「ブロガーとアフィリエイターの違い」について話していきます。

まず、ブロガーというのは、営利目的のあるなしに関わらずブログを運営している人全般を指す総称です。

そのため、アフィリエイトを運営している人も、ブログという形式で運営しているのであれば「ブロガー」に分類されます。
そして、アフィリエイターというのは、広告で収入を得ている人のことです。

例えば、
日ごろ日常のことを記事に書いているブロガーが、
自分が使用した商品の紹介記事や広告を掲載し、その広告収入を得た場合、そのブロガーは「アフィリエイター」と言えます。

このように、ブロガーやアフィリエイタ
人によっては両方とも同じだと考えるでしょう。

しかし、明確な違いがなくても、それぞれの活動内容には、「こちらに定義づけるべきだ」と思われる特徴や傾向などがあるとききます。
ぼくがイメージする定義ですが、なんとなく両者の違いが見えてくると思うので、それを紹介したい。

ブロガーとアフィリエイターの違い

まず、ブロガーの特徴としては、活動範囲が本業のブログのみであることが多いです。
ひとつのサイトを育てていくとイメージするとわかりやすい。

また、このタイプですと記事の内容が無機質な文章ではなく、読者に書き手のキャラクターが伝わるような人間味のある内容であることが多いです。

逆に、アフィリエイターの場合は、ブログを何個も量産したり、ペラサイトとよばれる1ページのみのWEBサイトを大量に作成したりなど、様々なジャンルに活動範囲を広げるものとイメージしてください。
また、アフィリエイターの場合はブロガーと違い自分をブランディングしないことが多いです。

中にはブロガーのように、自分をブランディングするアフィリエイターもいますが、
基本的にアフィリエイターというのはブログ上でも自分のキャラクターは出さずに、商品の情報を与えていくイメージだと思います。

まとめ

これらが、ぼくの考えるブロガーとアフィリエイターの違いです。

前述したように正確には両者に明確な違いはありません。

でも、自分が考える活動内容がこのどちらかのイメージに近いかで、あなたがどちらを名乗るべきなのかの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です