犬派と猫派の性格診断~犬を飼うか猫を飼うか悩んでいる人へそれぞれのメリットデメリットと飼い主の傾向を紹介!

犬が好きな人と、猫が好きな人は綺麗に分かれますよね。
皆さんも、犬派か猫派かで友人と言い合いになったことがあるのではないでしょうか。
「ペットを飼うと飼い主はペットに似る」と言われていますが、そもそも犬派や猫派など人は性格的にかたよりがあるのをご存じですか?
今回は、犬派と猫派の飼い主の特徴と、猫が人間を癒してくれる理由をご紹介いたします!

犬派と猫派の飼い主の傾向

犬は飼い主とコミュニケーションを積極的にとることができるので、まるで自分の子供を育てているようだと感じる飼い主が多い一方、
自由気ままで飼うのが楽と言われている猫に、今人気が集まっています。
では、これら犬派と猫派の飼い主に特別な傾向があるのでしょうか。

犬派の飼い主の性格

犬派の飼い主は、サークル活動や趣味を通じて友人が多く、休日にはアウトドアを楽しむような活動的な男性が多いという調査結果があります。
たしかに、アウトドアを楽しんでいる人でペットOKの所では犬を連れている人を多く見かけますよね。

また、犬派の飼い主は聞き上手である傾向があります。
悩みや相談事をよく受ける人で、具体的な解決策を提案できなくても、「聞いてくれただけで楽になったよ!」と言われる人が多いようです。
恋愛面では相手に尽くす人が多く、見返りを求めない愛情を持っている飼い主が多い傾向にあります。

猫派の飼い主の性格

猫派の飼い主は、自由を強く望んでいる人が多い傾向にあり、知的レベルが高い層が多い研究結果もあります。
猫のように「自分は自分」としっかりと割り切っており、他人に干渉されることを嫌うため、一人暮らしの人に猫派は多い傾向にあります。

サークルやパーティーなどでは、知らない人に積極的に話しかけず、知り合いや友人と固まって話をしていることが多いようです。
内気な性格のようですが、好奇心や冒険心は旺盛で、自分が気になったことは徹底的に調べて追求するタイプが多いです。

犬と猫を飼う時のメリット

犬派か猫派か揉めることが多いですが、実際に犬と猫を飼うならどちらが良いのでしょうか。
実際に犬や猫を飼っている飼い主さんたちの声を集めました。

犬を飼うことのメリット

●最低でも1日2回は散歩に連れていくので、運動不足が解消された。
●犬を飼うと外出する機会が増えるので、犬を通じて友人が増えた。
●子供を育てるように犬を育てることができるので、育てる側である飼い主の心の成長に繋がった。
●犬はマメにシャンプーをしてやる必要があるので、自然と綺麗好きになった。

猫を飼うことのメリット

●一人暮らしで帰宅が遅くなっても、返ってきたら必ず出迎えてくれる。
●しつけや散歩の必要がないので楽。
●必要な時だけスキンシップをすれば良いので、自分の時間を奪われない。
●ゴキブリなどの害虫を見なくなった。

どうして猫は癒しをあたえてくれるのか

近年の猫ブームで、猫を飼いたいと思っている人が多いのではないでしょうか。
「猫は癒しを与えてくれる」とよく聞きますが、どうして人間を癒してくれるのでしょう?

猫が人間を癒してくれる理由をご紹介いたします。

猫のゴロゴロ効果で癒される

猫の顎の下をなでると、「ゴロゴロ」と独特な音をあげます。
このゴロゴロには、わたしたち人間のストレスを緩和させてくれる効果があることが分かっており、海外ではアニマルセラピーの一環で猫のゴロゴロ音を聞かせるところもあります。
猫のゴロゴロには、ストレス緩和以外に、気持ちを前向きにしてくれる効果があります。

また、気持ちを落ち着かせてくれることでホルモンが安定して、女性は美肌効果や生理周期が
安定するといったメリットもあります。

血圧や心拍数を落ち着かせる

猫に触れあうことで、ストレスを緩和しリラックスした状態になるため、血圧や心拍数が安定すると言われています。
高血圧になると脳卒中や脳梗塞などの原因になりますが、猫を飼っている人はそうでない人と比べると
1/3の割合でしか心筋梗塞を発病しないことが分かっています。

まとめ

「ペットを飼うと飼い主とペットは似る」は、あながち間違いではありませんでした。
猫派と犬派の人は、性格的にそれぞれの動物を自然と好きになっていることが多く、飼うことで多くのメリットを感じています。
また、猫のゴロゴロ音には人間を癒してくれる効果があるため、猫を飼うことでストレスが緩和され、ポジティブになることができると言われています。

犬を飼うか、猫を飼うか悩んだら、今回ご紹介したことを参考に選ばれてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です