早く行動するメリットとは?脱サラしたいと考えている人へすぐに行動するべき理由を大公開!

今回は、脱サラをしたいと考えているならばできるだけ早く行動するべきである、迷っていてはいけない、というテーマでその理由などをみていきたいと思います。

脱サラしたい方や、なかなか次の一歩を踏み出せない方が、どういった思考をすれば脱サラできるか、行動できるかを考えるうえでの参考になれば嬉しいです。

ぼくの体験談

まずはじめに、ぼくの体験談を少し書いていきたいと思います。

リアルビジネスでの失敗

ぼくははじめ、リアルビジネスで独立しましたが、見事に失敗してしまうこととなりました。1~2ヶ月続けて全く稼ぐことができず、ネットビジネスに軸足を移すことになります。

ネットビジネスでの成功

一方のネットビジネスでは、無事に成功をすることができ、それを始めて5ヶ月ほどたちましたが、少なくない利益をあげ続けることができています。

行動して修正する

このネットビジネスでの成功はしかし、ぼくはリアルビジネスでの行動があってのものであると考えています。

そもそもそこで独立をしなければ、ネットビジネスの世界に入ろうと思うこともなかったでしょう。行動して修正するという繰り返しこそ、結果を生み出すうえでは欠かせない作業なのです。

早く始めた方が早く結果が出る

早く脱サラなどをして新しい仕事を始めると、当然成功であれ失敗であれ、早くその結果が出ることになります。これにより、どういったメリットがあるのでしょうか。

早く結果を出すことで

早く結果を出すことで、先ほど述べた、行動と修正の繰り返しもまた早く始めることができるようになります。

成功したならば更なる成功を目指して、失敗したなら駄目だった部分を改善して、すぐに次の行動に挑むことができるのです。

量の大切さ

そうして行動と修正を繰り返すことで、量を積み重ねることが可能となります。この量の積み重ねは、成功のための判断をするうえでとても重要です。

なにが良くてなにが駄目なのかを、他の人から指摘されたり自分自身で感じたりすることで、その判断ができるようになっていくのです。こういったものは、量以外の面ではなかなか生まれません。

量から質が生まれる

一方で、量とは異なる概念に質というものがあります。しかし、質は多くの場合、量から生まれるのです。

例えばスポーツなどでは、早くから始めた人というのは当然後から始めた人と比べて経験が豊富です。そのためよりうまくそのプレーをすることができるでしょう。

練習時間などによって後から始めた人が挽回できる可能性もありますが、やはり早くから始め量を積み重ねておくに越したことは無いのです。

ライバルが多いほど稼ぎづらい

続いては、ライバルの数という面から、早く行動した方が良い理由をみていきたいと思います。

人が多いほど稼げなくなる

当然のことではありますが、同じ仕事に多くの人が集まっているような場合ほど競争は激しくなり、その分稼げなくなります。

仕事とは少し違いますが、野球を例にあげますと、部員が15人いるか20人いるかでレギュラーになれる確率というのは大きく異なります。そのため、なるべくライバルは少ない方が良いのです。

未開拓の市場を狙うのも大切

この対策としては、単純にライバルの少ない市場を狙うのも効果的です。競争の無い未開拓市場であるブルーオーシャンの市場やビジネスを探して始めることで、成功を独占できる大きなチャンスが生まれるでしょう。

周りが行動しないうちに行動する

しかし、どんな無名な市場も、それが稼げると分かれば多くの人が集まることとなります。

そういった際にポイントとなるのは、これまでにどれだけの量を積み重ねたかです。周囲よりも早く行動し、早く結果を出すことによって、ライバルよりも多くの行動と修正の繰り返しができ、優位に立つことが可能になるのです。

まとめ

ここまで、脱サラしたいならば早く行動するべきである理由について、大きく分けて2つ書いてきました。

1つ目は、早く結果が出せることです。早く結果を出すことで量を積み重ね、経験を積みより上手く仕事を行うことができるようになるでしょう。

もう1つは、ライバルが少ないほど稼げるということです。なるべく早く始めることで、競争相手の少ない、稼げる市場を手に入れることが可能です。

皆さんがもし脱サラをしたい、新しいことを始めたいと考えているのであれば、なるべくそれを早く始めることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です