地道な作業を大切に!ネットビジネスで稼ぎたい人へブラックなレベルの努力の必要性を説明!

ぼくたちが、どんな分野であれ物事に挑戦するときは、必ずスタートは0なんです。

他記事で堀江貴文さんのゼロを紹介しましたが、ぼくたちは0から積み重ねないといけません。

その積み重ねの方向性を、ネットビジネスから考えてみたい。

ネットビジネスは不労になるまで過労

ぼくがまず言いたいのは、ネットビジネスは不労になるまで過労だと、このマインドを持っていただきたいなと思っているんです。

これはある有名なアフィリエイターが使った言葉なんですけど、不労所得を得るまでは過労しまくれと、常に働けとか毎日ブラックだとか言っていて、ぼくはこれに非常に感銘を受けたというか、まあなるほどなと思ったんですよね。

ネットビジネスもビジネス

実際にアフィリエイトやネットビジネスをしていても本気になってやっている人ってどこまでいるのかなってけっこう疑問でして、

副業とかおこづかい稼ぎのつもりでやるとか、よくきく1日1時間で、~万みたいなくらいしかやらないとかあると思うんですけど、

ぼくはこれに納得していないんです。

やっぱりネットビジネスもビジネスなんですよね。

立派なビジネス

遊びで稼げるとか楽して稼げるとかはないわけですよ。

立派なビジネスというか、そもそもビジネスによしあしも、カッコイイもワルイもないわけですよね。

べつにそれは社会的に経験があるかとかそういう話でしかなくて、ビジネスの本質を考えたらぜんぜん違うわけです。

ビジネスはビジネス

ビジネスというのはお金を提供することであって、それ以外のなにものでもないんですよね。

お金の与え方がどんなものなのかということでイメージが変わってくるだけで、ビジネスはビジネスなんですよね。

話は長くなっちゃいましたが、ようするにネットビジネスも立派なビジネスなわけですよ。

そうなったときにおこづかい稼ぎでやるとか、1日1時間くらいやるとか、そんなので稼げるはずないんですよね。

甘ったれんな!ってね笑

稼ぐことに全力をつくそう

実際にぼくがはじめて稼ぎをあげるまでも必死でずっとやってました。

いや、今も必死でやっているんですけど、極論ではありますがプライベートとか正直いらないだろってぼくは思っていて、

稼ぎたいのにプライベートとか何で言っているんだと、100パーセントの全力をそこにつぎ込めやって話なんですよね。

自分の時間の80、90パーセントは使えと。

会社の働いている人とかは物理的に無理かもですけどあくまで稼ぎたいのであれば休憩時間とか自分ののこりの時間くらいは全てそこにつっこむべきだと思うんですよ。

時間を上手につかおう

これは根性でねじ伏せろと言っているわけではなくて、例えば外注したいのであればそれで雇ってじぶんの時間を増やせばいいと思うんですよね。

でも自分の余っている時間はネットビジネスに使うべきなんですよね。

もし不労所得を得たいなら働きすぎになるまで働けよっていう話なんですよね。

小さいことからコツコツと

実際にこのネットビジネスで不労になるまで過労という話は、そこまでメジャーではないかもしれないんですけど、稼いでる人はどんな人でも地道に努力しているんですよね。

たとえばユーチューバーなら動画を毎日10本とるとか、動画を毎日4時間とるとか毎日12時間1ヶ月作業をしつづけるとか。あるいは1日セールスレターを書きつづけるとか。

今現在稼いでる人っていうのはこういう地道な作業をコツコツしているんですよね。

もしその人がそういうことを言わなかったとしても必ずそういう時期があるはずなんですよ。

いっきにドカンとやっちゃう

この時期を早くすませるのか、それとも長時間かけて終わらせるのかということなんですよね。

ぼくが不労になるまで過労と言っているのは、こういうはじめの段階で必要な作業をさっさと終わらせてしまおうぜということなんですよ。

1日1時間とか少ない時間でコツコツやていくのか、それともいっきにドカンとやってあとでゆっくりするのかということですよね。

ぼくはどちらかと言えばいっきにドカンとやっちゃって不労所得をさっさともらったほうがいいんじゃないかと思っているんですよ。

まとめ

とりあえずプライベートとか考えずにどんどん仕事を探してガンガンやっちゃおうぜということですよね。

暇さえあればネットビジネスのことを考えて作業しちゃおうぜということだと思うんですよ。

稼ぎたいならそこまでやるべきだと思うべきなんで。

今回はマインド的な話をしましたが、まあ要点をまとめると、「とにかく不労になるまでとことんビジネスしようよ!」という話をしてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です