インプット量を増やす!初心者が成果を出すために必要なインプットの形とは!

インプット量の重要性について!
ここを見逃すと成功しないよ!って話

何かを学ぼうとする時、その質を重視すべきなのか、それとも量を重視すべきなのか、考えてみたい。

初学者は質より量

これだけは、言えます。

どの分野であれ、初学者は質より量です。

ざっと考えるべきなのは

考えるにしても、最初は、「最終的なゴール」「大体の踏むべき手順」辺でOKです。

最終的なゴールは違いますが、途中の手順などは、行動している中で大幅に変わって行きます笑

量は質に転化すると信じよう

少し、話が逸れましたが、質と量の話で言えば、量をひたすらこなせば質に転化します。

言い換えると量を増やすことで質そのものも向上するんですね。

大量に量をこなせ

どんな分野であれ、大量に量をこなし質を向上させなければならないのです。

これを意識したら必然的に質も高くなります

量と質を英語から考えてみる

例えば、受験の場合でもそうです。

受験英語の場合でも、英単語熟語を覚えている量が少ない人では高得点はとれません

英語の本を読んだ量の少ない人はやはり良い成績を残せません。基本の2000語を覚えていない人では、英語を操るのは無理なのです。

インプットすべき事を覚えてスタートライン

単語、つまり、ボキャブラリーがないと話にならない=スタートラインに立てないんですよね。

何でも何かを学ぶ時には、最初の一定量をマスターする必要があります。

まずは量です

質に相当する部分はその後でも間に合います。

ちょっと理屈っぽくなったので、別の事例で説明しましょう。

プロとアマチュアの違い

上でもとりあげた大学受験で難関有名大学を合格できる人を「受験のプロ」とします。

彼らは、どのくらい時間の量を勉強しているのでしょうか?

早稲田や慶應~中堅医学部なら少なくとも高校三年間で、3000時間以上は費やしているはずです。

(365日間x3年間x 3時間=3000時間)

ぼくも、上記の時間は消化した自負があります。

東大~上位医学部は4000~5000時間といった所でしょうか、

(365日間x3年間x 4~5時間=~5000時間)

実際に、塾講師時代に聞いた話です。

成功体験がない奴は量が足りない

一方で最近の話しですが、ある有名芸能人がある著名大学を僅か500時間も満たない学習時間で無謀にも挑戦し、見事に不合格となりました。

即ち、わずかの時間で受験のプロに近づこうとしていたわけで、量の意識が全く欠けていたとか思えません。

大学受験の経験も全くなかったそうです。

上に書いた3000~5000時間の話を見たら当然ですよね。

ひたすら初期の量を積み重ねよう

少なくとも未経験なものを学ぶ時には、その初期の段階では量をこなさないと無理でしょう。

初期の量を無視しては、質的な向上は困難と言えるでしょうね。

僕はいろいろなことに独学でチャレンジしてきました。

地方だったので、ランクが高い塾なんか行けなかったんですよね。

それでも諦めめることなく、淡々と時間の量を費やして隙間の時間を積み重ねることで、欲しい物は手に入れてきました。

圧倒的な時間を投入せよ

勉強もスポーツも全て独学です。

質を上げるための努力は、時間の量を投入するしかありませんでした。

質を上げるにも時間の投入は必須なのです。

そして、ある一定の量超えた時点で、実は飛躍的に質も二次関数的に向上します。

それは、量が質的なものに転換する瞬間です。

そのイメージとしては、ある日突然に英語長文がスラスラと読める瞬間のような、あるいは、スポーツで思い通りに身体がうごく感じでしょうか。

「質が先か、量が先か~」は間違い

そういう意味では、「質が先か、量が先か」ではなくて、「量を前提として質も成り立っている」ということだとぼくは、思っています。

成功体験を得るまでは我慢

つまり、一見、とても今の自分の実力では無理だと思える事でも、一定量を超えるまで辛抱強く継続すれば大抵のことはできるようになるでしょう。

まとめ

話をまとめると、時間的な量不足で学べるものはほとんどないと思っています。

ぼくたちはとにかく何かにチャレンジしてみましょう。

繰り返しますが、
最初はとにかく、質より量です!

量を重ねる内に、すべき事がわかり質が高まると信じて行動してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です