいわば彼らの視点で、情報をとおすフィルターです。

なので、これらを研究することによって、この人たちはどういう理念で、どういう視点をもって情報を話しているのかということがわかってくるんですね。

この視点が強化されると、文章力にも繋がってきます。なので、これらは非常に研究のしがいがあるところです。

サイト構成より、マインド〜意図を摑み取れ

表面的なところ、サイトの構成がどうこうというのももちろん大事なんですけれども、一番大事なのは、この視点とか、思考の部分です。

その人たちがどういう考えをして、どういう発信をしているのか。

そこを真似することによって、これはコピーライティング力、ライティング力というものにも関係していきます。

繰り返す、騙されたつもりで先人をマネしなさい

ぼくも、実際に稼げる前というのは自分で適当に無料サイトを作っていました。

自己流なんですけど、「ここをこうしたほうがかっこよくね」みたいなノリでやっていたんですけど、それは本当に時間の無駄というか。

結局は奇をてらわずに、もう稼いでいる人たちの、研究した結果が、いまあるサイトなわけです。

だったら、もうそれを真似しちゃったほうが早いんです。

真似しようというのは、構成もそうですし、哲学とか、世界観とか、そういうものも徹底的に真似していこうという話になります。

これはぼくがいろんな動画で言ってるんですけど、とにかく真似することは大事だよという話にも関係してきます。

とにかく真似しまくれと、徹底しなさいという話になります

まとめ

今回は「稼ぎたいなら稼いでいる人のサイトをとにかく真似しよう」という話をしてきました。

ちょっと具体的な話はあったんですけれども、とにかく真似しましょう

サイトの構成も真似すると、アクセスも増えます。

実際にPV、アクセス数もどんどん増えますので、具体的な話をしたら収益をとかにも関係してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です