海外のコピーライターは有名人!?コピーライターの仕事に興味がある人に知って欲しいコピーライターの意外なメリット!

コピーライターの仕事をしている人というのは、実はモテる可能性を秘めた存在です。

しかし、その理由は一体どういったところにあるのでしょうか。

ここでは、大きく2つに分けてコピーライターがモテる理由について見ていきたいと思います。

給料が高いと思われやすい

コピーライターは日本ではあまり知名度のない仕事ですが、アメリカでは広く高給取りとして認識されている職業になります。

セールスレター1枚で100万円といった例をはじめとして、簡単に高所得を得ているといったイメージがあるため、医者や弁護士に次いで女性への人気も高いのです。

アメリカでのコピーライターの歴史

コピーライターは、アメリカでは100年ほど前より存在する歴史のある職業です。

そのためゲイリー・ハルバートやシュガーマン、ダン・ケネディ、デット・ニコラスといった一般人にも

広くその名前が知られているような、有名な人物が多数輩出されることとなりました。

日本での現状

しかし一方で、そういったイメージは現状日本にはまだありません。

コピーライターの大御所のような方はいませんし、高所得であるからと女性から人気になるようなこともないのですね。

今後期待されること

ただし、そもそもコピーライターという職業の知名度自体が日本ではまだ低いという面もあります。

そして、日本はアメリカの影響を非常に強く受ける国です。

今後ダイレクトショップなどの影響からコピーライターの認知度が広まっていけば、同時にアメリカの価値観も日本に持ち込まれ広がることになります。

それにより日本でも、コピーライターが高給取りでモテるという認識が根付くということが十分に考えられるのです。

コミュニケーションスキルが高い

コピーライターは、そのスキルを学ぶことにより、コミュニケーションスキルを上げることが可能です。

では、これによりどのような影響があるのでしょうか。

コピーライターの仕事

コピーライターは、仕事をする際、相手の気持ちを考えながらその作業を行うこととなります。

相手の立場そのものになりきり、相手の視点でものを語ることで良いコピーが生み出されるからです。

コミュニケーションスキルが上がる理由

そのため、コピーライターは相手の気持ちを理解することが上手くなります。

この人はどういう風に考えているのか、どういう痛みを持っているのか、

どういう不安を抱えているのか、そういった気配りを自然にしてしまうようになるのです。

相手の気持ちが理解できること

他の人の気持ちを自然に考えることができ、人間関係をよいものにしてくれる存在。

それだけでもコピーライターは、男女ともに友人や知り合いとして欲しい大人気の存在となるでしょう。

そして当然、女性に対してこまかな気配りや配慮ができるので、モテることとなるのです。

まとめ

アメリカでの高給取りというイメージの存在、コピーライティングを学んでいることによるコミュニケーション能力の高さ、

この2つが、コピーライターが今後モテるようになるであろう理由となっています。

もっともモテるためにコピーライターの仕事を始めた方が良いかと問われますと答えに困ってしまいますが、

現在コピーライターの仕事を行っている方や、今後なりたいと考えている方にとっては、モテる大きなチャンスが訪れる可能性があるということを知っていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です