反復をして繰り返す意味!勉強や仕事で結果を出したい人に必要なのはインプットとアウトプットに共通して必要なこと!

今日はですね、「血肉になるまで繰り返そう」という話をしていきます。

反復練習っていわゆる、いろんなところで言われていることであるとは思うんですけれど、非常に大事なことだと思ったので、それについて改めて話をしていきます。

血肉になるまでということを書いたんですが、ぼくが言いたいのは、復習が大事であるよ、ということです。

インプットアウトプットの本質はあきるほどの反復にあり

非常に当たり前のテーマというか、退屈なテーマかもしれないんですが、ここでやっていくことというのは、たとえば何か知識を仕入れたとなったときに、それらを外にだしていくということです。

ぼくも昔そうだったんですけど、本を最初から最後まで読むと、「はい終了、また次の本にいこう、おもしろかったな」となって終わってました。

それだとまったく意味がなくて、本を読んだだけだったら頭の中に残っているかどうかというのは、まったくわからないんです。

インプットすべき事もひたすら反復を

どうすればいいのかというと、アウトプットをするという話になります。

例えば、ネットビジネスであれば、本を読んで、情報商材を読んで、それについて記事を書いていく、とか。

或いは、記事を書くとか、いろいろあると思いますが、何かアウトプットしないと、知識というのは身につかないんです。

予習より飽きるほどの反復を

大学とか、予備校とか、いろいろ学校の勉強をしているなかで、予習と復習の考えかたというのがでてきたと思います。

ぼくは、復習より予習のほうが大事なんだみたいな話を、一時期、先生からも受けていました。

いま思ったら、それほどナンセンスな話はなくて、予習をしたところで、復習をして覚えてなかったら、何の意味もないんです。

いくら予習したとしても、復習ができていなかったら、要するに覚えていなかったら・・・。

インプットすべきことを暗記してるか

何回も同じものを繰り返して、暗記できてなかったら意味がないという話なんです。

実際にぼくも稼げなかった時期も含めて、ちゃんとノウハウを覚えていたかどうかというところが、一番大事になります。

あなたはノウハウの全体像を語れるだろうか

そのノウハウを、いますぐこうやってぼくが、人の前でスラスラしゃべれるくらいまで、落とし込めているかどうかというところなんです。

エビングハウスの法則を知っておこう

基本的に、エビングハウスの忘却曲線という言葉がありますが、一時間後に、いまやったことの半分を忘れると言われます。

なので、人はすぐに忘れるんです

これはぼくも含めて、なにかを勉強しても、本を読んだり、動画を見たりしても、一時間後に半分は忘れる。

一時間後に半分忘れるのに、本を読んで、次にいこうとやっていいのかという話です。

ただ、無心にひたむきに繰り返せ

とにかく繰り返そうという話なんですけれども、これはひたすら10回とか20回、繰り返しましょうという話です。

これは、本当にいろいろなところで言われていることなんですけど、10回とか20回を繰り返しているとやっぱり飽きて、刺激がだんだんなくなってくるのでは、なんて思ってませんか?

インプットの本質

ここは、理解は出来ますが、それでも反復あるのみです。

例えば、同じ本を正直、10回20回もやっておもしろいかといわれると、おもしろくはないじゃないですか、またこれかよ、みたいな。

ですが、それを観念する事が、インプットの本質です。

ぼくたちは反復を何百回と繰り返して”熟練”の域に達しなくてはなりません

周りが反復しないからこそ差をつけられる

なので、多くの人が刺激を求めて他の本を読んだりとか、やめちゃったりということはあるんですけれども。

この10回20回できるかどうかというのが、非常に大事になってくるんです。

この血肉になるまで繰り返そうという話をしたんですけれども、多くの人が、インプットにかたよりがちで、復習をしてないんです。

とにかく、復習が大事になるという話です。

ぼくはいままで、1回とか2回とか3回で終わらせてたんですけど、やっぱりそれだと意味がないんです、すぐ忘れるし。

ノウハウコレクターの原因は

反復が足りないことが正に、ノウハウコレクターになっていった原因でもあるんですけれどもこれ大事なのは、

その10回とか20回とか繰り返しましょうよというところになります。

まとめ

今回は、非常に当たり前なテーマでしたがとりあえず、何回も繰り返すことを大事にして下さい、とにかく復習が大事で、何回も同じものをやりまくる、と。

10回、20回とやりまくるのが大事だという話ですね。という話で、今回は締めくくります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です