好きな人との接し方がわからない!そんな好きな人に上手く接することができない人へそのコツを伝授!

今回、特に好きな人に対して、上手く接することができないというお悩みを頂きました。なので、そのような好意を抱いている人との人間関係に必要なことについての解説を、ここでは行っていきたいと思います。

もらいたい気持ち

好きな人に上手く接することができない本質は、もらいたいという気持ちにあります。

では、このもらいたいという気持ちはどういったものなのか、まずみていきたいと思います。

もらいたい気持ちとはなにか

もらいたいという気持ちとは、相手に好きになってもらいたい、好意がほしい、愛してほしいといった感情になります。

自然に出てしまうような場合もあり、なかなか抑えにくいこの気持ちですが、これが様々な問題を引き起こす原因となっているのです。

カップルのケンカの仕組み

折角恋人同士になったのにもかかわらずケンカが多いカップルというのは、決して少なくありません。それはまさに、もらいたい気持ちによって引き起こされています。

お互いがもらいたいと思っているために、どうしてくれないのか、どうしで私に求めてばかりなのかと対立してしまうのです。

そのため付き合いが長く続き、相手から何かをもらいたいという気持ちが減るうちに、ケンカも徐々に減っていくこととなります。

奪われる感覚

もらいたい気持ちというのは相手にとってみれば、好きにならなければいけない、好意をあげなければならない、愛さなければならないといった、強制に感じられることとなります。

そしてそれは、あげる準備のないものを奪われる感覚に繋がるのです。

片方だけがもらいたい気持ちが強い場合は、ケンカこそ起こりませんが、このようにもう片方が疲弊し、結局その人間関係というのは上手くいかなくなってしまうのです。

相手に良い印象を与えるために

相手に良い印象を持ってもらい、上手に接するためにはこの相手から奪うことをまず止める必要があります。相手を好きなのですから、相手から好かれたいと思うのも当然ではあるのですが、まずはそこをグッとこらえてみましょう。

次からはこの自分の気持ちを抑える、気持ちのコントロールというものについて話していきたいと思います。

自分の気持ちのコントロール

相手に奪われる感覚を感じさせないために、ほしい、もらいたいといった気持ちをコントロールする。このコントロールについて、ここでは深くみていきます。

一方的な気持ちは厳禁

例えば、初対面の相手を好きになったとします。しかしながら、相手も自分のことを好きになっている場合というのはほとんど考えられません。

そんな中で自分の感情を前面に押し出し、付き合おう、食事に行こうなどと一方的に言っても相手は困るだけなのです。

相手のものを奪う、もらうという意識

そういった一方的な気持ちの押しつけは、相手のものを奪う、もらうという行為であるということを意識する必要があります。

無意識のうちに相手から何かをもらおうとして、それが上手くいかないために人間関係が上手くいかないと感じてしまっているようなことも多いのです。

相手の準備を待つ

では相手から何ももらってはいけないのかと言えば、そうではありません。ただ、相手が与える準備をできるようになるまで、それを待つ必要があるのです。

相手も自分のことを好きになり、好意や愛を与えてくれる準備が完了した。そうなってからほしがったとしても、特に問題はありません。多くの人はそれを待たずに相手にないものを要求してしまい、その結果として人間関係が上手くいかないのです。

解決方法

自分の気持ちをコントロールし、相手の準備が整うまでもらいたい気持ちを抑える。言うだけなら簡単ですが、どのようにしてこれを行えばよいのでしょうか。

ここでは、その解決方法について考えていきたいと思います。

ほしがりすぎない

まず、何よりもほしがりすぎないことです。相手から好意や愛をもらうことは難しい、嫌われてしまう可能性がある、といったことを意識します。

これにより、相手の準備が整うまで無理なく自分の気持ちを抑えることができるでしょう。

そして相手の準備が完了したのであれば、これまで我慢したご褒美として、相手から自分を好きな気持ちなどを存分に与えてもらいましょう。

相手を意識しすぎない

相手に好かれたいという行動の結果として、こんなにも行動をしているのになぜ相手は答えてくれないのか、好きな気持ちを見せて欲しいといった、ほしがる気持ちが生まれてしまいます。

そのため、相手を意識しすぎず、なるべく普通に接することが大切です。好きな相手ということもあり難しいものではありますが、好かれたい、嫌われたくないといった動機ではなく、相手との時間を純粋に楽しみたいといった動機で行動をすることで、もらいたい気持ちを抑えましょう。

相手に与える

最後は、むしろ相手に与えていくことです。お互いに気になっていたり、好意が芽生えているような状態では、相手も好きな気持ちや愛を与えて欲しいと思っている場合も多々あります。

もらう前に、まずは自分から相手に与えることも、二人の関係を良いものにしてくれる効果的な方法です。

まとめ

ここまで、好きな人に上手く接するために必要なことについて書いてきました。

もらいたい気持ちを抑え、相手に奪われる感覚を抱かせない。そのためには自分をコントロールし、相手が与える準備が終わるまで待つ。あるいは自分から積極的に与えていくといったことが、好きな人との関係をよくするコツです。

恋は盲目ということもあり、好きな気持ちを抱いている中で自分を抑えるのは難しいことではあります。しかしながら、上手くいけばその先に待っているのはとても楽しい二人の日々です。ぜひ相手からもらいたい気持ちというものを制御して、上手な接し方により恋を成就させていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です