成果を出す人の特徴とは!継続して成功体験を得たい人へ押さえるべき3つのポイントを詳しく紹介!

継続的に成果や成功体験を上げるためには以下の3つを押さえるべきって話をしたい

・習慣化

・快楽化

・強制力

それぞれ説明していこう

1 習慣化

実は人の行動の95%は習慣によってきまっているんです!
これは脳科学の分野で、すでにわかっている話です。

だから「自分の行動を変えたいな」と思ったら、まずは日頃の習慣を変える必要があるんですよ。
逆に、習慣をなにも変えていないのに1日の活動を変えても、全体のたった5%しか変わらないわけです。

短期的な成果を出すことはできるかもしれませんが、すぐに行き詰まってしまうのは目に見えてますよね?

毎日の習慣は、一度身に着けたらそのまま続けることができるんです。
だから、朝起きたら顔を洗ったり、寝る前に歯を磨くことを
面倒に感じないのは脳が習慣だと認識しているからなんです。

もっというと、良い習慣を続けていれば毎日良い方向に向かっているわけですし、悪い習慣を続けていると毎日悪い方向に向かってしまうわけ。

重要なのは、自分の目標に向かっている習慣を身に着けることなんです!
つまり、自分が必要だと感じている勉強をする習慣をつけることです。

じゃあ、どうやったら勉強って習慣化できると思います?
実は、2つの方法で簡単に勉強を習慣化することができるんです!

1、毎日同じ時間に勉強する

人の習慣って、時間と深く関係しているんです。

よく、おじいちゃんなんかは同じ時間に寝て、同じ時間に起きますよね?
これは習慣化されている証拠なんです。

実は、毎日同じ時間に勉強をするといつもよりも早く成果が出るようになるんですよ。
顔を洗ったり歯を磨くのと同じ感覚で、勉強をすると良いのです!

特に、邪魔されにくくて続けやすいのは、朝の時間です。
朝起きてすぐ5分間勉強する習慣をつければ、
1週間で35分の勉強時間を作ることができるんです。
1カ月では2時間以上にもなるんですよ!

これだけの時間があれば、ビジネス書を1冊は読めますよね?

この勉強で絶対に守って欲しいのは注意したいのは一気に長時間やろうとしないこと。
実は勉強時間が長くなればなるほど、挫折する可能性が高くなんですよ。

習慣化するうえで、最初の1週間は特に挫折しやすいといわれているんです。

「三日坊主」というとわかりやすいですよね?
これって、脳の構造上、習慣にしようとするとそれに反発する気持ちが湧いてくるので、
絶対に短い時間から始めるようにしてください!

少しずつ毎日の生活に勉強を組み込んでいけば、着実に目標に近づいていくことができるのです!

でも、1日は24時間しかないし、できることって限られていますよね?
だから、どんな習慣をつけるかについては、
目標から逆算して役立ちそうな行動を考えるようにしましょう!

たとえば、マーケティングの勉強をするのであれば
まずは「毎朝本屋によって5分だけマーケティングの本を読む」という方法があります。

それで、マーケティングの知識が十分身についたなと思ったら、
「毎日アウトプットのテクニックを個人ブログで試す」と良いでしょう。

こうやってステップアップしていけば、一つの分野を極めていくことができるんですよ!

2、すでに身についている習慣に組み合わせる

実は誰にでもすでに身についている習慣はいくつかあるはずです。

家に帰ったらパソコンの電源を入れるとか、
携帯がバイブレートしたら画面を確認するなどですね。

その習慣に、これから身に着けたい知識や情報を学ぶ習慣を組み合わせてみましょう!

これは、いわゆる「ながら勉強」です。

昔テレビを見ながら勉強をした記憶があったりしませんか?
現代だと、電車で通学・通勤しながらヘッドフォンで録音して置いた教科書の内容を聞くのも立派な勉強ですよね。
また、朝洗濯物を干しながら英単語の暗記をするのも重要な習慣なんです。

実はこれってとっても重要で、すでに身についている習慣に組み合わせるから
新たな時間を作る必要がないんですよ!
習慣化のハードルがとても低くなるってことです。

ポイントは、1日の中で頭を使っていない時間を発掘することです。
掃除の時間、食事の時間など、体は使っているけれど頭を使っていない時間って以外とたくさんあったりします。
こういった時間に頭を使うことで、効率的に勉強を進めることができるんです!

2 快楽化

勉強をしたくない理由は、とっても簡単です。

そう、勉強ってつまらないんですよ!
人は、つまらないことを続けることはできません。
ぼくだってつまらないことは続きませんし、続けません!

そりゃあ、将来的に自分の欲しいものを手に入れるためには努力って必要ですよ?
でも、勉強があまりに楽しくないと、
どんなに将来に幸せが待っていても努力することはできないんです。

実は勉強を楽しくする方法って、いろいろあるんです。
どうすれば、勉強は楽しくなると思います?

たとえば、ゲームって楽しいですよね?
ゲームは特定の目的に向かって、適切な難易度の関門を乗り越えることで、達成感を味わえるようになっています。
目的に向かって、課題を乗り越えて達成感を味わうって、勉強と一緒ですよね?

この仕組みって勉強に応用することができるんです。
実は企業も、このゲームのしくみを使って顧客獲得をしていて、
これを「ゲーミフィケーション」といいます。

では、勉強にこの仕組みを使ってみたらどうなるかを見てみましょう!
重要なのは以下の3つです。

・目標(わくわくするもの)

・期限(ギリギリ達成できるかどうかの期限)

・世界観(「のめりこみたい」と思えるような、自分に酔うことのできる環境)

たとえば、目標として「試験合格」にしてみましょうか。

適切な難易度の関門(小目標)として、
「今日中にテキストを5ページ終わらせること」とします。

それで、自分の好きな環境で勉強するんです。
好きなカフェでもいいですし、図書館でもいいでしょう。
そうやって環境を変えることで勉強を楽しくする要素である世界観を作ることができるんです。

さて、それでは「試験をたおす」という設定で、
盛り上がった気持ちを維持したまま勉強に臨んでみましょう!

小目標を達成できたら、少しずつ難易度を高くしていきます。
心理学的には、達成できるかどうかわからないギリギリの難易度が一番やる気を奮い立たせるって言われてます。

その難易度にしっかり設定できれば、いつまでも自分のモチベーションを保つことができるのです!

また、目標を達成した後の姿を明確に思い浮かべるのも良い方法ですね。
はっきり映像で見えるくらい想像すると、やる気が出てくるのがわかるはずです。
毎朝の習慣にするといいと思います!

○仲間を作る

他にも勉強仲間勉強をするうえで、仲間を作ることはとても重要です。

仲間作りって、結構簡単だったりするんです。

ポイントは、以下の2つ。

・SNSアプリを使い倒す!

・目的を明確にする

ITを活用する現代では、リアルと同様にSNSでも仲間を手軽に集めることができます。
これを活用していきましょう!

まず、SNSを活用して、勉強仲間を集めましょう。
具体的には、TwitterやFacebookでグループを作り、積極的に広報すればいいわけです。

気をつけてほしいのは、勉強仲間を集める目的を明確にすることです。
でないと、集めたものの何もできない状態になってしまうんです。
目的をはじめに明確にしておくことで、途中で行き詰らないコミュニティをつくっていきましょう!

たとえば、会計学を学ぶためのグループだったら、
投資を勉強したいという意見が出ても、一貫して会計学を学ぶべきなんです。
マーケティング的には、ひとつのものに特化しているシンプルなコミュニティを作ったほうが口コミ効果が期待できるんですよね。

○自分を褒める

自分で自分を褒める自分で自分を褒める習慣をつけることで、自分にやる気を出させることができるんです。

修造が「できる!できる!俺はできる!」って言っているのを
見たことないですか?
あれって本当に効果があるんですよ!

以下の文章に言葉を当てはめてみるとよくわかると思います。

「~のに・・・した今日の自分すごい!」

自分を褒めると、モチベーションを保つことができるんです。
脳はイメージの方が覚えやすいので、言葉よりも絵や音の方が記憶しやすいのです。

よく、お店でかかっているBGMが
「聞いたことあるのにタイトルが思い出せない!」
なんてことがあるのはそのせいです。

なので、勉強するなら、内容をできるだけイメージしやすいように加工してあげることが大事なんです!。

たとえば漫画を描いてみる、ダジャレにしてみる、日常的に触れている業務につなげてみるなど、
とにかく紙の上から現実の世界やビジュアルイメージにつなげることを意識しましょう!

○一言にまとめる

ひとことであらわしてみるのも良い方法のひとつです。

「会計学とは、お金の流れを追う学問だ」といえば、
辞書的な定義よりもわかりやすいですよね?

このように、ひとことでまとめると脳に入りやすくなるんです。
これを脳科学ではチャンク化といって、小さい塊に分けると脳に入りやすくなるという理論です。

電話番号は080-~~~-~~~といったように小さく分けられていますが、
このようにいくつかの小さい塊に分けると、覚えやすくなるってわけです。

デカルトは「困難は分割せよ」といいましたが、これって暗記においても同じなんですよね。
もっと言うと、問題解決においても同じです。
あらゆる知的活動において、適切に困難を分割すると効率がアップするのです。

○疑問をぶつける

既知と未知をぶつけるのって、結構大切な作業だったりするんです。

「なぜ?だから?」と問い続けると、内容への理解を深めることができるからなんですよね。
エピソード記憶にしたり五感を活用して、効率的に覚えていきましょう!

このような記憶をすることを繰り返すことで、無意識にこういった記憶をするようになっていくんです。
勉強が快感になれば最高ですよね!

3 強制化

とはいっても勉強が気持ちよくなるなんてそうそうないですよね?

そこで3つ目の方法「強制化」です!

重要なのは、強制的に勉強できる仕組みを作ることです。
強制的に勉強できれば最高ですよね?
じゃあ、どうやったら強制して勉強できるようになるのでしょうか?

●先に試験の予約を入れる

勉強して十分な知識を得てから試験を受けようって人はじゃっきりいって時間を無駄にしています。

強制的に勉強する時間を作るためには、先に試験の予約を入れてしまうのです!
もう後戻りはできないという気持ちになるので準備をスムーズに進めることができますよね。

1カ月先の計画を入れることを繰り返していれば、
常に小目標を持った状態でいることができるんです。

そこから逆算して1週間ごとの目標、1日ごとの目標に落とし込み、試験に合格することを目標にしてやってみましょう!

人間が習慣を身に着けるのにかかる期間は1カ月ほどかかるんですよね。
この期間をひとつの試験に向けて頑張ることで、重要な習慣を自分の中に作ることができるというわけです。

●監視してくれる人、仲間を探す

自分を監視してくれる人を作りましょう!

一人で勉強していても集中が散漫になったりしやすいので仲間を作るといいんですよね。

親しい友人だと一緒に勉強してもだらけてしまうので、たまに飲み会を開くくらいの距離感がいいと思います。
それに、情報交換をできるというメリットもありますしね!

●目標を宣言する

後戻りできない状況をつくることで、自分のやる気を継続させる方法です。

たとえば、Twitterで「絶対に今年試験合格します」と宣言してみるとどうでしょう?
固定ツイートにすれば、Twitterを開くたびに「勉強しなきゃ」と思えるようになりますよね?

これは心理学的には「コミットメントの原理」と呼ばれているんですが、
「自発的に行った行動には、人は逆らいにくくなる」という特性を逆手に取った方法なんですね。
つまり、自分の中で「自分は一貫した人間である」と思いたがるというわけなんです。

まとめ

今回は3つのポイントに絞ってお話しをしました。必ずぼくたちに役立つと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です