文章で飾れ!今よりも収入を増やしたい人が身につけるべき商品を言葉で輝かせるコピーライティングのスキルとは!

今よりも収入を増やしたいという場合に、ぜひ身につけておきたいのがコピーライティングのスキルです。

ここでは、そんなコピーライティングについて、その概要や効果などを書いていきたいと思います。

コピーライティングとは何なのか

まず、コピーライティングとはそもそも何なのか、どういったものなのかについてみていきたいと思います。

文章により感情を動かす

コピーライティングは、読者の感情を動かす文章を書く技術です。その長さはまちまちですが、いずれもそれを読んだ人に、そこで紹介されている商品を素晴らしい、買いたいと思うような気持になってもらうことを目標に書かれた文章となっています。

この人の感情を動かすというポイントが、コピーライティングにおける重要な要素です。

言葉により商品やコンテンツを輝かせる

より具体的に言えば、商品やコンテンツを言葉で輝かせ、売る技術となります。

例えをあげますと、1990年代の終わりごろに売り出されたトヨタの自動車プリウスのコピーは、21世紀に間に合いました、というものでした。モーターとエンジンを組み合わせ、燃費が非常に高いハイブリッド車。水素で動く燃料電池車やガソリンを使わない電気自動車などと同じく、未来を連想させる商品です。

その魅力をいかにして簡潔に伝えることができるかを考えて書かれたこの文章は、このコピーを見た人の心を動かす、非常に素晴らしいものとなっています。

詐欺ではない

よく間違われてしまいますが、粗悪品を言葉巧みに売る技術がコピーライティングではありません。なので、本来の商品にはない機能を騙るような詐欺の技術では決してないのです。

しかしながら残念なことに、コピーライティングの技術を身につけることで、嘘をつかずとも、良い点だけを巧みに表現することで粗悪品を素晴らしいものに思わせて売ることが可能になってしまいます。

何の効果もないツボを売りつけるような悪徳商法にも用いることができてしまうコピーライティングの技術ですが、それを行って人をだますことがどれだけ道徳に反したことなのかを考え、自制をすることが大切でしょう。

コピーライティングはあくまで、良い商品をより良いものに見せ読者の心を動かす技術なのです。

コピーライティングがもたらしてくれる恩恵

読者の感情を動かすコピーライティングですが、それを書いた人にはどのような効果があるのでしょうか。ここでは、そんなコピーライティングのもたらす恩恵についてみていきたいと思います。

言葉が営業をしてくれる

インターネット上に1度言葉を残すと、それが100人、1000人と伝わっていき、自分の描いた文章が多種多様な人に広がるというのがコピーライティングのポイントです。

その文章が良いものであればあるほど広がりは速く大きなものとなり、その言葉が勝手に他人を相手にした営業を行ってくれるのです。

文章によるレバレッジ

この、1の労力で10や100の対価を得ることをレバレッジをきかせると言います。投資の世界などでおなじみの言葉ですが、コピーライティングを学べば学ぶほど、そのレバレッジも大きくなり、1の労力で1000や10000といった対価を得ることも可能となるのです。

例えば、iPadの魅力を120%にして伝える文章をコピーライティングの技術を使って書いたとします。この文章は特定の人にではなく何万人もの人に伝わり、そのためそれを読んで感動した少なくとも何十人かがiPadを買ってくれるでしょう。

文章を書く時間だけでiPadを何十台も売るというのは、普通に営業を行った場合には絶対に不可能なことです。これが労力以上の対価を得る、レバレッジの仕組みです。

1回の労力で、自動で売れる状況を作り出す

さらにコピーライティングでは、その効果が持続することもポイントです。文章はインターネット上にある限り、その効果を発揮し続けます。

1ヶ月経ってから文章を見た人や、他の人の勧めで文章を見た人、そういった人も取り込み、継続して利益を上げ続けるシステムが構築されるような場合もあるのです。

コピーライティングの技術を身につける方法

ここでは、先ほど述べたような恩恵のあるコピーライティングを行うために必要な技術の習得について、その方法をみていきたいと思います。

細かな技術のインプット

まずは、細かな技術のインプットから始めることとなります。コピーライティングには細かな技術がたくさんあり、それらをフルに使うことで人の心を動かす文章が書けるようになるのです。

裏を返せば既に決まった技術が存在しているため、それらをしっかり学びさえすれば、誰でもコピーライティングの技術を向上させることができるでしょう。

心理学の学習

文章によって人の感情を動かす技術であるコピーライティングにおいては、心理学に関する知識も欠かせません。

返報性の法則や欲求5段解説といった人の心理に関係することを学び、他人の感情を動かすためにはどういう文章を書けばいいのか、どういう言葉が響くのかといったことを考えることで、人の心を動かす文章を書くことができるようになります。

才能やセンスよりも書いた量

コピーライティングにおいては、才能やセンスは必ずしも必要ではありません。先ほどの例であげたプリウスのキャッチフレーズについては確かにセンスも必要かもしれませんが、あのような思いつきによるキレが必要なものばかりではないのです。

その代わりにコピーライティングにおいて欠かせないものに、とにかく量を書くことがあります。学んだ技術や心理学の知識を生かして、とにかく書きまくるのです。たくさんの文章を書くその試行錯誤の中で、コピーライティングの技術は徐々に上達していくこととなります。

コピーライティングを学ぶ中でつまづいてしまう人の多くは、その経験の不足を自分の才能の無さと勘違いしてしまっています。どんどん文章を書き、試行錯誤を積み重ねる。大切なことはただそれだけであり、コピーライティングに向き不向きは無いのです。

インターネットにおける重要性

インターネットビジネスにおいて、コピーライティングは必須の技術とされています。その理由や効果について、ここではみていきます。

インターネットでの商品の紹介

インターネットでの商品の紹介は、生身の人間がかかわるようなことはほとんどありません。公式サイトであれバナーのような広告であれ、基本的に文字情報と画像、動画によりそれが行われることとなります。

なので、文章の占める割合が非常に大きく、その良し悪しで宣伝の効果も大きく変わってくるのです。このために、コピーライティングは特にインターネットにおいて欠かせない技術となっています。

商品がよければ売れるわけではない

よい商品は放っておいても売れるというのは、コミュニティなどが小さく、商品の数も限られていた過去において通用した考え方です。

そのため、どんなによい商品を出したとしても、モノが溢れる現代においてはその紹介をし、知ってもらわない限りそれを売ることはできないのです。

商品を認知してもらうためのCMとして

よい商品を知ってもらい、買ってもらうために、宣伝は不可欠な時代です。そしてインターネットは、テレビやラジオに次ぐ新たな商品紹介の場としてその存在感を急速に増しつつあります。

そんなインターネット上でのCMに欠かせないコピーライティングもまた、多くの人から注目される技術となっているのです。

まとめ

ここまで、コピーライティングの概要やその効果などについて書いてきました。

コピーライティングは文章により人の感情を動かす技術で、言葉で商品やコンテンツをより輝いたものに装飾します。

そして書いた文章が不特定多数の人の間に自動で広がるため、その労力に対しての効果はとても高いものとなります。

そんなコピーライティングの技術を身につけるためには、その技術を心理学を学ぶとともに、多数の文章を書き量をこなすことが必要です。

これからのインターネット社会においてますます必要とされる、コピーライティングの技術。ぜひ皆さんもこれを身につけ、高収入の獲得のために生かしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です