ネガティブにならないよう自信をつけよ!行動をしたい全ての人に欠かせない自信の大切さを解説!

今回は、なぜ自信を持つことが大切なのか、恐怖に怯えてはいけないのか、そういったテーマでお話をしていきたいと思います。

自信が大切な理由

なぜ自信を持つのが大切なのかという理由なんですけど、これはひとつしかなくて、自信がないと行動できないからなんですよ。

自信による効果

何かを始めようという時に自信があるのとないのとではだいぶ違ってくるんです。

自信がないとそもそも行動できないんですよ。損をしたらどうしようとか、ネガティブな方向にいってしまうんですね。

行動力を持つ

自信を持ってる男っていうのはモテて、自信を持ってない男っていうのはモテないんですよね。

何でかというと自信がないと行動力がない、何もできない、頭で考えて行動できなくなってしまう。自信があるほど、とりあえずやってみるかってなる。

自信の必要性

これは少し不思議なことかもしれないんですけど、自己啓発の本などを読んでポジティブシンキングだとか、自信をつけようとかやったことある人には良く分かると思うんです。

ぼくも昔自信がなくておどおどしてたんですけど、本を読んで、自信をつけることが大切だなって気づいてから人生が変わったんですよね。

人と話すのが怖いとか、いろいろ恐れていたことが消えていってしまいました。

とりあえずこなそう、やってみるかみたいなマインドセットになっていったんですよね。

それによって、ビジネスでも恋愛でも人間関係でも全部変わっていった。自信を持たないと何もできないんです。

自信をつける方法

では、そんな自信を持つためにお勧めの本を紹介したいと思います。

「潜在意識が答えを知っている」

自信ってどうやってつけるのかって話なんですけど、ぼくが自信をつけるために学んできた本があるので、ぜひそれを読んでほしいなと思います。

「潜在意識が答えを知っている」っていう本があるんですね。

読んでみての感想

ぼくはこの本を読んで自信を付けることって大事だなって気づいたんですよ。人は潜在意識に支配されてるんです。

潜在意識を味方につけて自信をつける方法が紹介されていたのですが、ぼくはそれを読んで180度人生が変わったなって思ったんです。

お勧めする理由

この本では、自分に自信を付ける方法っていうのが詳細にわかりやすく、誰でもできるように紹介されているんですね。

だから試してほしい、ぜひこの本を読んでみてください。自分に自信をつけるために、とても有益な一冊です。

恐怖に相談しない

続いてはもうひとつの、恐怖に怯えない、相談しないということについてみていきます。

恐怖に相談するとは

重要な計画であるとか、あるいは試合とか、発表会とか。私達は何か大きなイベントや挑戦を目の前にすると、恐怖や不安を覚えることがあります。

その時に恐怖心というのは追い払おうとすればするほど追いかけてきますね。フォーカスしちゃまずいんですよ、恐怖に。大丈夫かな、恐いな、なんていう気持ちと相談しちゃいけないんです。

追い払おうとすること自体が恐怖に相談しているんですね。来ないでとか、どこかに行ってとか、恐怖と話し合っているわけです。

恐怖による影響

恐怖というのは、基本的に目の前にある状況を過大評価してしまう。

自分の能力や過去の失敗経験を思い出して、過去の失敗経験に捉われてしまうとか、また失敗したらまずいということで、目の前の状況の過大評価をして、自分の過去の失敗経験等の再現のように考えてしまう。

結果を予言しているわけでも未来の結果の暗示でもないんです。単に自分の心の持ちようなんです。追い払おうとしても、自分の感情ですからうまくコントロールできません。

対処方法

その場合どうするか。恐怖あるねと思っても、気にせずそれをスルーする。あるいは恐怖と向き合うのではなく、そんなものだといったん置いといて、別の感情を湧き立たせるんですね。

恐怖と対話しちゃダメなんです。克服出来るぞとか、自分はこうするぞみたいなことを考えればいいわけですね。

そういった感じで自分の恐怖心と話し合うのではなく、横に置いといて、積極的な気合とか闘争心とかの別の感情をわきあがらせることによってそっちに意識をシフトする

これがうまい恐怖心や不安の克服法であり、対処法です。

まとめ

まずは自信を持ってください。自信を持つことで様々な良い変化が人生において起こります

そして恐怖に相談しないでください。恐怖と相談しても何の良いこともありません、他のことを考えて、気にしないことが大切です。

私はいつもあなたの成功、そしてレベルアップを応援しています。ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です